弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (1 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (1 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (1 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (0 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (5 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (3 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (2 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (3 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (44 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (94 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (6 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (2 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (1 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (1 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (0 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (0 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (1 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (1 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[年表] 年表・索引編 (40 件)

ソート機能:
新編弘前市史 通史編5(近・現代2) 第四章 戦前・戦中の弘前 第六節 恐慌・戦時下の社会運動と世相 五 戦時体制下の弘前市政
二人市長事件
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編5(近・現代2)
この政治状況のもとに起きた弘前二人市長問題は、時局から離れた政党政治の末期的現象
だった。長期間東京にあって病気療養中の第一三代弘前市長宮館...
新編弘前市史 通史編5(近・現代2) 第六章 現代の弘前 第一節 市町村合併と「新弘前市」の誕生 二 桜田市政と市町村合併
桜田市長リコール問題
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編5(近・現代2)
昭和二十六年(一九五一)四月二十三日、桜田清芽が岩淵勉市長の跡を継いで第二〇代の
弘前市長に就任した。桜田市政は戦後改革を断行した岩淵市政の後をうけ、極度の財政...
新編弘前市史 通史編5(近・現代2) 第七章 都市計画と市民生活基盤の整備 第二節 弘前市の総合開発計画 二 弘前市総合開発計画の策定
弘前市総合開発基本計画(昭和四十六年計画)の策定
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編5(近・現代2)
めた。その原案は昭和四十六年にほぼまとまった。新たな計画の名称は弘前市総合開発基
本計画であった。藤森市長は、弘前市総合開発審議会委員を委嘱し、原案を諮問した。な
お、弘前市総合開発審議会は、昭和四十四年に施...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第2章 明治後期の弘前 第一節 弘前市の誕生 五 弘前政党人の活躍
市制の施行
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
選挙及び共有財産処分協議会並びに市会開設までの諸準備は、中津軽郡長大道寺繁禎にお
いてこれを処理した。市長の就任したのが同年五月二十七日、市役所の開庁は同月十八日
である。市役所は東長町外廿二ヶ町戸長役場をも...
新編弘前市史 通史編5(近・現代2) 第四章 戦前・戦中の弘前 第六節 恐慌・戦時下の社会運動と世相 五 戦時体制下の弘前市政
市民の政治意識の変化
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編5(近・現代2)
昭和九年四月、成田徳之進市長は名古屋市で開かれた全国市長会議の帰途、東京にて奇禍
に遭い、大手術を施し、帰弘後も病床にあり、六月八...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第3章 大正期の弘前 第一節 大正デモクラシーと弘前市 一 第一次護憲運動と弘前 [[第一次護憲運動と弘前]]
市会乱闘事件
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
市会では、九月十八日、反菊池市長派の市会議員佐藤英司、野村忠兵衛、井上皓ら一二人
が臨時市会開催を要求し、市制第四五条に基づく市政の調...
新編弘前市史 通史編5(近・現代2) 第四章 戦前・戦中の弘前 第一節 軍都弘前の展開 一 大火と町村合併
和徳村との合併問題
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編5(近・現代2)
昭和初期の土手町和徳村の合併問題が具体的に再開したのは、昭和九年(一九三四)六月
二十一日に石郷岡文吉市長が当選してからである。市長は同年十月二十三日「郡市合併に
関する卑見」と題する意見書を加藤喜久衛和徳村...
新編弘前市史 通史編5(近・現代2) 第六章 現代の弘前 第二節 高度経済成長と弘前の経済 一 津軽地域の中核都市弘前の財政
福士市政の財政
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編5(近・現代2)
昭和五十一年(一九七六)の市長選挙において、第二七代(~第三〇代)弘前市長に就任
した福士文知(ふくしぶんち)市長は、就任にあたり、...
新編弘前市史 通史編2(近世1) [後付]
掲載図版・写真の典拠・所蔵一覧
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
には原則として史料名は付さなかったが,必要と思われるものには,史料名を番号の直後
に付した。口絵1弘前市長勝寺蔵口絵2同上口絵3竹内氏蔵口絵4群馬県新田郡尾島町東楊寺
蔵口絵5大阪歴史博物館蔵口絵6相馬錩一氏...
新編弘前市史 通史編3(近世2) [後付]
掲載図版・写真の典拠・所蔵一覧
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
蔵(津軽家家紋は作成)154佐藤武司氏蔵155弘前市立博物館蔵156同上157加藤博己氏蔵158
弘前市長勝寺159弘前市立博物館蔵160同上161竹内規夫氏蔵162建部綾足著作刊行会『建部
綾足全集』第5巻...
新編弘前市史 通史編5(近・現代2) 第四章 戦前・戦中の弘前 第六節 恐慌・戦時下の社会運動と世相 五 戦時体制下の弘前市政
忠霊塔の建設
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編5(近・現代2)
西茂森の丘上に聳(そび)える忠霊塔の建設について、葛原市長が亡くなってのち、その
死を追悼して編まれた『故葛原運次郎先生恩師のみ影』という記念誌に、その詳しい経...
新編弘前市史 通史編5(近・現代2) 第六章 現代の弘前 第一節 市町村合併と「新弘前市」の誕生 二 桜田市政と市町村合併
桜田市政と合併対策
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編5(近・現代2)
市町村や弘前市当局は合併促進のためラジオ放送をしたり、標語を募集するなど、積極的
な宣伝に努めた。桜田市長はこうした宣伝活動で常に先頭に立ち、合併成立に邁進した。
その結果、紆余曲折を経て市町村合併は成立した...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第3章 大正期の弘前 第一節 大正デモクラシーと弘前市 一 第一次護憲運動と弘前 [[第一次護憲運動と弘前]]
助役問題
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
当時、弘前市会は、佐田正之丞市長代理の政友会派一一人、伊東重の市政刷新会系の自治
派一〇人、弘城政社小山派の弘前同志会派七人、中立二人...
新編弘前市史 通史編5(近・現代2) 第四章 戦前・戦中の弘前 第三節 地域経済の動向 八 交通・運輸の統制
バス事業の本格化と戦時下統制
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編5(近・現代2)
動車部が合併し、弘前乗合自動車株式会社が設立された(資料近・現代2No.二一三)。昭
和十一年、石郷岡市長のときには弘前市が弘前乗合自動車を買収し市営バスの実現に乗り
出そうとしたが、買収額に関して会社側と折...
新編弘前市史 通史編5(近・現代2) 第五章 戦後の弘前 第二節 復興期の経済 三 戦後復興期の工業
弘前市の工業振興政策
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編5(近・現代2)
義)第二条この条例において「工場」とは、物品の製造または加工に使用する施設をいう
。(奨励措置)第三条市長は、工場の新設または、拡充についてこの条例に基いて奨励措
置を講ずる工場として指定した工場(以下「奨励...
新編弘前市史 通史編5(近・現代2) 第七章 都市計画と市民生活基盤の整備 第四節 観光都市をめざして 一 弘前観光協会の設立
観光協会をめぐる紛糾
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編5(近・現代2)
それに市の勧業課職員が参加している。研究会では新しい観光協会の幹部役員の人選に工
夫を加えた。新会長は市長や商工会議所会頭でなく、弘前市の商工業界をリードし続けて
きた吉井勇を選出している。会長が市長だと市議...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) [後付] 掲載図版・写真の典拠・所蔵一覧
[[掲載図版・写真の典拠・所蔵一覧]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
には原則として史料名は付さなかったが,必要と思われるものには,史料名を番号の直後
に付した。口絵1弘前市長勝寺蔵口絵2青森県立郷土館蔵口絵3弘前市熊野奥照神社蔵口絵4
撮影口絵5撮影口絵6弘前市熊野奥照神社蔵...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第2章 明治後期の弘前 第一節 弘前市の誕生 五 弘前政党人の活躍
弘城政社の内紛と解散
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
二十日、弘城政社の小山勝次郎派は、石郷岡代議士不在を見越して臨時総会を開き、左の
決議をした。一、弘前市長候補は小山内鉄弥氏の再選を期す一、次期代議士候補は小山勝
次郎氏に決定することこの決議は一方的な現職代...
新編弘前市史 通史編5(近・現代2) 第四章 戦前・戦中の弘前 第六節 恐慌・戦時下の社会運動と世相 五 戦時体制下の弘前市政
葛原市政
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編5(近・現代2)
昭和十七年の市長選挙では、実業界で手腕を発揮している成田寅之助か当選したが固辞、
そのため後任が紛糾、ついに桜田、清藤...
新編弘前市史 通史編5(近・現代2) 第六章 現代の弘前 第一節 市町村合併と「新弘前市」の誕生 一 紆余曲折した市町村合併
中弘地区の合併推移
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編5(近・現代2)
なかった。そのため当初は各村とも、村同士の合併ならば考慮するとの意向が濃厚だった
のである。当時の弘前市長桜田清芽は、和徳、藤代、大浦、駒越、清水、千年、堀越、豊
田の八ヵ村との合併を考慮していた。市長の意向...