弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (2 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (40 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (1 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (4 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (3 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (10 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (1 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[年表] 年表・索引編 (5 件)

ソート機能:
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第三節 西廻り海運と上方市場 一 西廻り海運の発展~北国海運から西廻り海運へ
上方廻米
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
上方廻米は、貞享四年(一六八七)にすべての上方廻米を大坂着とする政策が出される以前
は、敦賀と大坂の両方に廻着...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第三節 西廻り海運と上方市場 一 西廻り海運の発展~北国海運から西廻り海運へ
西廻海運による大坂廻米
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
西廻海運が実現すると、上方廻米に利用される廻船の多くが大坂での雇船となった。しか
も、積米の不足を訴えるほど潤沢な雇船が存在し、不足...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第二節 土地制度の確立と前期農政の展開 四 元禄飢饉と農政の転換
農政の転換
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
用などがかさみ、その出費を賄うために年貢米を江戸・上方に売却する必要があった)を
対象として藩の翌年分廻米を引き当てとする投資形態をとっていた。藩の廻米(かいまい)
は、「借銀―廻米―返済」という形をとってお...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第一節 藩体制の動揺 一 宝暦・天明期の飢饉と農村 (二)天明の飢饉
飢饉に至るまでの経緯
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
宝暦の飢饉でみたとおり、近世の飢饉は単なる自然災害ではなく、凶作下でも江戸や上方
への廻米を強行せざるをえない、幕藩体制下における流通システムが起こした人災の側面
も強かった。むしろ米の流通量...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第一節 藩体制の動揺 一 宝暦・天明期の飢饉と農村 (三)天明の打ちこわし
騒動の背景
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
改革が失敗したあと、藩は再び家老森岡主膳、側用人大谷津七郎・山口彦兵衛らの主導の
もと、上方への年貢米廻米を強化する政策をとった。安永から天明期にかけては藩士には
知行の強制的借り上げ、農民に対しては年貢米以...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第三節 西廻り海運と上方市場 一 西廻り海運の発展~北国海運から西廻り海運へ
西廻海運と領内の整備
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
西廻海運の発達は、大坂市場の発達とともに盛んとなり、流通機構の再編成を促した。津
軽地方における上方廻米は、文禄四年(一五九五)の組屋源四郎による、太閤蔵米(たいこ
うくらまい)の南部と小浜への売却が知られ...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第一節 藩体制の動揺 二 商品経済の展開と藩財政の窮乏 (一)廻米と借財
宝暦~天明期の弘前藩の財政状況
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
支出の三〇・九二パーセントを占め、上方市場に立脚した経済政策がとられていた(表36
参照)。ほかに江戸廻米が二万四五〇〇石(一一・六五パーセント)、先納金を供出した加
賀・上方の商人五人への廻米というものも一...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第四節 天保の飢饉と藩政 二 藩財政の窮乏と流通統制 (一)藩財政の窮乏
文化~文政期の藩財政
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
済の繰り延べを依頼する事態となり、年限が来た同五年に家老津軽多膳(たぜん)らが大坂
に赴き、年三万石の廻米確保を約束させられている。さらに寛政元年(一七八九)の寛政蝦
夷蜂起の後、寛政九年(一七九七)から、蝦...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第一節 藩体制の動揺 一 宝暦・天明期の飢饉と農村 (三)天明の打ちこわし
騒動の要求と結果
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
いたかがわかる。史料によってやや異同はみられるものの、(一)来年三月まで公定価格で
の米の販売、(二)廻米の停止と来秋までの藩による蔵米の備蓄、(三)米留番所の廃止と惣
町による米穀流通の管理、違反者の摘発、...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第四節 天保の飢饉と藩政 二 藩財政の窮乏と流通統制 (一)藩財政の窮乏
江戸での借財の増加
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
寛政十年から文化二年までは菊屋、文化十三年以降は松本平八郎ほか)、津軽屋だけは一
貫して蔵元として江戸廻米を一手に引き受けて取りさばいていた。その業務は明治五年(
一八七二)七月に廃藩置県後の残務整理が終わる...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第四節 天保の飢饉と藩政 二 藩財政の窮乏と流通統制 (一)藩財政の窮乏
幕末期の藩財政
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
わりはない。米方の支出のうち、家中への知行切米・扶持の合計は五万三〇三四石(歩引
渡をしている)、江戸廻米は五万石、大坂廻米は一万石で、文化期よりさらに江戸への
量が増している。さらに五万両の返済のための...
新編弘前市史 資料編2(近世編1) 序 はじめに・例言・目次
新編 弘前市史 資料編2(近世編1) 目次
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編2(近世編1)
……………………九八三二出舟・出人、湊口、津出・入津役…………………………………
………………九九一三廻米の状況…………………………………………………………………
…………一〇〇八(一)上方廻米…………………...
新編弘前市史 資料編2(近世編1) 第4章 産業と海運の発達
第二節 海運の発達
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編2(近世編1)
一海運に関する布達二出舟・出人、湊口、津出・入津役(旧八木橋氏蔵)三廻米の状況(一)
上方廻米(二)江戸廻米(三)江戸・上方廻米(四)他国米買入四木材の移出と流通五十三小廻
し...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第一節 藩体制の動揺 一 宝暦・天明期の飢饉と農村 (三)天明の打ちこわし
青森騒動の経過
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
所万屋武兵衛方へおよそ七~八〇〇人が押し寄せ、来年春までの公定値段(一匁につき米
一升四合)での販売、廻米の停止、米留番所の廃止を「惣町中一決」の主な要求として訴
えた。この騒動は当初町役人など町上層部の参加...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第一節 藩体制の動揺 一 宝暦・天明期の飢饉と農村 (三)天明の打ちこわし
騒動のその後
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
藩の廻米強化策にかかわった御用商人山本四郎兵衛は、米穀払底(ふってい)の張本人とし
て領民の恨みを買った。「津...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第一節 藩体制の動揺 二 商品経済の展開と藩財政の窮乏 (一)廻米と借財
茨木屋の苦悩
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
飢饉の年で、津軽から西館織部らが借金のため大坂まで出向き交渉を行い、断り切れなく
なった茨木屋は凶作で廻米の当てのないまま九二九貫九六七匁(一万五四九九両)を再融資
した。再三の借金に藩では弥次左衛門を呼び褒...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第一節 藩体制の動揺 二 商品経済の展開と藩財政の窮乏 (一)廻米と借財
御用金の賦課
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
方的な上納命令が通例になったが、この時期はまだ御用金は返済されるものという認識が
一般的であった。また廻米の不足分は国元に転嫁されることもあった。「国日記」宝暦十
二年(一七六二)九月十六日条(資料近世2No...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第四節 天保の飢饉と藩政 一 天保の飢饉と農村 (一)天保の飢饉
天保四年における藩の対応
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
の対応は比較的素早く、被害を最小限に食い止めた感がある。凶作の予兆が現れた七月八
日には、藩はいち早く廻米を停止し津留(つどめ)の処置を講じている。これは前月二十八
日に、青森町年寄・町名主により御蔵米(おく...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第一節 確立期における藩政の動向 四 元禄九年の家臣召し放ちと支配機構の再編
信政晩年の藩政
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
nbsp; 348. 3江戸扶持米代竹内与兵衛取替分 1,749.大坂廻米40,000.江
戸扶持米10,000.蔵田屋・万屋・早野・大原・九屋返済米23,858. ...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第二節 土地制度の確立と前期農政の展開 三 貞享検地と地方支配機構の確立
貞享検地
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
。つまり、全国市場である大坂との結びつきは、それまで自領内・その地域経済圏に出て
いた年貢米が、大坂へ廻米されることであり、藩経済それ自体がその中に包摂されてしま
うことを意味していた。したがって、藩経済を維...