弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (3 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (12 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (3 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (3 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (0 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (1 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (1 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (1 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[年表] 年表・索引編 (2 件)

ソート機能:
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第三節 蝦夷地警備と化政期の藩政 五 司法制度の整備と変遷 (二)刑罰法
安永律
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
信寧(のぶやす)代の安永二年(一七七三)に本格的な編纂が始まり、同四年八月に藩最初の
刑法典として、「安永律」が制定された。これは主として百姓・町人を対象としたもので
、犯罪種別にして一五項目、条数では九八ヵ条...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第三節 蝦夷地警備と化政期の藩政 五 司法制度の整備と変遷 (二)刑罰法
文化律
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
移住を認めたため、領内支配を一層強化する必要もあって幕府法に範を求めたともいえよ
う。「文化律」は、「安永律」・「寛政律」と同様に主として百姓・町人を対象とするも
のであった。「文化律」の編纂は、文化四年に刑法...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第三節 蝦夷地警備と化政期の藩政 五 司法制度の整備と変遷 (二)刑罰法
刑罰体系
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
ものが多いが、刑を実際に行使する段階では必ずしも幕府と同じではない。主として百姓
・町人に科せられた「安永律」「寛政律」「文化律」を中心とした刑罰体系は次のように
なっている。江戸時代の刑罰は種々の見地から分類...
新編弘前市史 資料編2(近世編1) 第3章 藩政の展開と思想
【解説】
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編2(近世編1)
応して段階的に整備されていくものだからである。したがって、第三節に一括して掲げた
。特に第一項であげた安永律・寛政律・文化律の制定は、いずれも宝暦改革や寛政改革が
行われていく社会的・経済的状況と関わりが深い。...
新編弘前市史 資料編2(近世編1) 第3章 藩政の展開と思想 第三節 司法制度の整備
[[第三節 司法制度の整備]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編2(近世編1)
安永律・寛政律・文化律の制定〔凡例〕一、安永律・寛政律・文化律の条文規定に関連
する判例は、「弘前藩庁日記」...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第三節 蝦夷地警備と化政期の藩政 五 司法制度の整備と変遷 (二)刑罰法
寛政律
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
「寛政律」(弘図古)制定の主な理由は、これまでの「安永律」では多くの犯罪に対応しき
れなくなったからである。そのため裁判に関する自分仕置権を活用して、中国法の...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第三節 蝦夷地警備と化政期の藩政 五 司法制度の整備と変遷 (二)刑罰法
刑事責任能力
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
問題となるのは、幼年者・老年者と乱心(らんしん)者である。藩では、「安永律」第四二
条(橋本久「弘前藩の刑法典(一)―安永律―」『大阪経済法科大学法学論集』六号に番号
を付してあ...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第三節 蝦夷地警備と化政期の藩政 五 司法制度の整備と変遷 (二)刑罰法
刑罰の目的
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
同様に津軽領で制定公布されなかったことである。第二に縁坐(えんざ)制が制限されたこ
とが挙げられる。「安永律」制定以前には「国日記」にみえる多数の判例によって、主人
のさまざまな犯罪に対する妻子などへの縁坐が行...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第5章 弘前城下と都市住民 第二節 都市問題の諸相 一 治安と犯罪 (二)犯罪と刑罰
高岡霊社の宝蔵・弘前城の金蔵へ侵入
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
罰は、「文化律」の項目「盗賊御仕置之事」・「御蔵之財物を盗取候者御仕置之事」の中
の規定をもとにし、「安永律」制定以前の判決例、「安永律」の項目「親殺之者御仕置」
と「寛政律」の項目「御城中江入盗致候者」の中の...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第一節 藩体制の動揺 三 乳井貢の登用と宝暦改革 (三)改革の諸政策とその展開
綱紀粛正・倹約奨励
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
始めた(同前No.九三四)。いわゆる司法制度の整備であるが、これが基礎となって、後に
藩最初の刑法典「安永律(あんえいりつ)」が安永四年(一七七五)に完成する。法令の点検
や編集が行われるということは、その時期...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第三節 蝦夷地警備と化政期の藩政 五 司法制度の整備と変遷 (一)司法制度
自分仕置
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
)あぶり)で最高刑に処せられた。津軽弘前藩の最初の刑罰法「御刑罰御定(ごけいばつお
さだめ)」(以後、安永律(あんえいりつ)と呼称。弘図郷)の規定によれば、逆罪は主殺し
・親殺しとも鋸挽(のこびき)・磔・獄門(...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第三節 蝦夷地警備と化政期の藩政 五 司法制度の整備と変遷 (一)司法制度
藩士対象の司法制度
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
当藩では、藩士に対する刑罰は、数は少ないが「安永律」・「寛政律」・「文化律」・「
文化律」((二)刑罰法参照)の規定が適用された場合があり、犯罪の審議過...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第三節 蝦夷地警備と化政期の藩政 五 司法制度の整備と変遷 (二)刑罰法
[[刑罰法]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
書として「御仕置箇条」(弘前市立図書館蔵牧野家文書)が作成された。これは成立年代が
不明ではあるが、「安永律」の制定直前の過渡的な刑法書の一つである。
新編弘前市史 通史編2(近世1) 史料解題
二〇 安永律(あんえいりつ)
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
安永二年(一七七五)に本格的に編纂が始まり、同四年に完成した藩最初の刑法典。その背
景には宝暦改革にお...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 史料解題
二一 寛政律(かんせいりつ)
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
寛政九年(一七九七)に制定された津軽弘前藩の刑法典。犯罪の増加と多様化に対して安永
の刑罰体系では対応しきれなくなり、寛政改革の一環として制定された。中国法の明律
(みんりつ)を基礎とし...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第5章 弘前城下と都市住民 第二節 都市問題の諸相 一 治安と犯罪 (二)犯罪と刑罰
放火
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
)の小山次郎太夫(おやまじろうだゆう)より火罪を申し渡された(資料近世1No.一〇一一)
。これは、「安永律」の第四項目「火附御仕置」中の「一、火を附候者、男女不限火罪、
但、乱心酒狂ニ而火を附るといふ共火罪相...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第5章 弘前城下と都市住民 第二節 都市問題の諸相 一 治安と犯罪 (二)犯罪と刑罰
恩を仇で返し殺害・盗み
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
近世1八七九~八八〇頁)。これは恩を仇で返した、人間にあるまじき行為として糾弾され
たものであろう。「安永律」の第六項「盗賊之者御仕置」の中の「一、盗ニ入其家之者ニ
疵付殺害候者ハ、引廻之上獄門」の規定そのまま...
新編弘前市史 資料編2(近世編1) 序 はじめに・例言・目次
新編 弘前市史 資料編2(近世編1) 目次
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編2(近世編1)
…………………八四九第三節司法制度の整備……………………………………………………
………………八七八一安永律・寛政律・文化律の制定…………………………………………
…………八七八二揚屋御条目…………………………...