弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (41 件)

[目録] 文学館 (103 件)

[目録] 成田文庫 (80 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (58 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (79 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (183 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (202 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (127 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (124 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (78 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (23 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (12 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (26 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (6 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (21 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (19 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (64 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (53 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (18 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (11 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (95 件)

[年表] 年表・索引編 (284 件)

ソート機能:
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第三節 九一揆と肥前名護屋への出陣 一 九一揆と動員大名
豊臣再仕置軍の奥州下向
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
秀吉が、その朱印状によって正式に九一揆の討伐を命じたのは、天正十九年(一五九一)
六月二十日であった(資料近世1No.三三)。秀吉は、「...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第三節 九一揆と肥前名護屋への出陣 三 大浦から堀越への移転~西根から東根へ
南部氏の津軽進出と大浦築城
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
戦国時代の初期、三南部氏は、当主信時(のぶとき)あるいはその子政康(まさやす)の時
代、戦国大名として本格的な発展を遂げ...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第一節 確立期における藩政の動向 三 寛文蝦夷蜂起への出兵
寛文蝦夷蜂起と津軽弘前藩
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
える松前藩の通報に対し、国元では通報時点において加勢要請はいまだなされていないと
いう認識だったが、江藩邸では手に余って加勢要請含みの通報であると理解した(同前)
。このように当初藩では、国元と江藩邸と...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第四節 天保の飢饉と藩政 二 藩財政の窮乏と流通統制 (一)藩財政の窮乏
文化~文政期の藩財政
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
天明の飢饉後も津軽弘前藩の藩財政は好転することはなかった。たとえば、寛政三年(一
七九一)には江・大坂の銀主に借金返済の繰り延べを依頼する事態となり、年限が来た
同五年に家老津軽多膳(たぜん)らが大...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第三節 九一揆と肥前名護屋への出陣 一 九一揆と動員大名
一揆の背景
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
戦国末期の北奥の糠部郡(ぬかのぶぐん)は、三南部氏を中心とした九氏・櫛引(くし
ひき)氏・一氏・七氏ら南部一族による連合である「郡中(ぐんち...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第三節 九一揆と肥前名護屋への出陣 一 九一揆と動員大名
一揆の鎮圧
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
いなおまさ)を含む仕置奉行の堀尾吉晴・浅野長吉・蒲生氏郷らはついに南部領に兵を進
め、この一日だけで九方の姉帯(あねたい)・根反(ねそり)両城を一挙に陥落させた。こ
のため端城(はじろ)にいた兵たちは退却...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第二節 天正十八年の奥羽日の本仕置と北奥 二 領知安堵と太閤蔵入地の設定
知行安堵
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
月二十七日に陸奥の南部信直に南部七郡を安堵する朱印状が(資料近世1No.一七)、翌二十
八日には出羽の沢光盛にも領知安堵の朱印状が下された。南部・沢の両氏の領知は、
奥羽地域の中間域にあり、これにより自...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第三節 九一揆と肥前名護屋への出陣 一 九一揆と動員大名
[[九一揆と動員大名]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
りの仙北・由利・庄内の一揆に遭遇している(資料近世1No.二七)。この奥羽の一揆に連動
するかたちで九(くのへ)一揆も起こることになる。
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第三節 九一揆と肥前名護屋への出陣 一 九一揆と動員大名
一揆の始まり
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
奥羽の各地で一揆が勃発するなか、天正十九年正月、南部氏の居城三城では恒例の年賀
の行事が行われ、その新暦の祝儀にただ一人九政実のみが病気と称して登城しなかった
。年...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第三節 九一揆と肥前名護屋への出陣 一 九一揆と動員大名
一揆の意義
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
一揆鎮圧後、しばらく浅野長吉や蒲生氏郷らの仕置軍は南部領に駐留し、逃散した百
姓の帰村や九城普請など...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第三節 九一揆と肥前名護屋への出陣 二 肥前名護屋での「日本之つき合」
奥羽大名の名護屋参陣
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
着陣している(『引証記』十七)。家康は、天正十五年以来、関東・奥羽の惣無事令の中心
に位置づけられ、九一揆鎮圧直後のこの時期においてもいまだ関東・奥羽の大名に対す
る指揮権を保持し、彼らを率いて参陣してい...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第四節 豊臣政権への軍役 三 北奥羽における領主支配
北奥羽の領知確定
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
、奥羽の諸大名の領土を確定することが第一の目的であった。この七月の仕置によって、
出羽国仙北郡角館城主沢光盛や南部信直は秀吉の領知朱印状を得ることができたが、こ
の時点の朱印状では石高が表記されていない。...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第2章 幕藩体制の成立 第一節 徳川政権と津軽氏の動向 二 江幕府からの軍役負担
時代初期の大名課役
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
時代初期における大名に対する軍役動員の事例として、大坂の陣・島原の乱が挙げら
れる。慶長十九年(一六一...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第2章 幕藩体制の成立 第一節 徳川政権と津軽氏の動向 二 江幕府からの軍役負担
正徳から天明にかけての大名課役
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
この時期の津軽家の大名課役は、皇族や公家衆の饗応役、普請役、江における火消・門
番に限定され、その意味で綱吉政権下での大名課役と同一路線にある。手伝普請はこの時
期五...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第2章 幕藩体制の成立 第二節 藩体制の成立 一 初代・二代藩政の動向
二代信枚の動向
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
為信の死後、信枚は江に下り、慶長十二年十二月二十一日に幕府から跡目(あとめ)相続
を許されている(同前No.二四八・二四九...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第二節 対外危機と寛政改革 二 寛政改革の実施 (四)改革の諸政策と藩士土着政策
領内数・人数・諸家業調べおよび諸家業・諸職の統制
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
ることとしたことや、また引っ越し者の受け入れ先の把握や、田畑の受け渡しの問題など
から、必然的に領内の籍についての調査および確定が不可欠のものとなった。もちろん
、このいわゆる人別改めは領内支配の基本であ...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第四節 天保の飢饉と藩政 二 藩財政の窮乏と流通統制 (一)藩財政の窮乏
市場への傾斜
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
一七七二~八一)と比べた場合、文化・文政期(一八〇四~三〇)の津軽弘前藩の財政構造
の大きな特徴は、江での支出が増大していることである。江での米方支出は、安永六
年の二万四五〇〇石に比較して四倍近い増加...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第二節 天正十八年の奥羽日の本仕置と北奥 一 検地・人質徴収・城破(わ)り・刀狩り
知行安堵と検地
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
しあき)のほかに、佐竹義重(さたけよししげ)(常陸(ひたち))・岩城貞隆(いわきさだたか
)(岩城)・沢九郎(とざわくろう)(出羽仙北(でわせんぼく))・南部信直(陸奥)などであ
る。すなわち、津軽・北出...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第2章 幕藩体制の成立 第三節 高岡築城と城下町の成立 三 家臣団の成立と知行宛行
知行宛行状の発給
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
中川ヵ)の荒地二ヵ所を派立させたあかつきに知行地となるものであった。伊藤の場合も
同様であり、金山の内沢(現五所川原市沢)を派立させたあかつきに知行地となるもの
であった。下中川河原を中川村と仮定した場...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第一節 藩体制の動揺 一 宝暦・天明期の飢饉と農村 (一)宝暦の飢饉
宝暦の飢饉
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
続く宝暦の飢饉でも八藩では、史料によって数値は違うが、四〇〇〇人から七〇〇〇人
といわれる犠牲者を出し、『八藩史料』によ...