弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (3 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (1 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (9 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (35 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (8 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (1 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (5 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (2 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (1 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (3 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (2 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[年表] 年表・索引編 (0 件)

ソート機能:
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第2章 幕藩体制の成立 第三節 高岡築城と城下町の成立 三 家臣団の成立と知行宛行
家臣団の成立
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
弘前藩の家臣団の成立過程を厳密に解明することは、ほとんど不可能といってよい。それ
は、江戸時代初期の資料はほとんど存...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第四節 豊臣政権への軍役 三 北奥羽における領主支配
北奥羽の領知確定
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
、家臣に対する知行安堵状(ちぎょうあんどじょう)・宛行状(あてがいじょう)をまったく
発給しておらず、家臣団が戦国末期から継続している所領支配形態をそのまま認めていた
のも事実であった。南部氏も、戦国末期に獲得...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第二節 対外危機と寛政改革 二 寛政改革の実施 (四)改革の諸政策と藩士土着政策
その他の諸政策
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
たことはこれまで述べてきたとおりである。藩校の内容については第八章第一節を参照い
ただきたいが、藩校が家臣団の統制に内側から力があったという点を考えるとき、藩士土
着策と藩校の設立とは強く結びついているといえよ...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第三節 蝦夷地警備と化政期の藩政 二 文化の高直りと黒石藩の成立 (二)黒石藩の成立
家臣団構成
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
年黒石市刊)。文化六年の黒石藩成立以前で最も整ったものといわれる寛延三年の分限帳
には、八〇の役職名と家臣団一六九人の名前が記され、さらに職人頭・庄屋・町年寄・用
達商人などの扶持人二一人の名前が記され、黒石領...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第一節 確立期における藩政の動向 四 元禄九年の家臣召し放ちと支配機構の再編
元禄の大飢饉と家臣召し放ち
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
の被害状況や飢饉に対する藩政の対応については、別項において改めて触れる)。この飢
饉は領民だけではなく家臣団にも大きな影響を及ぼした。家臣団に向けて出された最初の
達(たっし)は元禄八年九月朔日のもので、不作へ...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第四節 信政以後の政治動向 一 信寿・信著・信寧の三代藩政の動向
藩政の転換と家臣団統制の動き
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
へ』論―」『日本史研究』二三七)。一方で信寿は、藩士の生活の基本となる主要法令を
二度にわたり発布し、家臣団統制に取り組もうとしている。はじめのものは正徳元年(一
七一一)八月二十六日、江戸において出した一一ヵ...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第四節 信政以後の政治動向 一 信寿・信著・信寧の三代藩政の動向
地方知行制の復活と借知制の実施
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
容(知行所・知行高など)が記載されるのである(資料近世1No.八一五)。この知行制度の変
更は、背景に家臣団の困窮という問題が存在していた。同年九月十五日、家中への達書に
それがよく示されている。そこには、家中...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第5章 弘前城下と都市住民 第三節 祭礼と娯楽 六 南溜池の四季
南溜池の武芸鍛錬
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
を持ちえたのかは、いささか疑問であるが、直接的な武備強化には連動しなくとも、藩主
直々の検閲がもたらす家臣団に対する精神的な緊張の効果と、領内支配と家臣団統制の強
化をねらったものと考えられる。現に文化十一年(...
新編弘前市史 資料編2(近世編1) 第1章 藩政成立への道 編年史料(天正十七年~明暦二年)
編年史料 (天正十七年~明暦二年)
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編2(近世編1)
・敦賀・駿府に屋敷を構えるという。●文禄三年(一五九四)、津軽為信、堀越城を修復し
、大浦より堀越へ、家臣団、神社・仏閣等を移転させる。●文禄四年(一五九五)三月二十
七日、豊臣秀吉、南部信直へ朱印状を下し、秋...
新編弘前市史 資料編2(近世編1) 第2章 藩政の確立
【解説】
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編2(近世編1)
配と支配機構の整備」と題して、津軽領における支配の根幹となる法令をまず掲げ、役職
、軍役(ぐんやく)、家臣団の形成、家臣の払い米、地方知行、津軽黒石領の地方支配のあ
り方など、支配機構の整備の過程、及び家臣団の...
新編弘前市史 資料編3(近世編2) 第6章 幕藩体制の動揺と民衆
【解説】
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編3(近世編2)
との関係から飢餓移出をせざるを得ない状況にまで陥っていること、そして、知行の借り
上げや蔵入地化などの家臣団への負担転嫁が日常的となり、藩財政が極めて逼迫した状況
にあったことを示した。言うまでもなく、藩政転換...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第2章 津軽の原始時代 第一節 青森県の考古学研究史 五 第Ⅲ期…緊急発掘の時代
発掘調査の成果
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
島城跡・十三湊(とさみなと)遺跡の調査を実施し、十三湊遺跡では安藤氏に関する館(や
かた)跡をはじめ、家臣団の屋敷跡・中軸街路のほか、短冊形に区画された町屋跡の一部
を発見し、その後を引き継いだ村教育委員会が調...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第四節 戦国津軽とその終焉 三 大浦為信と安藤愛季
為信の離反
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
たとも伝えられ(史料一〇〇八)、南津軽一帯を手中に収めた。こうした為信の勢力拡大を
支えたのは、譜代の家臣団のみならず、安藤・南部両氏の侵攻によって浪人となった隣国
の比内・鹿角の領主層や、東国・北陸・畿内近国...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第2章 幕藩体制の成立 第二節 藩体制の成立 一 初代・二代藩政の動向
二代信枚の動向
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
一六一〇)に幕府検使の検分を得て高岡に築城をし、翌十六年に城下の町割りを定め、堀
越から寺社・商工民・家臣団を移転させたことである(資料近世1No.二八三)。高岡への町
屋派立は、為信時代の慶長八年(一六〇三)...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第一節 確立期における藩政の動向 一 四代信政政治の動向と支配機構の整備
新施策の実施と知行制度の転換
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
知行高相当の米を俸禄として与える蔵米(くらまい)知行制に切り替えた。藩政の確立期を
画期として各藩では家臣団の地方知行の形骸化が進行し、年貢率は藩の決定に基づき、所
領は細分化されていくのが全国的趨勢(すうせい...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第二節 土地制度の確立と前期農政の展開 一 明暦検地の意義
[[明暦検地の意義]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
。したがって、検地の実施範囲は、信英へ分知された地域に限られていた。また、その目
的は、分知による分家家臣団創出の基礎づくり、すなわち、新知行地設定にあったと考え
られる。そして、これを基にして、翌明暦三年(一...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第四節 信政以後の政治動向 二 「津軽一統志」の編纂
「津軽一統志」の編纂まで
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
けではない。寛永四年(一六二七)九月五日、弘前城本丸天守が焼失した。この折に、天守
に収蔵されていた、家臣団から提出させて保管していた文書・記録類が灰燼(かいじん)に
帰したとされる。二代藩主津軽信枚(のぶひら...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第二節 対外危機と寛政改革 二 寛政改革の実施 (三)藩士土着政策廃止をめぐる諸問題
土着策と弘前城下
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
藩士土着策は農村部への藩士在宅であり、家臣団の城下集住という大原則を否定するもの
である。したがって、これによって城下町弘前の性格や景観は大きく変...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第三節 蝦夷地警備と化政期の藩政 五 司法制度の整備と変遷 (一)司法制度
自分仕置
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
は、幕府に伺う必要がなく、大名が独自に処罰しうるということである。一家中とは大名
と主従関係で結ばれた家臣団とその家族を指し、一領とは領分の人別帳(にんべつちょう)
(人口調査に伴い作成された帳簿)に記されてい...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 第3章 弘前地域の中世城館 第四節 堀越城跡 二 堀越城の歴史
(3) 津軽氏の政庁としての堀越城
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
事実秘苑』)と伝えられている。つまり、堀越城下に集められたのは、大浦にあった寺院
と町、それに津軽氏の家臣団であった。それゆえ、これらの記録が正しければ、堀越城で
家臣団の集住が進められただけで、領内の寺社・...