弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (0 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (2 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (0 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (6 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (0 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (0 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (1 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (0 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (1 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[年表] 年表・索引編 (0 件)

ソート機能:
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第三節 中世前期の宗教世界 一 古代における北奥の宗教世界
[[古代における北奥の宗教世界]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
、次の表のようになる。表1〈『津軽一統志』に見る神社〉寺社名創建年次・創建者別当(
宗派名)備考(1)岩木山三所大権現延暦十五年真言宗百沢寺坂上田村麻呂の奉祭(2)八幡太
神宮不詳最勝院(真言宗)鼻和庄八幡村は坂上田村麻...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第3章 古代蝦夷の時代 第三節 律令時代の青森 三 北奥地域の田村麻呂伝説
青森県内の田村麻呂伝説
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
二年(七九三)・同十五年、ないし大同二年(八〇七)の建立を伝えている。たとえば『津軽
一統志』首巻では岩木山三所大権現を延暦十五年創建とし、猿賀神社(深沙大権現)につい
ては、田村麻呂の大同二年の再建という。また浪岡町の...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第5章 弘前城下と都市住民 第三節 祭礼と娯楽 四 寺社境内のにぎわい (一)寺社の開帳
居開帳
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
藩主と藩主家の人々に対する開帳では、元禄七年(一六九四)、岩木山三所大権現の下居宮
(おりいのみや)の遷宮があり、四代藩主津軽信政が参拝した。その後、三〇日間にわたっ
て男女を問...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第5章 弘前城下と都市住民 第三節 祭礼と娯楽 四 寺社境内のにぎわい (一)寺社の開帳
出開帳
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
たところ、寺内だけの開帳として許可になった。百沢寺は、天明元年(一七八一)七月一日
から九月二日まで、岩木山三所大権現の開帳を江戸回向院で行った(「国日記」・「江戸
日記」、比留間尚『江戸の開帳』一九八〇年吉川弘文館刊)...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第8章 藩政期の文化 第三節 宗教と信仰 一 宗教政策の展開と特徴 (一)寺社の保護と統制
藩政前期為信
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
宗に変えてその勢力を抑えた(「津軽一統志」、「記類」)。慶長六年(一六〇一)には、領
民の信仰を集める岩木山三所大権現の別当百沢寺下居宮(ひゃくたくじおりいのみや)(現
岩木山(いわきやま)神社)を再建して寺領四〇〇石を...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第8章 藩政期の文化 第三節 宗教と信仰 二 寺院 (三)真言宗の寺院
百沢寺
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
百沢寺(ひゃくたくじ)は、岩木山三所大権現の下居宮(おりいのみや)(現岩木山(いわきや
ま)神社)の別当であった。為信が慶長六年(一六〇一)、下...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第8章 藩政期の文化 第三節 宗教と信仰 三 神社 (一)神社
下居宮
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
下居宮(おりいのみや)(現岩木山神社、中津軽郡岩木町)は岩木山三所大権現を祀る。岩木
山を神体として祀ることは古くから行われてきており、安寿と厨子王、田光沼(たっぴぬ
ま)の竜...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第8章 藩政期の文化 第三節 宗教と信仰 五 人々の信仰 (一)武家の信仰
為信
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
慶長七年(一六〇二)京都の愛宕山を浅瀬石(現黒石市)に勧請した。このように為信の信仰
は、津軽惣鎮守の岩木山三所大権現であり、格翁に導かれた曹洞宗であった。