弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (0 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (0 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (0 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (3 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (7 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (0 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (0 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (0 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (0 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (1 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (1 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[年表] 年表・索引編 (0 件)

ソート機能:
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第2章 明治後期の弘前 第五節 教育の発展と充実 三 幼稚園教育
[[幼稚園教育]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
弘前市における幼児教育は明治二十三年(一八九〇)四月、時敏尋常小学校が保育科を設け
て、学齢前の幼児を収容したのをもって嚆矢...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第2章 明治後期の弘前 第五節 教育の発展と充実 三 幼稚園教育
若葉幼稚園設立
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
、園舎を新築してこれを若葉幼稚園と命名した。独立園舎の設置は弘前女学校関係者の宿
願でもあった。学校が幼児教育の場を本国に要請していたころ、命を受けて弘前に着任し
た宣教師アレキサンダーの夫人は、自らにも四歳にな...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第2章 明治後期の弘前 第五節 教育の発展と充実 三 幼稚園教育
弘前女学校と付属幼稚園
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
での経営その他受け入れの用意ありとして本国の伝道局に伝えた。これにこたえる形でミ
ス・サウザートという幼児教育を専攻した若い女性が早速弘前へ派遣され、翌三十一年四
月、塩分町の校長宅内にミス・サウザートを園長とし...
新編弘前市史 通史編5(近・現代2) 第四章 戦前・戦中の弘前 第五節 戦時教育の様相 六 幼稚園教育
[[幼稚園教育]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編5(近・現代2)
時点で六園、大正を経過して昭和になり、その間一四年を経過してわずか三園しか増えて
いない事実は、本県が幼児教育をいかに閑却したかを物語っている。ただ、弘前市のみ公
私立五園の幼稚園が設置されているが、それでも幼児...
新編弘前市史 通史編5(近・現代2) 第四章 戦前・戦中の弘前 第五節 戦時教育の様相 六 幼稚園教育
聖ヨゼフ幼稚園開園と明星幼稚園開園
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編5(近・現代2)
カトリック主義幼稚園として県内最初の幼稚園であって、これによって弘前における幼稚
園は六園を数え、本市幼児教育は一層の充実をみるに至った。同幼稚園の開設によって、
これまで幼稚園に恵まれなかった付近住民は恩恵を受...
新編弘前市史 通史編5(近・現代2) 第四章 戦前・戦中の弘前 第五節 戦時教育の様相 六 幼稚園教育
戦時下の幼稚園
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編5(近・現代2)
斉唱一、敬礼(式終了後、大きい組は神社参拝をなす)四歳と五歳の幼児たちにこのよう
な儀式を行うことは、幼児教育上益がなかったと思うが、時の政府・文部省の命令で教育
現場ではどうにもならなかったのが実情であった。
新編弘前市史 通史編5(近・現代2) 第五章 戦後の弘前 第四節 教育の変遷 一 六・三制実施後の初等教育
盲聾学級の設置
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編5(近・現代2)
部も開設、普通科を置いた。四十年、聴力相談室を設けて聾教育の一層の充実を図り、幼
児部を設けて盲聾児の幼児教育を開始した。四十二年、県教委の方針によって、県立弘前
盲学校は青森市の県立盲学校に統合されることになり...
新編弘前市史 通史編5(近・現代2) 第五章 戦後の弘前 第四節 教育の変遷 五 幼稚園教育
若草幼稚園
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編5(近・現代2)
三十四年(一九五九)六月一日、富田町一九二番地(現松森町一六七)に若草幼稚園が開
園された。同幼稚園は幼児教育に深い関心と理解を持っていた藤田良一が、地域社会のた
め設置したもので、自家の庭園に園舎が建築された。...
新編弘前市史 通史編5(近・現代2) 第五章 戦後の弘前 第四節 教育の変遷 五 幼稚園教育
弘前大谷幼稚園
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編5(近・現代2)
及び初代園長は真宗大谷派専徳寺住職の藤野護である。同園は専徳寺関係者一同の菩提心
とその浄財を中心に、幼児教育の重要性に鑑み、四十年十月幼稚園設立委員会を組織し、
四十一年十一月園舎落慶ならびに園名を命名、四十二...
新編弘前市史 通史編5(近・現代2) 第五章 戦後の弘前 第四節 教育の変遷 五 幼稚園教育
みなみ幼稚園
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編5(近・現代2)
稚園は法人立ではなく、個人立であることに特色があった(のち法人化)。これは、設立
者が全く自由な立場で幼児教育を実践したい意思の表れであった。開園時の園長木村秀徳
、学級数三、教職員数は五人であった。