弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (0 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (1 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (19 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (8 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (2 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (3 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (0 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (1 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (6 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (3 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[年表] 年表・索引編 (1 件)

ソート機能:
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第四節 天保の飢饉と藩政 二 藩財政の窮乏と流通統制 (三)「預手形」の発行と流通統制
預手形の性格
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
宝暦の標符と異なり、預手形の発行に当たっては、「御元方御用達」として任じられた城
下の主要な御用達商人に請け負わせる形になっていた。発行主体は「北御蔵拼頭(からか...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第一節 藩体制の動揺 三 乳井貢の登用と宝暦改革 (三)改革の諸政策とその展開
宝暦五年の米切手と標符(通帳)
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
はすべて一〇石である。③表面の左上の文字をのぞけば、すべて同じ文言、同じ発給者(
調方)、同じ受領者(御用達)である。左上の文字が同じ場合は、裏面の記載も同じである
。④裏面の年月日は、基本的に標符廃止後(宝暦...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第四節 天保の飢饉と藩政 二 藩財政の窮乏と流通統制 (二)商品流通と商人統制
大問屋制の導入
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
「御家中荷物」も管理の対象となった(資料近世2No.一二〇)。一方、上方への商品注文も
当初は各地域の御用達の商人がまとめて行う方針だったが、実態に合わせた取引の必要性
や個別の得意先との関係もあることから、こ...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第一節 藩体制の動揺 三 乳井貢の登用と宝暦改革 (三)改革の諸政策とその展開
銀遣いへの変更と商人の活用
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
きりちん)(両替手数料)を一〇〇両につき銀三〇匁と定めている(同前No.九一二)。この政
策の実施は、御用達町人らに命じた調査結果と、彼らの要望を大きく取り込んだものであ
るが、金銭の供出を富裕な者たちに命じた...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第四節 天保の飢饉と藩政 二 藩財政の窮乏と流通統制 (二)商品流通と商人統制
隠津出・抜け米の取り締まり
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
一方、米穀に関しては組織はやや異なるが、やはり城下の主要な御用達の商人が「御用達
元方」として任命され、天保八年十月から始まる「預手形」による買米制に大きな役割を
果た...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第四節 天保の飢饉と藩政 二 藩財政の窮乏と流通統制 (三)「預手形」の発行と流通統制
穀物の流通統制
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
方・村方に販売するのが、弘前と在方各町村に置かれた「米穀商売之者」であり、彼らを
統括したのが弘前の「御用達商人」であった。米穀商人は九月下旬の時点で、弘前で二九
人、在方で約一五〇人の者が任命され、その後も買...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第五節 安政の開港と蝦夷地警備 二 沿岸警備と蝦夷地警備 (三)蝦夷地分領体制と西蝦夷地の経営
対蝦夷地政策と青森商人の商業活動
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
五六)四月、青森の廻船問屋滝屋善五郎は、同じく青森の廻船問屋である藤林源右衛門と
ともに、箱館奉行所の御用達(ごようたし)に任命された。これは、寛政~文政年間の第一
次蝦夷地幕領時代における同様の実績による任命...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第一節 藩体制の動揺 一 宝暦・天明期の飢饉と農村 (二)天明の飢饉
飢饉への対応
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
藩庁では天明三年九月十日に評定所に在方の有力者約六〇名と、弘前や両湊の御用達(ご
ようたし)商人・名主ら約八五人を呼び集め、三奉行立ち会いのもと、藩の基本対策を述
べている(同前)...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第一節 藩体制の動揺 二 商品経済の展開と藩財政の窮乏 (一)廻米と借財
茨木屋の苦悩
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
ている。度重なる借金に茨木屋は悲鳴を上げ、再三蔵元を辞退したいと述べている。「茨
木屋安右衛門安永年間御用達銀高書上」(国史津)によると、元文三年(一七三八)の銀一一
六九貫四三九匁余(銀六〇匁=金一両と換算し...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第一節 藩体制の動揺 三 乳井貢の登用と宝暦改革 (三)改革の諸政策とその展開
「標符(通帳)」発行の前提と経過
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
いちょう」とすべきであるが、慣用的に「つうちょう」と読むことが多い。宝暦六年(一
七五六)六月十五日、御用達(ごようたし)商人を運送役と名目を改めて藩庫に納められた
米穀などの物資の運送に当たらせ、町年寄の上に...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第四節 天保の飢饉と藩政 二 藩財政の窮乏と流通統制 (三)「預手形」の発行と流通統制
預手形とは
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
天保年間後期の流通統制を特徴づけるものとして、天保八年(一八三七)九月から実施され
御用達商人を媒介とした領内の米穀の買い上げ制と、それに伴う「預手形(あずかりて
がた)」の発行がある。買い上...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第5章 弘前城下と都市住民 第三節 祭礼と娯楽 四 寺社境内のにぎわい (二)富籤興行
[[富籤興行]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
になり、藩庁が両者を呼び出して慈雲院へ代金を返却させた。慈雲院は、この金を耕春院
の普請料と同じように御用達商人へ預け、その利息で寺務に充てたいとした。藩庁は前例
にしないとしながらも、この二年間に限り利息一歩...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第6章 維新変革と藩体制の解体 第三節 藩政改革と藩制の終焉 二 戦後の経済政策 (二)青森商社と弘前
商社の活動内容
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
た同月、青森と蝦夷地との連絡役として、箱館の商人秋田屋(芦野)喜左衛門(後に津軽屋
三右衛門と改名)が御用達商人に任命された。秋田屋は弘前藩が蝦夷地警備についていた
寛政~文化年間に藩の御用達であったが、その後...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第8章 藩政期の文化 第三節 宗教と信仰 三 神社 (一)神社
二の丸屋敷稲荷宮
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
り扱っているところから、この時に稲荷宮のあったことが確認できる。また、寛政三年(
一七九一)には御広敷御用達が供物を取り扱っている。このように小姓組御錠口役、御広
御用達が供物の取り扱いをしていることから、こ...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第一節 確立期における藩政の動向 三 寛文蝦夷蜂起への出兵
情報収集活動
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
七月十五日付で江戸在府の家老北村宗好から国元の家老に対して、青森の町人を密かに松
前に派遣すること、藩御用達の松前町人工藤忠兵衛に状況を報告させること、小身の侍一
人を松前に派遣し情報を国元へ伝えさせること、そ...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第三節 西廻り海運と上方市場 一 西廻り海運の発展~北国海運から西廻り海運へ
中世の北国海運
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
は室町期に開かれたといわれるが、具体像が明らかになるのは近世初頭で、酒田・敦賀の
廻船が南部氏の船宿・御用達金調達・領主荷の廻漕などを担当し、その代わりとして南部
領諸湊での舟役(ふなやく)(入出港税)免除の特...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第一節 藩体制の動揺 二 商品経済の展開と藩財政の窮乏 (一)廻米と借財
宝暦―天明期の借財
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
鴻池は代表的な蔵元商人で、金沢・広島・徳島・岡山・柳川など大大名の掛屋を務め、さ
らに尾張・紀伊両藩の御用達も勤めていた。藩では茨木屋だけでは不足と感じたのか、延
享二年(一七四五)から蔵元に追加している。両者...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第一節 藩体制の動揺 三 乳井貢の登用と宝暦改革 (一)乳井貢と改革の思想的背景
乳井の略歴
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
を発行して、領内の経済を統制していこうとしたことである。これは「徂徠(そらい)之学
風ヲ好」んだという御用達町人足羽(あすわ)長十郎の献策によるもので(資料近世1No.九
五六)、一商家一家業とし、いったん物資...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第一節 藩体制の動揺 三 乳井貢の登用と宝暦改革 (二)改革の課題と推進体制
改革推進体制の構築
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
十五日であった。貢への権力集中はそのまま「元司職」への諸権限の集中につながった。
同六年六月十五日には御用達(ごようたし)商人を運送役(うんそうやく)と改め、町年寄の
一段上に格付けした上で元司支配とし(同前N...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第三節 蝦夷地警備と化政期の藩政 四 農村復興と国産奨励 (二)国産の奨励
漆以外の国産品
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
の仕立ての希望者を募り、桑の木の保護を行っている(国日記)。この際甚左衛門の二代後
になる熊七が養蚕方御用達に再び任じられている。図171.武田甚左衛門に関する国日記記
事目録を見る精細画像で見るほかの産業で十...