弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (0 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (1 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (6 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (0 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (0 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (1 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (1 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (0 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (1 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (0 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (0 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[年表] 年表・索引編 (0 件)

ソート機能:
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第二節 鎌倉幕府の東夷成敗権と得宗領津軽 三 得宗領としての津軽
工藤氏の出自
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
あるいは奥州合戦の功によって陸奥国岩手郡を与えられた工藤行光の系統とも推測されて
いる。また近年では、工藤氏が下野の小山、相模の三浦氏などと同様に五位の地方軍事貴
族(藤原南家流)の後裔であることも指摘されてい...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第二節 鎌倉幕府の東夷成敗権と得宗領津軽 三 得宗領としての津軽
得宗被官の入部
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
さてこうした経緯のなかで、曽我氏や安藤氏・工藤氏・横溝氏、その他の得宗北条氏の被
官(御内人)たちが青森県域の各地に、地頭北条氏の地頭代として入部する...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第二節 鎌倉幕府の東夷成敗権と得宗領津軽 八 鎌倉幕府滅亡
一族の分裂
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
った二〇人余の交名(きょうみょう)(連名録のこと。史料六五二)が作成されている。それ
によれば曽我氏も工藤氏・小川(河)氏も、いずれも一族分裂して戦ったさまがうかがわれ
、降人にも預人にも双方に、同じ一族の名が...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第二節 鎌倉幕府の東夷成敗権と得宗領津軽 八 鎌倉幕府滅亡
討幕の論功行賞
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
津軽合戦についての論功行賞であるが、安藤氏にとっては不愉快なことであったろう。写
真136陸奥国宣なお工藤氏も、鎌倉幕府滅亡に際しては、幕府方と後醍醐方とに分裂した
が、多くは幕府方についたようである。八戸郷の...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第二節 鎌倉幕府の東夷成敗権と得宗領津軽 八 鎌倉幕府滅亡
工藤氏の活躍
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
そうしたなかで、工藤貞行の後醍醐方としての活躍は目覚ましい。その勲功の賞として貞
行は、山辺郡・田舎郡...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第一節 北辺の南北朝動乱 二 南北朝期の津軽曽我氏の動向
曽我貞光の奮戦
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
朝方が必死の巻き返しを謀(はか)ってくる。同年三月には北条一族と称するものを筆頭に
、南部氏や成田氏・工藤氏らの南朝方が大挙して曽我氏本拠の大光寺外楯を占拠した。そ
れに対して貞光は、曽我本宗家の師助(もろすけ...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 第4章 弘前地域の金石文 はじめに [[はじめに]]
[[はじめに]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
の寺院や城館があり、関係した豪族もある程度推測できる。乳井の板碑における福王寺毘
沙門堂、国吉における工藤氏の存在、中別所から高杉方面に残存する板碑は「高椙(たか
すぎ)郷主」源一族のものと推定される。弘前に根...
新編弘前市史 資料編2(近世編1) 第1章 藩政成立への道 編年史料(天正十七年~明暦二年)
編年史料 (天正十七年~明暦二年)
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編2(近世編1)
外科津軽建次等を派遣して、柳原大納言を応診させる。●正保二年(一六四五)九月十九日
、盛岡藩、津軽牢人工藤氏の南部領入国を認める。●正保二年(一六四五)十二月九日、家
臣鎌田五郎兵衛、台所賄米の受領を八木橋・工...