弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (0 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (7 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (0 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (0 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (0 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (1 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (0 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[年表] 年表・索引編 (0 件)

ソート機能:
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第三節 西廻り海運と上方市場 一 西廻り海運の発展~北国海運から西廻り海運へ
西廻海運による大坂廻米
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
出の必要から、蔵米販売とは別に、廻米と金融とを結びつけることとなった。たとえば、
京都の井川善五郎は、大坂廻米が行われる寛文十二年(一六七二)以前から弘前藩とのつき
あいがあり(印牧前掲論文)、延宝七年(一六七九...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第三節 西廻り海運と上方市場 一 西廻り海運の発展~北国海運から西廻り海運へ
上方廻米
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
される以前は、敦賀と大坂の両方に廻着していた。なお、同年以後も敦賀・大津への廻米
は断続的に実施され、大坂廻米の補足的な役割を果たしていたという(印牧信明「津軽藩
における成立期の大坂廻米について」『交通史研究』...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第一節 確立期における藩政の動向 四 元禄九年の家臣召し放ちと支配機構の再編
信政晩年の藩政
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
;  348. 3江戸扶持米代竹内与兵衛取替分 1,749.大坂廻米40,000.
江戸扶持米10,000.蔵田屋・万屋・早野・大原・九屋返済米23,858. ...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第一節 藩体制の動揺 三 乳井貢の登用と宝暦改革 (三)改革の諸政策とその展開
銀遣いへの変更と商人の活用
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
て乳井貢ら御調方役所の認識にあったのは、江戸入用金が上方からの送金によって賄われ
ていたことであった。大坂廻米が始まって以来、蔵元(くらもと)との関係ができ、領内の
金銀を上方(かみがた)に送って銭と替え、それを...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第四節 天保の飢饉と藩政 二 藩財政の窮乏と流通統制 (一)藩財政の窮乏
江戸市場への傾斜
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
価を引き下げようとする幕府の政策の影響がみられる。これを裏付けるように、藩は、文
化二年(一八〇五)に大坂廻米三万五五五石余を江戸廻しにして、計六万九九一八石に増石
することに定めた。江戸での常用金も増加する傾向...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第四節 天保の飢饉と藩政 二 藩財政の窮乏と流通統制 (一)藩財政の窮乏
幕末期の藩財政
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
方の支出のうち、家中への知行切米・扶持の合計は五万三〇三四石(歩引渡をしている)、
江戸廻米は五万石、大坂廻米は一万石で、文化期よりさらに江戸への廻米量が増している
。さらに五万両の返済のための代米が五万七八〇〇...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第五節 安政の開港と蝦夷地警備 一 開港と武備の充実
幕末期の蝦夷地交易
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
ずであった。この計画自体は津軽弘前藩側が米の安定供給に自信を持てなかったため実現
しなかったが、江戸・大坂廻米を最優先させねばならなかった幕藩体制下の経済構造に、
大きな変換の可能性を示したものであった。やがて幕...