弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (0 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (38 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (1 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (0 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (10 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (2 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (0 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (0 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (6 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (1 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (0 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[年表] 年表・索引編 (1 件)

ソート機能:
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第三節 津軽平野南部の地形発達 一 平野南縁の地形
平野南縁の地形区分
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
は十川が流れている。図20津軽平野南縁における水系と等高線図黒石市は浅瀬石川北岸に
発達する開析された扇状地(9)上に位置し、また引座川北岸に舌状に張り出す扇状地上に
は尾上町が位置している。平賀町は平川~引座...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第三節 津軽平野南部の地形発達 三 津軽平野南部の地形発達
[[津軽平野南部の地形発達]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
総じて、平川、浅瀬石川および大和沢川の各流域には、山地および丘陵から供給された砂
礫を主体とした膨大な扇状地性の堆積物と、十和田カルデラに起因する火砕流堆積物を構
成層とする複合扇状地が形成された。高位の黒石面...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第三節 津軽平野南部の地形発達 二 弘前市街地の地形
市街地の地形区分
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
寺沢川などがあり、いずれも北東方に流路をとり平川へと注いでいる。弘前市街地は岩木
川-平川間に展開する扇状地上に位置し、岩木川以北にあっては岩木川流域および丘陵周
縁に沿って集落が点在している。市街地の位置する...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第二節 岩木火山発達史 三 地形分類
北麓~東麓
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
大鳴沢および赤倉沢流域には、標高五〇〇~六〇〇メートル付近を扇頂部とする火山麓
状地が展開し、面上には鯵ヶ沢スキー場が位置している(口絵)。扇端部の高度は一五〇~
二〇〇メートルであって...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第二節 岩木火山発達史 二 岩木火山の概観
水系と等高線の配置
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
側で三五度、北東側で二五度と急傾斜をなしている。五〇〇メートル以下では約六度の緩
やかな斜面で、火山麓扇状地として展開している。なお、標高一〇〇〇メートル付近には
爆裂火口跡が存在し、放射谷の谷頭となっているこ...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第一節 津軽平野の地形区分 一 弘前市の位置および外形
[[弘前市の位置および外形]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
ど)から藤代(ふじしろ)付近を境として南北で地形の発達が異なり、岩木川以北では岩木
山麓に展開する山麓扇状地、平野縁辺の火砕流台地、そして沖積低地が発達している。山
扇状地から火砕流台地にかけてはりんご園とし...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第二節 岩木火山発達史 三 地形分類
扇状地周縁の地形
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
岩木火山に展開する火山麓扇状地は半径六キロメートルほどの円弧内に存在し、外側には
丘陵が環状に分布している。東側の丘陵は幅約一キロメ...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第三節 津軽平野南部の地形発達 一 平野南縁の地形
従来の研究
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
平野南縁にあたる黒石市、尾上町および平賀町付近には開析された扇状地が展開している
。青森県表層地質図(二〇万分の一)では河成段丘(1)および沖積低地として、また青森県
地...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第三節 津軽平野南部の地形発達 一 平野南縁の地形
平賀面
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
六羽川の東側にあっては、引座川流域の扇状地性の低湿地を除いて黒石面の周辺に分布し
、尾上町八幡崎・新屋町、平賀町大光寺・小和森(こわもり)・柏木...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第四節 平野の地下地質 二 浅部の地質
[[浅部の地質]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
凝灰岩・大秋層・東目屋層相当層、新第三紀鮮新世から第四紀更新世の大釈迦層相当層、
更新世の段丘堆積物・扇状地堆積物、岩木・八甲田・十和田火山噴出物に相当する地層よ
りなる。大秋層相当層は泥岩からなり、平野西部で...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第五節 山地と丘陵の生い立ち 一 海の時代の終焉と古いカルデラの活動
カルデラ内の堆積物
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
デラ壁や中央火口丘などの高い所から風化、侵食により崩れてできた土砂は、雨水や風で
運ばれた後に堆積し、扇状地を形成した。特に大雨が降ると、大量の土砂が流れ出し、勢
いの強い流れは扇状地の表面をえぐったり、凹地を...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第一節 津軽平野の地形区分 三 津軽平野の地形発達
地形の発達史
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
野は、下刻(かこく)作用により深いV字状の河谷(古岩木川)であって、十三湖付近では日
本海側に開放した扇状地が展開していたと考えられる。平野最奥の弘前盆地では、平川お
よび浅瀬石川などの河川から供給された多量の...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第二節 岩木火山発達史 三 地形分類
南麓
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
公園付近を流れる柴柄沢川および平沢川流域でも確認でき、径一〇〇センチメートル以上
もある巨礫が密集して扇状地内を流れる谷地形を埋積している。なお百沢土石流の際、南
~南東麓に位置するほとんどの放射谷、すなわち柴...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第三節 津軽平野南部の地形発達 一 平野南縁の地形
駒木浮石流凝灰岩
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
において断片的に確認できたのみである。ボーリング資料からみると、後述のように平野
部への出口にみられる扇状地を形成している。写真33黒石市中野川流域に分布する井戸沢
軽石流凝灰岩。上部に火山泥流状の砂層が堆積す...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第三節 津軽平野南部の地形発達 一 平野南縁の地形
黒石面
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
付近に分布するのみである。写真36黒石大橋から牡丹平方面を望む(左側が黒石面)図20に
示したが、開析扇状地である黒石面は黒石市街地で標高約三五~九五メートルと約六〇メ
ートルの高度差があって、一〇〇〇分の一〇...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第三節 津軽平野南部の地形発達 三 津軽平野南部の地形発達
第三節 注記
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
火山灰を土石として多量に含んだ水が一気に流れくだること。集中豪雨の時に発生するこ
とがある。(9)開析扇状地…河川の運搬土砂量の減少、流量の増加などにより開析を受け
扇状地。(10)氾濫原…扇状地の分布域の下...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第四節 平野の地下地質 三 深部の地質
掘さくの深度
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
と興味深いことである。したがって、このような盆状構造の存在は、二〇〇メートル以上
の層厚で分布する平川扇状地堆積物および三五〇メートル以上の層厚で分布する浅瀬石川
扇状地性堆積物等の第四紀更新世の堆積盆の成立を...
新編弘前市史 資料編1(考古編) [口絵]
[[口絵]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
自然〔秀峰岩木山〕麓に広々とした扇状地を抱き、これを取りまくように環状の丘陵地が
発達している。この丘陵地は岩木山の形成に深く関与している。...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第1章 地形と地質 第2節 地質系統一覧 25.黒石扇状地堆積物Ⅷ)(くろいしせんじょうちたいせきぶつ)
[[黒石扇状地堆積物Ⅷ)(くろいしせんじょうちたいせきぶつ)]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
赤褐色ロームが堆積する。層厚は稜線部付近で30~50m。備考:岩井(1980)の黒石市街地
に伏在する扇状地堆積物の主要部分に相当する。
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第一節 津軽平野の地形区分 二 津軽平野の地形区分
津軽平野
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
て展開し、平野最奥が弘前盆地となっている。図2に示したが、盆地内の弘前から黒石に
かけては台地状の開析扇状地が展開し、藤崎町から五所川原にかけては、後背湿地と自然
堤防が帯状に分布する扇状地性の低地および氾濫原...