弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (0 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (10 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (0 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (0 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (1 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (1 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (9 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (1 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (0 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (0 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (1 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (1 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (0 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (1 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[年表] 年表・索引編 (1 件)

ソート機能:
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第三節 津軽平野南部の地形発達 二 弘前市街地の地形
広野面
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
大和沢川の一野渡を扇頂部として、松原面、原ヶ平面、広野面、そして清野袋面の各面は
舌状に張り出し北~北東方へと...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第三節 津軽平野南部の地形発達 三 津軽平野南部の地形発達
[[津軽平野南部の地形発達]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
る地形発達およびその構成層の概要をボーリング資料に基づいて記述してきた。総じて、
平川、浅瀬石川および大和沢川の各流域には、山地および丘陵から供給された砂礫を主体
とした膨大な扇状地性の堆積物と、十和田カルデラに...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第五節 山地と丘陵の生い立ち 五 日本列島の土台ができた時代
弘前でみられる最古の地層
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
弘前市内で最も奥まったところである大和沢川の上流部は、久渡寺山や毛無山(けなしや
ま)に挟まれて、深い谷川が長く続いている。大和沢川の源頭(げん...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第三節 津軽平野南部の地形発達 二 弘前市街地の地形
桔梗野面
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
鬼沢・貝沢・大森などが位置している。市街地に分布する桔梗野面は弘前盆地南縁に開析
扇状地として展開し、大和沢川より北側に広く分布している。また、岩木川以北では津軽
平野にほぼ並行する段丘として展開し、一部は火砕流...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第三節 津軽平野南部の地形発達 二 弘前市街地の地形
城東面
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
ト層や砂礫層の堆積のほかに、古懸浮石流凝灰岩と駒木浮石流凝灰岩に相当する軽石質砂
層も確認されている。大和沢川から土淵川にかけては、面上に小比内(さんぴない)・豊田
(とよだ)・城東・松ヶ枝(まつがえ)・堅田(か...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第1章 地形と地質 第2節 地質系統一覧 65.大和沢川※Ⅰ)(やまとざわがわそう)
[[大和沢川※Ⅰ)(やまとざわがわそう)]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
箕浦(1989)の命名による。模式地は、弘前市大和沢川(おおわさわがわ)中流部。模式地の
ほかに、中泊沢周辺に広く分布する。岩相は、主に片理の発達した泥質岩...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第三節 津軽平野南部の地形発達 二 弘前市街地の地形
市街地の地形区分
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
し、岩木川以北にあっては岩木川流域および丘陵周縁に沿って集落が点在している。市街
地の位置する扇状地は大和沢川流域の一野渡(いちのわたり)付近をほぼ扇頂部とする、幅
五~六キロメートルの弧状の分布を示し、標高三五...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第三節 津軽平野南部の地形発達 二 弘前市街地の地形
清野袋面
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
少の高度差が認められる程度であるが、現氾濫原である城西面とは二~四メートルの急崖
が認められる。なお、大和沢川流域にあっては舌状の分布を示し大和沢川の氾濫によって
形成されたものである。面上には清水森、堀越などが...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第四節 平野の地下地質 二 浅部の地質
[[浅部の地質]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
八〇)によれば、段丘堆積物(山田野層)は細~中礫を含む粘土礫で構成されるとしている
。扇状地堆積物は、大和沢川・平川・浅瀬石川の扇状地地形が認められる地域の下流側の
地下に分布する。それぞれ一〇〇メートル、二〇〇...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第四節 平野の地下地質 三 深部の地質
地下水系
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
の浅瀬石川水系にオーバーラップする地下水系が考えられる。弘前市街地および弘前市東
部では弱アルカリ泉で大和沢川水系に、また、平賀町南部では弱アルカリから中性泉で唐
竹川水系にオーバーラップする地下水系が認められる...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第五節 山地と丘陵の生い立ち [[山地と丘陵の生い立ち]]
地層に記録された過去の出来事
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
や日本列島形成に要した数億年の歴史に比べると、わずかな時の経過にすぎない。弘前市
で最も南に位置する、大和沢川の上流をさかのぼった標高一〇〇〇メートルに近い尾根は
、秋田県との県境となっている。この尾根を中心とす...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第2章 明治後期の弘前 第一節 弘前市の誕生 五 弘前政党人の活躍
道路改修問題と佐和知事
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
停車場道、国幣車道、黒石道は郡費市費の半額補助だった。河川工事では岩木川、平川、
浅瀬石川は全額県費、大和沢川、大峰川、栩内川、相馬川が半額補助だった。なお、弘前
停車場道は明治三十二年に県費によって新開道が完成...
新編弘前市史 通史編5(近・現代2) 第七章 都市計画と市民生活基盤の整備 第五節 災害との闘い 一 岩木川の氾濫と大水害
度重なる大水害
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編5(近・現代2)
らしたのである。三日午前四時五分、青森地方気象台は「大雨洪水警報」を出した。だが
すでに岩木川、平川、大和沢川が氾濫し、各地で水害が生じていた。午前四時、市当局は
市役所内に水害対策本部を設置して応急救助など諸対...
新編弘前市史 資料編1(考古編) [序] 新編 弘前市史 資料編1-1 考古編 目次
[[新編 弘前市史 資料編1-1 考古編 目次]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
.前田野目層60.松木平層61.萬左衛門山層62.三ツ目内川層63.三ツ森安山岩64.山田野層65
.大和沢川層66.湯口山層67.六萬平層参考文献・用語の解説……………………………39第3
節東北日本弧の古地理...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第1章 地形と地質 第1節 地質の概要
[[地質の概要]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
弘前地域における最も古い地層は、大和沢川上流から西股山にかけて分布するチャートや
粘板岩類である。これらの岩石は、先新第三系*4(大沢,196...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第1章 地形と地質 第2節 地質系統一覧 31.砂子瀬層Ⅲ)(すなこせそう)
[[砂子瀬層Ⅲ)(すなこせそう)]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
岩井(1965)の命名による。模式地は、西目屋村砂子瀬の岩木川流域。大和沢川・栩内川上
流・藍内川中流・作沢川中流舟打鉱山周辺・岩木川中流の村市・砂子瀬・川原平などにか
けて帯状に...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第1章 地形と地質 第2節 地質系統一覧 50.西股山層Ⅰ)(にしまたやまそう)
[[西股山層Ⅰ)(にしまたやまそう)]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
箕浦(1989)の命名による。模式地は、弘前市西股山。西股山周辺から北方の毛無山にかけ
て、大和沢川及び深山沢の各上流部に分布する。岩相は、層状チャートから成る。ペルム
紀・三畳紀のコノドント*55化石...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第5章 弘前市内の主な遺跡 第1節 縄文・弥生の遺跡
1.沢部Ⅱ号遺跡
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
(遺跡番号02002)(図1)(1)所在地弘前市大字小栗山字沢部225-8(2)遺跡の立地大和沢川
岸の丘陵上に立地し、標高約130mを測る。遺跡の南約200mを隔て小栗山神社がある。(3)
調査の経...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第5章 弘前市内の主な遺跡 第1節 縄文・弥生の遺跡
2.天王沢遺跡
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
所在地弘前市大字小栗山字沢部226-58(2)遺跡の立地沢部Ⅱ号遺跡が立地する丘陵西側を
深く開析した大和沢川支流の天王沢右岸に位置し、標高約110mを測る。(3)調査の経緯当
該遺跡は沢部Ⅱ号遺跡と同様に、俗称...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第5章 弘前市内の主な遺跡 第2節 古代の遺跡
1.中野遺跡
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
(遺跡番号未登録)(図32~34)(1)所在地弘前市中野四丁目(2)遺跡の立地平川の支流大和沢
に開析された段丘上に立地している。なお、本遺跡と時期的に重複する近接した遺跡に
蕨手刀が出土した門外遺...