弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (2 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (14 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (7 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (7 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (18 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (0 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (2 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (2 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (1 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (1 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[年表] 年表・索引編 (1 件)

ソート機能:
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第四節 戦国津軽とその終焉 四 戦国期津軽の農村と都市と城館跡 (二)大浦氏の城と城下町の流れ
大浦城大浦城下町
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
大浦為信が津軽地方を掌握するための拠点としたのが、鼻和郡大浦を中心とした地域であ
大浦城である。「大浦城」は文亀二年(一五〇二)三戸南部氏安信(やすのぶ)が、種里城
の光信に大浦城を築かせ、...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 第3章 弘前地域の中世城館 第三節 大浦城跡 五 大浦城と「城下」の構造
[[大浦城と「城下」の構造]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
大浦城は戦国大名大浦氏の居城であり、天正十八年(一五九〇)~文禄三年(一五九四)の五
年間は、近世大名津軽氏...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 第3章 弘前地域の中世城館 第三節 大浦城跡 四 城館の構造
[[城館の構造]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
大浦城跡は、慶安二年(一六四九)の「津軽領分大道小道磯辺路并船路之帳」(弘前市立図
書館蔵八木橋文庫、以下「...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 第3章 弘前地域の中世城館 第三節 大浦城跡 一 大浦城の立地と現状
[[大浦城の立地と現状]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
大浦城跡は、弘前城の西方およそ四・三キロメートル、中津軽郡岩木町五代字早稲田(旧
門前村)にあり、同町賀田(...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第三節 九戸一揆と肥前名護屋への出陣 三 大浦から堀越への移転~西根から東根へ
大浦城の構造
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
大浦城を含む中世の当地城は鼻和郡大浦郷に属し、津軽平野西部の岩木山麓に位置するこ
とから「西根(にしね)」と...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 第3章 弘前地域の中世城館 第三節 大浦城跡 二 大浦城の歴史
[[大浦城の歴史]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
花輪郡賀田郷」の地に築城、「大浦ノ城」と名付け、嫡子盛信を置いた(「前代歴譜」)。
これが記録に見える大浦城の最初である。その後、大永六年(一五二六)、大浦氏の初代光
信は種里城に没し、光信の嫡子盛信が大浦城に...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 序 例言/目次(綱文・史料一覧/出典・典拠一覧) 新編 弘前市史 資料編1-2 古代・中世編 目次 [[新編 弘前市史 資料編1-2 古代・中世編 目次]]
[[新編 弘前市史 資料編1-2 古代・中世編 目次]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
……………………………………四四六五縄張りからの問題点…………………………………
…………四六四第三節大浦城跡………………………………………………………四六六一
浦城の立地と現状………………………………………...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 第3章 弘前地域の中世城館 第三節 大浦城跡 三 大浦城「縄張り」の復元
[[大浦城「縄張り」の復元]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
先に述べたように、現在の大浦城跡は破壊が進んでおり、そのままでは旧状復元は難しい
。そのため次の諸資料を現状と合わせ用い、縄張り図の...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第四節 戦国津軽とその終焉 五 戦国動乱の激化と城館群 (四)中世城館のネットワーク
大浦城築城以前の城館跡
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
大浦城が築城される以前の大浦城周辺では、新岡(にいおか)地域を中心とした城館のネッ
トワークが存在していた可...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第四節 戦国津軽とその終焉 四 戦国期津軽の農村と都市と城館跡 (二)大浦氏の城と城下町の流れ
大浦氏の城下町建設の流れ
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
(やすのぶ)は、弟の高信(たかのぶ)を津軽郡代とし、平賀郡石川城に入部させた。同年、
種里城の光信には大浦城を築城させ鼻和郡の本拠地とさせた。光信は大浦城に長子の盛信
(もりのぶ)を置いて(史料八七七)、大浦氏...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第三節 九戸一揆と肥前名護屋への出陣 三 大浦から堀越への移転~西根から東根へ
三戸南部氏の津軽進出と大浦築城
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
中世No.八七七)とあり、文亀二年(一五〇二)、種里城主南部光信は嫡男盛信(もりのぶ)を
新たに築いた大浦城に置いた。天文十五年(一五四六)に浪岡御所北畠(なみおかごしょき
たばたけ)氏が作成したといわれる「津...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 第3章 弘前地域の中世城館 第一節 本章のねらい 二 本章で取り上げる中世城館跡
[[本章で取り上げる中世城館跡]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
。もちろん、弘前の中世史に密接なかかわりを持つ城館は、以上にとどまらない。市域外
であっても、岩木町の大浦城跡、平賀町の大光寺城跡、藤崎町の藤崎城跡など、この地方
の歴史に大きな意味を持った城館は少なくない。し...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第四節 戦国津軽とその終焉 四 戦国期津軽の農村と都市と城館跡 (二)大浦氏の城と城下町の流れ
堀越城と城下町
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
堀越城は、文禄三年(一五九四)に大浦為信が大浦城から堀越に本拠地を移し、慶長十六年
(一六一一)に二代信枚が高岡城(弘前城)に移るまでの十七年間、津軽...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第四節 戦国津軽とその終焉 五 戦国動乱の激化と城館群 (五)発掘調査から見た遺跡
大浦氏関係の中世城館跡
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
鯵ヶ沢町種里城跡や岩木町大浦城跡などは開発に伴う発掘調査が行われている。種里城跡
においては主曲輪から束になった銭(備蓄銭か)や、光...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第三節 九戸一揆と肥前名護屋への出陣 三 大浦から堀越への移転~西根から東根へ
堀越城への移転
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
六)によれば、為信は、文禄三年(一五九四)、岩木川東岸の堀越城を居城たるにふさわし
いよう修復を加え、大浦城から堀越城へ居城を移転した。その際、神社・仏閣・諸寺院、
家中諸士屋敷・商工居宅をも同時に移転させた。...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 第3章 弘前地域の中世城館 第五節 国吉館跡・坂本館跡と東目屋の城館群 五 東目屋地区の中世城館の特徴
[[東目屋地区の中世城館の特徴]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
いうことで、済まされてきたように思う。だが、今回の調査を通して浮かび上がったのは
、大浦氏が本拠とした大浦城との関係であり、さらに、この地が津軽平野と西浜との間の
交通路を押さえる戦略的要地であったことだった。...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) [付図]
[[付図]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
石川城縄張り推定復元図乳井茶臼館縄張り推定復元図大浦城縄張り推定復元図大浦城及び
城下推定復元図国吉館縄張り推定復元図坂本館縄張り推定復元図堀越城縄張り推定...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第四節 戦国津軽とその終焉 五 戦国動乱の激化と城館群 (三)当市域内の中世城館跡
支城の城館跡
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
そうえもん)としている。関惣右衛門は「十二人屋形城衆」の中の「城代」とされている
ことから、国吉館跡が大浦城周辺の中世城館跡の中でも極めて重要な位置を占めていたこ
とがうかがえる。国吉が東目屋盆地の中心集落であ...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第8章 藩政期の文化 第三節 宗教と信仰 二 寺院 (六)曹洞宗の寺院
長勝寺
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
光信の戒名「長勝降栄大居士」によった(資料近世2No.四〇五・四一四)。為信の時に種里
から堀越城下・大浦城下と移転し、寺領二〇〇石の寄進を受けた。このため、為信を中興
の開基とする。慶長十五年(一六一〇)、弘...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 第3章 弘前地域の中世城館 第二節 石川城跡 二 石川城の歴史
(2)戦国時代の「石川城(石川大仏ケ鼻城)」
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
里城に、明応七年(一四九八)には、南部弾正康時を外が浜堤浦に入部させ、さらに文亀二
年(一五〇二)には大浦城を築いて、南部光信の子盛信を置いた(「前代歴譜」)。こうして
南部氏の勢力は大きく津軽に及ぶようになっ...