弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (0 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (4 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (2 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (0 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (1 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (1 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (3 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (0 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (0 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (1 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (0 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[年表] 年表・索引編 (0 件)

ソート機能:
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第四節 戦国津軽とその終焉 二 南部氏の津軽平定と石川高信
南部晴政の登場と一族間の対立
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
より南へと進んだ。天文九年(一五四〇)ごろまでには北上川流域地帯へ進出を図り、志和
郡に和賀氏を破り、岩手郡滴石(しずくいし)(雫石)城(岩手県岩手郡雫石町)を攻略し、城
主の戸沢(とざわ)氏は出羽国仙北郡角館...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 序 例言/目次(綱文・史料一覧/出典・典拠一覧) 第一章 綱文・史料一覧 [[第一章 綱文・史料一覧]]
[[第一章 綱文・史料一覧]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
。……………………………朴沢文書190●建武元年(一三三四)九月二十七日、津軽下向で
引き渡しの遅れた岩手郡二王郷の地を後藤基泰に安堵する。…………………………大石寺
文書191●建武元年(一三三四)十一月、名...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第3章 古代蝦夷の時代 第三節 律令時代の青森 二 大征夷時代の青森
文室綿麻呂の登場
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
の影響は現在の上北地方と考えられる都母(つも)にまで及んでいったらしい。一説には、
この事業はその南の岩手郡を挟打ちにするための作戦であったともいわれている。とにも
かくにも十二月にはこの戦闘が終結し、その功績...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第二節 鎌倉幕府の東夷成敗権と得宗領津軽 三 得宗領としての津軽
工藤氏の出自
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
工藤祐経の子犬房丸祐長の子孫としているものがあるが、定かではない。あるいは奥州合
戦の功によって陸奥国岩手郡を与えられた工藤行光の系統とも推測されている。また近年
では、工藤氏が下野の小山、相模の三浦氏などと同...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第二節 鎌倉幕府の東夷成敗権と得宗領津軽 八 鎌倉幕府滅亡
討幕の論功行賞
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
孫四郎・孫次郎経光のように、いったん後醍醐方につきながら日和見をしたために所領を
没収された者もいる。岩手郡の工藤光家も建武元年に後醍醐方に反旗をひるがえし、南部
信長に討たれている。
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第三節 九戸一揆と肥前名護屋への出陣 一 九戸一揆と動員大名
九戸一揆の背景
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
う地位は確定していたが、九戸氏は糠部郡の久慈(くじ)氏・姉帯(あねたい)氏、斯波(し
ば)郡の斯波氏、岩手郡の福士(ふくし)氏らの諸領主と縁戚関係を結ぶなど、九戸・二戸
を押さえて岩手・斯波に勢力を及ぼしていた...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第三節 九戸一揆と肥前名護屋への出陣 一 九戸一揆と動員大名
豊臣再仕置軍の奥州下向
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
旬まで南部信直と九戸政実との不和の調停に精力を傾けていた。このとき、政宗の使者の
通行を保障したのは、岩手郡の領主で信直の家臣であった福士直経(ふくしなおつね)、斯
波詮直(しばあきなお)の旧臣で新たに信直の配...
新編弘前市史 通史編5(近・現代2) 第五章 戦後の弘前 第二節 復興期の経済 四 弘前無尽会社から弘前相互銀行へ
弘前無尽会社の相互銀行への転換
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編5(近・現代2)
勤)(前掲『弘前相互銀行五十年志』)弘前相互銀行の営業区域は青森県下ばかりでなく
、岩手県北(盛岡市、岩手郡、二戸郡、九戸郡)や秋田県北(大館市、能代市、北秋田郡
、山本郡、鹿角郡)にまで行き渡っていた。また、...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第2章 旧石器・縄文・弥生 〈注一覧…第2章〉
[[〈注一覧…第2章〉]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
5年6月*67八幡一郎「奥羽の箆状石器」(日本の石器彰考書院)1948年10月*68鈴木孝志『岩
手県岩手郡松尾村水切場遺跡調査概報』(上代文化28)1958年6月*69*13に前掲*70中谷治宇
二郎『日本石...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 第1章 蝦夷・津軽関係編年史料
[十四世紀]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
戸三郎左衛門に津軽凶徒の討伐を命じる。●建武元年(一三三四)九月二十七日、津軽下向
で引き渡しの遅れた岩手郡二王郷の地を後藤基泰に安堵する。●建武元年(一三三四)十一
月、名越時如・安達高景等降伏。津軽ほぼ収ま...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 第1章 蝦夷・津軽関係編年史料
[十五世紀]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
利義持に馬一〇〇疋・金一〇〇〇両を献上する。●応永二十六年(一四一九)八月六日、南
部政光、八戸郷内、岩手郡平館、山北長野・淀河、閉伊郡飯岡の地を光経に譲る。●応永
二十六年(一四一九)十月六日、出羽庄内来迎寺...