弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (0 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (7 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (0 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (0 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (5 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (0 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (0 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (1 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (0 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (0 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[年表] 年表・索引編 (1 件)

ソート機能:
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第1章 地形と地質 -文献リスト-
[[-文献リスト-]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
県黒石市東方浅瀬石川中流の地質調査報告.青森県商工部, P.72-84◇23今西茂(1948) MS
弘前盆地西部の地形・地質.石油資源開発促進委員会報告◇24今西茂(1949)弘前盆地の地
形地質(演旨).地質...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第一節 津軽平野の地形区分 二 津軽平野の地形区分
白神山地
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
岩木火山および弘前盆地の背後には白神山地と、隣接する大鰐山地が東西方向に連なり、
青森・秋田県境の分水嶺(6)となっている。...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第1章 地形と地質 第2節 地質系統一覧 35.大釈迦層Ⅷ)(だいしゃかそう)
[[大釈迦層Ⅷ)(だいしゃかそう)]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
、ここでは村岡・長谷(1990)の再定義による。模式地は、浪岡町大釈迦トンネル付近、津
軽半島周縁及び弘前盆地東縁に広く分布する。岩相は、主に斜交葉理*57の発達した砂岩
から成る。礫岩・礫質砂岩・凝灰質砂岩・シ...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第一節 津軽平野の地形区分 二 津軽平野の地形区分
津軽平野
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
て低平な津軽平野が東西五~一六キロメートル、南北約五〇キロメートルの広がりをもっ
て展開し、平野最奥が弘前盆地となっている。図2に示したが、盆地内の弘前から黒石に
かけては台地状の開析扇状地が展開し、藤崎町から五...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第一節 津軽平野の地形区分 二 津軽平野の地形区分
平野内の水系と等高線の配置
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
風山寄りに流路をもつ山田(やまだ)川流域を中心に低湿地帯として展開しているのが理解
できる。平野最奥の弘前盆地では、三〇~六〇メートルの等高線の配置が藤崎および板柳
を中心とする弧状の配置をなし、下流側に緩やかに...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第一節 津軽平野の地形区分 三 津軽平野の地形発達
地形の概説
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
角州帯の三地域に区分し、最北端に潟湖(せきこ)(8)である十三湖が位置している(写真3)
。藤崎以南の弘前盆地では浅瀬石川や平川などの流域に扇状地が形成され、台地状に発達
している。平野中央部の、藤崎から五所川原...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第一節 津軽平野の地形区分 三 津軽平野の地形発達
地形の発達史
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
谷(古岩木川)であって、十三湖付近では日本海側に開放した扇状地が展開していたと考え
られる。平野最奥の弘前盆地では、平川および浅瀬石川などの河川から供給された多量の
砂礫により扇状地が形成され、また十和田カルデラ...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第三節 津軽平野南部の地形発達 二 弘前市街地の地形
桔梗野面
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
沢などが、岩木川以北では中別所・住吉・鬼沢・貝沢・大森などが位置している。市街地
に分布する桔梗野面は弘前盆地南縁に開析扇状地として展開し、大和沢川より北側に広く
分布している。また、岩木川以北では津軽平野にほぼ...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第四節 平野の地下地質 四 地質構造
第四節 引用・参考文献
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
青森県津軽平野地域における温泉群の研究、青森県環境保健部、八-二五頁(2)岩井武彦(
一九八〇)青森県弘前盆地地域における温泉群の研究、青森県環境保健部、八-二七頁(3)
酒井軍治郎(一九八一)弘前市高杉地区にお...
新編弘前市史 資料編1(考古編) [口絵]
[[口絵]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
石質凝灰岩)が乗っている。〔平賀町浅井川流域の白岩〕優白な軽石やガラス片からなる
海成の軽石凝灰岩で、弘前盆地南東縁に円弧状に分布している。考古大森勝山遺跡出土旧
石器十腰内遺跡出土壺形土器(縄文後期)十腰内遺跡...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第1章 地形と地質 第2節 地質系統一覧 18.尾開山凝灰岩※Ⅷ)(おびらきやまぎょうかいがん)
[[尾開山凝灰岩※Ⅷ)(おびらきやまぎょうかいがん)]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
村岡・長谷(1990)の命名による。模式地は、大鰐町尾開山周辺。弘前盆地南東縁に円弧状
に分布する。岩相は、北部では海成の軽石凝灰岩、南部では溶結凝灰岩である。どちらも
優白な...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第1章 地形と地質 第2節 地質系統一覧 56.弘前湖盆層※Ⅱ)(ひろさきこぼんそう)
[[弘前湖盆層※Ⅱ)(ひろさきこぼんそう)]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
酒井(1960)の命名による。弘前盆地内においてボーリングによって確認されたものに基づ
いて命名された。岩相は、主として砂・礫・粘土及び砂質...