弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (0 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (11 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (0 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (0 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (6 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (0 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (0 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (2 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (0 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (0 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[年表] 年表・索引編 (0 件)

ソート機能:
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第3章 古代 〈注及び参考文献一覧…第3章〉
[[〈注及び参考文献一覧…第3章〉]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
62年*41洞穴遺跡調査会「洞穴遺跡地名表(1)」(洞穴遺跡調査会会報1)1962年*42桜井清彦
擦文文化に関する若干の問題」(史観65~67合冊)1962年*43日本考古学協会洞穴遺跡調
査特別委員会『日本...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第3章 古代蝦夷の時代 第四節 考古学からみた平安時代の津軽 四 擦文文化との交流
擦文文化の特徴
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
北海道地方を主要な文化圏とする擦文文化の指標である擦文土器の分布は、北は南サハリ
ン、そして南は青森県を中心とし、七世紀代と推定される初現期...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第3章 古代蝦夷の時代 第四節 考古学からみた平安時代の津軽 四 擦文文化との交流
本州の擦文文化の実態
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
者としての役割を担いながらも、北海道地方とは質的に異なる生活様式を営んでいたこと
が考えられる。本来の擦文文化とは、似て非なる第三の文化といえるのかもしれない。浪
岡町野尻(4)遺跡では、土師器的な特徴をもつ土器...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第3章 古代蝦夷の時代 第四節 考古学からみた平安時代の津軽 四 擦文文化との交流
擦文文化の終末年代
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
〇BPの数値が得られていることなども考慮すると、その終末年代は検討の余地が多いとみ
なければならない。擦文文化にあっても、基本的には土器から煮炊具である鉄鍋、供膳具
である木器(漆器)への転換が考えられる。さらに...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第3章 古代蝦夷の時代 第一節 原エミシおよびエミシ文化の時代 二 続縄文文化の南下
弥生文化と続縄文文化
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
線文・格子目状沈線文の施された甕や坏が出土することが明らかになってきた。カマドを
もつ方形の竪穴住居は擦文文化を特徴づける重要な文化要素であり、先の特徴をもつ土器
群は擦文文化初頭型式に位置づけることが可能である...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第3章 古代蝦夷の時代 第四節 考古学からみた平安時代の津軽 一 農耕社会の定着
擦文文化圏との交易
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
岩木山麓に展開した大規模な鉄生産も年代的にはこの須恵器生産とほぼ軌(き)を一にして
おり、擦文文化圏へのこれらの物資の供給を重視していたことが考えられる。一〇世紀中
葉から一一世紀初頭の鉄生産遺跡とし...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第3章 古代 第3節 飛鳥・奈良・平安時代 5.古代の交易・交流 (2)北方文化との交易・交流 [[北方文化との交易・交流]]
[[北方文化との交易・交流]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
制の影響を強く受けることとなり、それと同時に津軽海峡を境として、これまでの文化圏
が分断され、北海道は擦文文化という独自の土器文化圏を成立させる。したがって、9世
紀から10世紀前半期の擦文文化の文物、特に擦文土...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第3章 古代 第1節 古代に関する考古学研究略史
(2)太平洋戦争後から現代まで
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
なお、本県での擦文土器についての発掘例としても、またロクロ製土師器との共伴例とし
ても初現であり、本州擦文文化の今日的課題が提示された特筆される調査として位置づけ
られよう。昭和27(1952)・28年には早稲田...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 序 新編 弘前市史 通史編1(古代・中世) 目次
[[新編 弘前市史 通史編1(古代・中世) 目次]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
現……………………………………………117三津軽の古代信仰………………………………
……………123四擦文文化との交流…………………………………………131第五節謎の一〇
・一一世紀………………………………………...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第3章 古代蝦夷の時代 第一節 原エミシおよびエミシ文化の時代 三 原エミシ文化からエミシ文化へ
原エミシ文化の形成
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
行する時期に、東北地方北部や石狩低地帯を中心とする地域における続縄文・土師器混交
文化の担い手たちは、擦文文化の母体を形成し、横走沈線文(おうそうちんせんもん)や鋸
歯状沈線文・格子目状沈線文の描かれた甕に象徴さ...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第3章 古代蝦夷の時代 第二節 津軽の蝦夷と阿倍比羅夫の遠征 四 阿倍比羅夫「北征」
渡嶋の所在
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
がある。北海道では、この比羅夫「北征」の時代に続縄文文化から擦文(さつもん)文化へ
の転換期を迎える。擦文文化とは、擦文土器という、縄文に代わって刷毛で擦(す)ったよ
うな模様を持つ、本州の土師器の影響を強く受け...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第3章 古代蝦夷の時代 第五節 謎の一〇・一一世紀 五 エミシからエゾへ
エゾ=アイヌ
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
それまでの北海道は、本州の土師器の影響を強く受けた擦文土器(蝦夷土師とも呼ばれる)
を一つの指標とする擦文文化の時代であったが(写真66)、それが終末を迎え、新たにアイ
ヌ文化が成立していくことになる(写真67)...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第二節 鎌倉幕府の東夷成敗権と得宗領津軽 六 境界の地津軽と「東夷成敗」権、そして安藤氏
蝦夷管領
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
における執行者なのである。こうした東夷成敗権なるものが設定された背景には、院政期
(ちょうど道南地方で擦文文化が終焉を迎える時期)に顕著になった、異民族としての蝦夷
認識の固定化(中央でのエゾ=アイヌという異民族...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第五節 中世後期の宗教世界 一 中世寺院の建立
[[中世寺院の建立]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
古代律令国家とのかかわり(『日本書紀』)はもとより、平安後期の頃には、道南と北奥地
域に共通分布する「擦文文化圏」に端的に示されるように、平泉と蝦夷地との交流が日常
茶飯事と化していた。『今昔物語集』にみる安倍頼...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第3章 古代 第2節 古墳時代 1.古墳時代の概観
[[古墳時代の概観]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
して弥生時代、北海道においてその成立が求められている。さらに、北海道においては7
世紀まで存続し、次の擦文文化への橋渡しをなしたとされている。北海道での名称は恵山
式(弥生時代中・後期)・後北式(弥生時代後期~古...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第3章 古代 第3節 飛鳥・奈良・平安時代 3.古代の生産活動と生活用具 (3)土器生産 〈1〉津軽地方の土師器と擦文土器
[[津軽地方の土師器と擦文土器]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
)に共通性の高い内容を持つ時期とがある。また北海道とも隣接しているため、時代によ
り濃淡はあるものの、擦文文化とのかかわりも深い。以下では、7世紀から12世紀にかけ
ての土器群を古代前期(飛鳥・奈良時代)、同後期...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第3章 古代 第3節 飛鳥・奈良・平安時代 3.古代の生産活動と生活用具 (5)塩業 [[塩業]]
[[塩業]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
紀から11世紀にかけて盛行している。特に、10世紀後半から11世紀にかけては擦文土器の
共伴例も多く、擦文文化人自らの生産や、北方交易のための生産物としての役割を果した
ことも十分想定できる。なお、12世紀代の製...