弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (1 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (4 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (14 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (0 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (0 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (38 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (2 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (0 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (0 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (1 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (1 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (0 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (0 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[年表] 年表・索引編 (0 件)

ソート機能:
新編弘前市史 資料編1(考古編) [序] 資料編1「考古編」掲載図・表・写真一覧
[[資料編1「考古編」掲載図・表・写真一覧]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
図29製鉄炉(上-大館森山遺跡,下-大平野Ⅲ-B号炉)図30古代の製鉄用羽口図31古代の
鉄製品図32平安時代の鉄製品(1)図33平安時代の鉄製品(2)図347・8世紀の土師器高台付坏
,同坏図359世紀の土師器...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第2章 津軽の原始時代 第一節 青森県の考古学研究史 五 第Ⅲ期…緊急発掘の時代
発掘調査の成果
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
学の坂詰秀一(さかづめひでいち)を担当者として、近辺の砂田窯跡とともに発掘調査が行
われ、十世紀中頃(平安時代後半期)の窯跡であることが判明した(125)。なお坂詰は、昭
和四十七年(一九七二)十月、同市持子沢(...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第5章 弘前市内の主な遺跡 第2節 古代の遺跡
4.中崎館遺跡
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
同年7月31日まで発掘調査した。(4)遺構・遺物の概要調査の結果、縄文時代後期・晩期・
弥生時代前期・平安時代後期・平安時代末期の複合遺跡であることが判明した。なかでも
平安時代末期(12世紀後半期)の遺構・遺...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第5章 弘前市内の主な遺跡 第2節 古代の遺跡
7.小友遺跡
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
で此坪数は千五百坪を有し……」と記されている。(4)遺構・遺物の概要調査の結果、縄
文時代・弥生時代・平安時代後期の遺構・遺物が発見されている。なお、縄文時代及び弥
生時代のものはわずかにすぎず、主体は平安時代の...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第3章 古代蝦夷の時代 第四節 考古学からみた平安時代の津軽 三 津軽の古代信仰
平安時代の律令祭祀
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
平安時代には、斎串(いぐし)・土馬(どば)・土鈴・鉄鈴・勾玉(まがたま)(土製・石製)・
小玉(土製・石製・琥...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第3章 古代 第3節 飛鳥・奈良・平安時代 3.古代の生産活動と生活用具 (11)その他の生活用具 [[その他の生活用具]]
[[その他の生活用具]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
折敷、釣手具、箸がある。鉄鍋は、蓬田大館遺跡(蓬田村)、古館遺跡(碇ヶ関村)で出土し
ている。図104平安時代の曲物底・折敷・釣手具古館の鉄鍋は11世紀代のものである。内
面に釣手の耳を持つ内耳式のもので、この類...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第5章 弘前市内の主な遺跡 第2節 古代の遺跡
5.荼毘館遺跡
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
までの2か年にわたり発掘調査をした。(4)遺構・遺物の概要調査の結果、縄文時代(早・
中・後・晩期)、平安時代(後期)、中世(13~15世紀)の複合遺跡であることが判明した。
なかでも、平安時代後期(10世紀後葉...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第3章 古代 第3節 飛鳥・奈良・平安時代 3.古代の生産活動と生活用具 (7)機織り [[機織り]]
[[機織り]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
から伝わったと考えられており、弥生時代には全国各地で機織りに関する遺物が出土して
いる。さらに、奈良・平安時代になると、津軽地方においても紡錘車や苧引金が普通に出
土するようになる。紡錘車は7~8世紀のものは土製...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第3章 古代 〈注及び参考文献一覧…第3章〉
[[〈注及び参考文献一覧…第3章〉]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
撚糸文』(9)(尾上町李平Ⅱ号遺跡発掘調査報告書)1980年*189青森県立郷土館『よみがえ
る奈良・平安時代の青森-発掘資料から郷土の歴史を考える』特別展・解説図録1980年*1
90葛西励・尾上町教育委員会『...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第3章 古代 第3節 飛鳥・奈良・平安時代 4.古代の文化と信仰 (2)文字資料と文字文化 [[文字資料と文字文化]]
[[文字資料と文字文化]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
本県で考古学的に明らかな文字資料は、平安時代に入ってからのものである。それは、墨
書土器や刻書土器と呼ばれるもので、前者は土師器や須恵器に墨で文字...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第5章 弘前市内の主な遺跡 第2節 古代の遺跡
6.独狐遺跡
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
2次調査が2,045m2で計4,297m2である。(4)遺構・遺物の概要2次にわたる発掘調査の結果
平安時代では竪穴住居跡・土壙・溝状遺構、中世では掘立柱建物跡・竪穴遺構・井戸跡
・段状遺構の各遺構が検出されて...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第二節 岩木火山発達史 四 岩木火山発達史
平安時代の降下火山灰
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
県内各地の遺跡発掘調査で、特に平安時代の遺構埋土中に鍵層としての広域火山灰が二枚
確認されていることについて記述したい。図15には洞爺テフラ...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第2章 津軽の原始時代 第一節 青森県の考古学研究史 四 第Ⅱ期…研究・鍛錬の時代
太平洋戦争終結後
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
(なりたすえごろう)(一八九五~一九七九)と戸沢武(とざわたけし)が鯵ヶ沢町長平(なが
だい)町の谷口平安時代竪穴住居跡を、十月には七戸町の成田券治が同町左組(さぐみ)ソ
ガモリを、十一月には成田彦栄が青森市の三...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第3章 古代蝦夷の時代 第一節 原エミシおよびエミシ文化の時代 三 原エミシ文化からエミシ文化へ
原エミシ文化の形成
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
に、古墳時代後期から奈良時代併行期には、農耕を生業とする集団によって拠点的に集落
が形成された。本州の平安時代に併行する時期に、東北地方北部や石狩低地帯を中心とす
る地域における続縄文・土師器混交文化の担い手たち...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第3章 古代蝦夷の時代 第四節 考古学からみた平安時代の津軽 一 農耕社会の定着
ふたつの広域火山灰
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
の際のロクロ(轆轤(ろくろ))技術の導入など、エミシ文化の時代との画期を認めることが
できる。ここでは平安時代に相当する時代の津軽地方を考古学的に検証してゆくことにし
たい。ところで、この時代の津軽地方には、遺跡...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第3章 古代蝦夷の時代 第四節 考古学からみた平安時代の津軽 一 農耕社会の定着
平安時代の大規模集落
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
うな強い規制が関係していたことも想定できるであろう。図14外周溝を伴う竪穴住居跡群
(浪岡町松元遺跡)平安時代中葉における弘前市内の遺跡としては、九世紀後半から一〇世
紀前半の竪穴住居跡六軒、堀跡二本、土壙五基が...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第3章 古代蝦夷の時代 第四節 考古学からみた平安時代の津軽 三 津軽の古代信仰
津軽地方の古代信仰
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
2)遺跡(図25-7~13)では四六点、高屋敷館遺跡では二一点という多数の土鈴が出土して
いる。奈良・平安時代の文献史料から、東北地方で多くの馬が生産されていたことが知ら
れている。青森県内でも馬の飼育が行われて...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第3章 古代 第3節 飛鳥・奈良・平安時代 3.古代の生産活動と生活用具 (1)農業生産物と農具 [[農業生産物と農具]]
-農業生産物-
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
飛鳥・奈良・平安時代を通じて、生業の基本は農業生産にあることが、これまでの調査で
明らかにされている。水田や畑といった具体...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第3章 古代 第3節 飛鳥・奈良・平安時代 3.古代の生産活動と生活用具 (2)鉄生産と鉄製品 [[鉄生産と鉄製品]]
-鉄製品-
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
錯(さく)・銛がある。このほか、量は少ないが馬具や煮沸具としての鉄鍋もある。図31古
代の鉄製品図32平安時代の鉄製品(1)図33平安時代の鉄製品(2)
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第3章 古代 第3節 飛鳥・奈良・平安時代 3.古代の生産活動と生活用具 (5)塩業 [[塩業]]
[[塩業]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
、同晩期には陸奥湾沿岸に広く展開するようになるが、弥生時代から奈良時代にかけての
ものは未発見である。平安時代になると、陸奥湾沿岸を中心に一部太平洋沿岸や日本海沿
岸に約40余りの遺跡が分布する。特に陸奥湾沿岸の...