弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (1 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (1 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (1 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (13 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (5 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (4 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (4 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (1 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (4 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (1 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[年表] 年表・索引編 (2 件)

ソート機能:
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第三節 蝦夷地警備と化政期の藩政 一 蝦夷地直轄下の警備と民衆 (二)対外危機意識の表出
弘前八幡宮の祈祷
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
年~天明8年(95年間,313回)内容回数古縣不動尊出汗神楽奉納40藩主并津軽氏一族病気平
癒祈祷35廻船廻米海上無難祈祷35五穀成就・風雨順時祈祷163その他(時疫退散祈祷等)40
注)長谷川成一「近世北奥...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 序 例言/目次(綱文・史料一覧/出典・典拠一覧) 第一章 綱文・史料一覧 [[第一章 綱文・史料一覧]]
[[第一章 綱文・史料一覧]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
昆布・夷鮭など奥州・夷島の産物の名が見える。……………………………庭訓往来225●
室町時代中期ころ、廻船式目に三津七湊の一つとして津軽十三湊の名が見える。…………
…………………廻船式目226●応永元年(一...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第2章 幕藩体制の成立 第四節 近世前期の商品流通と交通の整備 一 青森開港と初期海運
[[青森開港と初期海運]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
一~七三)、上方に至る西廻り航路が成立するまでは、主として北陸地方の敦賀(つるが)
や小浜(おばま)の廻船商人を通して行われていた。近世初期の段階では、敦賀の廻船商人
で徳川家康との関係が深かった田中清六(せ...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第2章 幕藩体制の成立 第四節 近世前期の商品流通と交通の整備 一 青森開港と初期海運
近世初期海運
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
ある。北国船とは、近世初期から前期にかけて羽賀瀬(はがせ)船と並んで、日本海海運の
主役として活躍した廻船であった。図82.北国船絵馬寛永七年(一六三〇)に、同姓の茂左
衛門とともに重臣の乾と服部の両名に宛て...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第三節 西廻り海運と上方市場 一 西廻り海運の発展~北国海運から西廻り海運へ
中世の北国海運
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
域と畿内とを結びつけた北国(ほっこく)海運は、古くから発達していた。室町時代の中ご
ろに成ったという『廻船式目(かいせんしきもく)』に三津七湊(さんしんしちそう)とあり
、そのうち七湊には越前三国・加賀本吉(...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第五節 安政の開港と蝦夷地警備 二 沿岸警備と蝦夷地警備 (三)蝦夷地分領体制と西蝦夷地の経営
対蝦夷地政策と青森商人の商業活動
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
機が到来したといってよい。この好機を活かすことができたのであろうか。安政三年(一
八五六)四月、青森の廻船問屋滝屋善五郎は、同じく青森の廻船問屋である藤林源右衛門
とともに、箱館奉行所の御用達(ごようたし)に...
新編弘前市史 資料編2(近世編1) 序 はじめに・例言・目次
新編 弘前市史 資料編2(近世編1) 目次
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編2(近世編1)
………………一〇二三五十三小廻しの成立と展開………………………………………………
……………一〇五三六廻船約定の制定……………………………………………………………
…………一〇五五七難船処理………………………...
新編弘前市史 資料編2(近世編1) 第4章 産業と海運の発達
第二節 海運の発達
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編2(近世編1)
方廻米(二)江戸廻米(三)江戸・上方廻米(四)他国米買入四木材の移出と流通五十三小廻し
の成立と展開六廻船約定の制定七難船処理八廻船問屋の経営と仕切状
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第三節 南北交易と「境界地域」津軽 一 十三湊と津軽
湊の始まり
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
古い時期に想定できるようになってきている。十三湊が文献に見い出されるのは、室町時
代中期ごろに成立した廻船式目(かいせんしきもく)の三津七湊(さんしんしちそう)の一つ
として示された「奥州津軽十三の湊」(史料...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第2章 幕藩体制の成立 第四節 近世前期の商品流通と交通の整備 一 青森開港と初期海運
青森町の成立と青森開港
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
多くをよっている。)寛永二年(一六二五)五月十五日、二代藩主津軽信枚(のぶひら)は、
津軽から江戸への廻船運行を許可する、幕府年寄衆土井利勝と酒井忠世(ただよ)の連署奉
書を拝領した(資料近世1二一四頁)。こ...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第2章 幕藩体制の成立 第四節 近世前期の商品流通と交通の整備 二 陸上交通網の整備と岩木川舟運
岩木川舟運
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
られて上方に運ばれた。この廻漕のことを「十三小廻(とさこまわ)し」と呼んでいる。鰺
ヶ沢からは、領外の廻船がもたらす木綿・荒物・紙・砂糖・瀬戸物等の生活必需品が逆ル
ートで領内に運ばれたのである。岩木川で使用...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第三節 西廻り海運と上方市場 一 西廻り海運の発展~北国海運から西廻り海運へ
上方廻米
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
あろう。次に、その形態をみてみることにしよう。寛文から元禄期の津軽と敦賀間の上方
廻米にかかわっていた廻船の構成は、「手船」(藩船)と「雇船」に大別することができる
。「手船(てぶね)」は、十三・今別・蟹田の...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第三節 西廻り海運と上方市場 一 西廻り海運の発展~北国海運から西廻り海運へ
西廻海運による大坂廻米
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
西廻海運が実現すると、上方廻米に利用される廻船の多くが大坂での雇船となった。しか
も、積米の不足を訴えるほど潤沢な雇船が存在し、不足分を材木で補うこ...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第一節 藩体制の動揺 一 宝暦・天明期の飢饉と農村 (三)天明の打ちこわし
青森騒動の経過
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
かした事実上の惣町訴願運動に展開していったのである。一方、湊番所では別の一隊が、
「廻米を強行するなら廻船を破壊し、米俵は海に捨てる」との威嚇を行い、上方相場の代
金と引き替えに、廻米を町方に売却して欲しい旨...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第二節 対外危機と寛政改革 二 寛政改革の実施 (一)改革意見書とその基調
毛内宜応の「秘書 全」
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
し、また領内産物を移出する場合は、いったん藩が買い上げたうえで、地払(じばら)い(
領内での販売)なり廻船による積み出しなりを行うことによって、領内金銀を豊かにしよ
うとする経済政策である。これは藩による流通...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第三節 蝦夷地警備と化政期の藩政 三 蝦夷地引き揚げと沿岸警備 (二)沿岸警備と台場の構築
異国船打払令の発令と津軽弘前藩
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
の周知徹底については、三厩派遣の兵員・浦々の町奉行・湊目付にその心得方を申し渡す
よう、また大筒掛役・廻船の乗組員へは勘定奉行から同様に申し渡すようにとしている。
また高札を大間越から野内までの八浦、その外に...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第五節 安政の開港と蝦夷地警備 一 開港と武備の充実
対外交易の実態
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
する青森でも異国を商売相手と考える商人がいた。箱館奉行所や東北諸藩の御用達(ごよ
うたし)に任命された廻船問屋滝屋(たきや)善五郎や藤林源右衛門などがその筆頭であり
、彼らは万延元年(一八六〇)二月に、箱館の...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第5章 弘前城下と都市住民 第一節 城下の構造 一 町方の構成
諸家業と職人
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
。表2.元治元年当時の町方の諸工・諸家業区分軒数備考借家医者53内本道13軒鍼医40軒
公用船取扱2御廻船調取扱1御馬飼料方取扱1町年寄2時計師1但,御用御役者支配7御用達町
人4鍛冶頭1御用鞍鐙師1御刀鍛冶...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第6章 維新変革と藩体制の解体 第二節 戊辰戦争と弘前 三 軍制改革の展開 (一)軍制改革の開始
改革開始以前の状況
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
小銃の導入にも藩は意欲的に取り組んだ。嘉永五年(一八五二)四月には八匁(もんめ)玉ゲ
ベール銃一〇挺が廻船(かいせん)で取り寄せられたのを皮切りに、元治元年(一八六三)に
は一〇〇石以上の上士にゲベール銃が配...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第6章 維新変革と藩体制の解体 第二節 戊辰戦争と弘前 五 箱館戦争と弘前藩 (二)藩財政の窮乏化
新政府からの借財と藩札の発行
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
民が都市部に押し寄せたため治安が悪化し、生活難と相まって世情は暗くなる一方であっ
た。このころ、青森の廻船問屋滝屋善五郎は日記の中で、いまだに藩が支払うと約束して
いた兵隊の宿代も下されず、このままでは青森の...