弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (0 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (10 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (0 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (0 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (2 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (0 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (0 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (1 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (0 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (0 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[年表] 年表・索引編 (0 件)

ソート機能:
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第二節 鎌倉幕府の東夷成敗権と得宗領津軽 五 御内人の世界
片穂家から伝領した所領
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
わう」の子、光頼嫡子資光へ譲渡された(斎藤文書、遠野南部家文書)。しかし元亨二年(
一三二二)、資光は安藤の乱鎮圧に出陣するに際して、「おやよりさきたちまいらせ候あ
いた、(中略)恐れなから」と、父光頼に譲渡され...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第二節 鎌倉幕府の東夷成敗権と得宗領津軽 五 御内人の世界
津軽曽我氏の所領・岩楯村
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
年、その行為について得宗北条貞時から外題安堵を受けている(史料五九六)。光頼は嘉暦
元年(一三二六)、安藤の乱の激戦、西浜合戦(史料六二三)に出陣するに際して(嫡子資光
は先年、安藤の乱の渦中で戦死)、光高に譲渡...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 序 例言/目次(綱文・史料一覧/出典・典拠一覧) 第一章 綱文・史料一覧 [[第一章 綱文・史料一覧]]
[[第一章 綱文・史料一覧]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
に譲る。…………………………新渡戸文書172●元応二年(一三二〇)、出羽蝦夷蜂起、元
亨二年まで続き、安藤の乱と関わる。……………………鎌倉年代記裏書172●元亨元年(一
三二一)十月十三日、平賀郡岩楯・大平賀両...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 第1章 蝦夷・津軽関係編年史料
[十四世紀]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
、尼たうしやう、平賀郡沼楯村を孫資光に譲る。●元応二年(一三二〇)、出羽蝦夷蜂起、
元亨二年まで続き、安藤の乱と関わる。●元亨元年(一三二一)十月十三日、平賀郡岩楯・
大平賀両郷の年貢。●元亨二年(一三二二)五月...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第二節 鎌倉幕府の東夷成敗権と得宗領津軽 五 御内人の世界
曽我貞光とその家族
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
しかし資光は鎌倉時代末期の安藤氏の内紛(安藤の乱・津軽大乱)に参戦して早世し(史料
六二三に「他界」とある)、光頼の他腹の子と推定される「おとはう(乙...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第二節 鎌倉幕府の東夷成敗権と得宗領津軽 六 境界の地津軽と「東夷成敗」権、そして安藤氏
安藤系図
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
戦の功労者「安藤次」の名(季信津軽守護人)がみえ、また後述する鎌倉末期の、幕府滅亡
ともかかわる有名な安藤の乱(津軽大乱)の立役者安藤又太郎季長の名が惣領名としてみえ
ることから、学界では鎌倉時代の安藤氏の世系を...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第二節 鎌倉幕府の東夷成敗権と得宗領津軽 六 境界の地津軽と「東夷成敗」権、そして安藤氏
海の民・山の民としての安藤氏
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
されるのは、山の民としての安藤氏の存在である。安藤氏が山の民であったことは、のち
に触れる鎌倉末期の「安藤の乱」(津軽大乱)鎮圧のことを「津軽山賊誅伐事」と記する文
書(史料六二五)の存在によってよく知られている...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第二節 鎌倉幕府の東夷成敗権と得宗領津軽 六 境界の地津軽と「東夷成敗」権、そして安藤氏
安藤氏の所領
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
側である外浜の名がみられないことから、外浜を安藤一族の所領とは見ない見解もある。
しかし鎌倉幕府末期の安藤の乱(後述)当時、安藤宗季派が外浜に築城したこと(史料六一
七)、外浜の伝尻八館跡の支配者が、出土品から見...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第二節 鎌倉幕府の東夷成敗権と得宗領津軽 七 蝦夷の争乱と津軽大乱
蝦夷の乱と安藤氏の乱
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
」に対して「三韓」「蒙古」と同様の「異賊」であったという異民族意識が基底にあった
からである。たしかに安藤の乱に先行して、事実として蝦夷の乱があったわけであるが、
それを中央の人々がどれくらい意識していたかについ...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第二節 鎌倉幕府の東夷成敗権と得宗領津軽 七 蝦夷の争乱と津軽大乱
安藤の乱の展開
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
出羽の蝦夷蜂起と同じ元亨二年(一三二二)春、惣領安藤又太郎季長(すえなが)とその従兄
弟五郎三郎季久(...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第二節 鎌倉幕府の東夷成敗権と得宗領津軽 八 鎌倉幕府滅亡
工藤氏の活躍
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
八ほか)。これらは女加伊寿(南部信政妻)を通じてのちに南部氏に伝領された。なお鼻和
郡・外浜の所領は、安藤の乱に際して津軽で安藤季長を捕らえたという工藤貞祐(祐貞)か
らの没収地であった。写真137陸奥国宣案
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第一節 北辺の南北朝動乱 三 南北朝期の津軽安藤氏の動向
後醍醐方につく
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
条得宗家によって蝦夷沙汰や地頭代職を受け継ぐ嫡流に取り立てられたのであったが(そ
れが鎌倉時代末期の「安藤の乱」の直接の原因であった)、最終的にはその北条氏を見限
り、後醍醐方につくこととなった。宗季は出家入道し...