弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (2 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (22 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (5 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (9 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (1 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (5 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (12 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (11 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (12 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (0 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (0 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (6 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (14 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (2 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (1 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (3 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (3 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (2 件)

[年表] 年表・索引編 (21 件)

ソート機能:
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第三節 津軽平野南部の地形発達 三 津軽平野南部の地形発達
[[津軽平野南部の地形発達]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
で津軽平野南部における地形発達およびその構成層の概要をボーリング資料に基づいて記
述してきた。総じて、平川、浅瀬石川および大和沢川の各流域には、山地および丘陵から
供給された砂礫を主体とした膨大な扇状地性の堆...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第三節 津軽平野南部の地形発達 一 平野南縁の地形
平野南縁の地形区分
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
る。南縁部の主要河川として、十和田湖の外輪山を源とする浅瀬石川と白神山地に隣接す
る大鰐山地を源とする平川があげられる。このほかに阿蘇ヶ岳などの山稜をもつ平賀丘陵
からの小河川として、遠手(とうで)沢、浅井(...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第三節 津軽平野南部の地形発達 一 平野南縁の地形
古懸浮石流凝灰岩
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
関村古懸(こがけ)、大鰐町唐牛(かろうじ)・苦木(にがき)・蔵館(くらだて)・長峰(なが
みね)など、平川の上流部には断片的ながら火砕流堆積物からなる台地が分布している。
台地は河床面から約二〇~三〇メートル...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 第4章 弘前地域の金石文 第四節 板碑 二 青森県の板碑分布
[[青森県の板碑分布]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
方の板碑は、碑面の特色や造立の年代から大きく二つの地域に分けて考えることができる
。その第一は岩木川と平川の合流点、藤崎町藤崎と弘前市三世寺を北限とする平川・浅瀬
石川の流域、黒石~大鰐を結ぶ東根の山麓地方及...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第三節 津軽平野南部の地形発達 一 平野南縁の地形
田舎館面
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
浅瀬石川南岸および平川流域内に帯状の自然堤防として分布している。高度は浅瀬石川流
域において、黒石市浅瀬石付近で五〇~六〇メ...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第三節 津軽平野南部の地形発達 二 弘前市街地の地形
市街地の地形区分
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
市街地および岩木川以北の水系と等高線図おもな河川として、白神山地を源とする岩木川
と大鰐山塊を源とする平川があげられる。市街地を流れる小河川として、大和沢(おおわ
さわ)川、腰巻川、土淵川、寺沢川などがあり、...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第四節 信政以後の政治動向 三 農村構造の変容~凶作と飢饉
災害の続発とその影響
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
・土淵川高水,浸水,橋の流失享保元(1716) 2~ 3月水害岩木川流域岩木川・
平川出水,橋の流失,堤防決壊,溜池決壊 2月29日風害碇ヶ関,西海岸,青森仮屋
・並木松に被害,...
新編弘前市史 通史編5(近・現代2) 第六章 現代の弘前 第二節 高度経済成長と弘前の経済 一 津軽地域の中核都市弘前の財政
藤森市政の財政
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編5(近・現代2)
(一)津軽広域圏のインフラ整備津軽広域圏のインフラ整備事業は、岩木山ろく開発、弘
西林道開削、岩木川・平川水系の整備、津軽広域観光開発などが重点施策となった。①岩
木山ろく開発岩木山ろくの開発は、三十二年度に...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 第3章 弘前地域の中世城館 第六節 乳井茶臼館跡と周辺の城館群 一 乳井茶臼館の立地と現状
[[乳井茶臼館の立地と現状]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
す山地から北に伸びた尾根の先端、標高一一〇メートルほどの丘陵を利用して造られた城
館である。この地は、平川・六羽川(ろっぱがわ)を挟んで西の石川城と向かい合う場所で
あり、石川と同様、津軽平野の南の関門をなす...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 第4章 弘前地域の金石文 第四節 板碑 八 弘前地域の板碑一覧
〈凡例〉
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
津軽地方の板碑を内陸部と海岸線に分けて列挙した。内陸部については、弘前市内の板碑
を第一に挙げ、次いで平川中流域の町村、岩木山東麓岩木町、平川・浅瀬石川合流点の下
流藤崎町の順で南から記載した。海岸線は深浦町...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第三節 津軽平野南部の地形発達 一 平野南縁の地形
平賀面
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
寺・小和森(こわもり)・柏木町・町居・新館・沖館などが位置する。平賀面は、おそらく
黒石面が浸食された平川流域を、扇状地性の堆積物と火砕流堆積物で新たに埋積し、また
舌状にとり残された黒石面を覆うように形成さ...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第三節 津軽平野南部の地形発達 二 弘前市街地の地形
清野袋面
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
の配置は河川の氾濫によって形成されたものである。自然堤防帯の中には、大石川との合
流付近にあたる三和、平川との合流付近に位置する岩賀(いわか)、そして土淵川との合流
付近にあたる撫牛子(ないじょうし)などにお...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第四節 戦国津軽とその終焉 五 戦国動乱の激化と城館群 (五)発掘調査から見た遺跡
福村城跡
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
福村地区は、弘前駅から東へ約二・五キロメートルの平川下流域、平川と引座(ひきざ)川
の合流点付近に位置する。福村城跡は福村の南側にあり、平川と腰巻(こしま...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第三節 九戸一揆と肥前名護屋への出陣 三 大浦から堀越への移転~西根から東根へ
堀越城への移転
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
越の地は、中世において津軽平賀(ひらか)郡に属していたが、この地は津軽平野南部を南
北に縦断して流れる平川のすぐ西岸に位置し、平賀・石川・大鰐(おおわに)を中心とする
「東根(ひがしね)」地方と、鼻和・大浦を...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第三節 九戸一揆と肥前名護屋への出陣 三 大浦から堀越への移転~西根から東根へ
堀越城の限界性
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
で切り入った」とされて、危機に陥っている(資料近世1No.一六一)。また慶長十一年正月
には、堀越川(平川)が大洪水を起こし、町屋まで浸水するという事件があった(同前No.二
一八)。実際、堀越城跡の発掘調査...
新編弘前市史 資料編1(考古編) [口絵]
[[口絵]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
関村古懸〕約1万3,000年前に十和田カルデラ(外側カルデラ)に起因する火砕流(古懸浮石
流凝灰岩)が平川流域を流下した。流域沿いに比高約20mの火砕流台地を形成している。火
砕流中には、流下時に取り込んだ樹...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 第3章 弘前地域の中世城館 第二節 石川城跡 一 石川城の立地と現状
[[石川城の立地と現状]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
開山(おびらきやま)から北に伸びる丘陵が津軽平野の南端に接する場所であり、広大な津
軽平野が終わって、平川河谷へと変わる地点、つまり津軽平野の南の入口・境界に位置し
ている。城内の最高所は南東端の大仏ケ鼻丘陵...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 第3章 弘前地域の中世城館 第四節 堀越城跡 一 堀越城の立地と現状
[[堀越城の立地と現状]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
町の一部を「町曲輪」として取り込んだ規模の大きな城郭である。城跡のある堀越集落は
、岩木川の支流の一つ平川と大和沢川の合流点から南西五〇〇メートルの、津軽平野南部
の沖積扇状地に位置しており、沖積扇状地の東端...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 第3章 弘前地域の中世城館 第四節 堀越城跡 二 堀越城の歴史
(1) 南北朝時代の「堀越楯」
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
、激しい合戦が続いた。堀越・新里楯の構築はこうした合戦の中で起こったことである。
新里もまた堀越北方の平川沿いの土地であり、ともに貞光が本拠の岩楯・大光寺を守る前
線拠点として構えたものであろう。津軽における...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 第3章 弘前地域の中世城館 第四節 堀越城跡 四 城館の構造
[[城館の構造]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
曲輪ⅡBとⅡCが接する地点で意識的に屈曲させ、見通しがきかないように工夫されている
。曲輪ⅡCの東側は平川沿いの低地で、高さ三メートルほどの比高差がある。かつては、
すぐ東を平川が流れていた時代があったと思わ...