弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (0 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (1 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (6 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (0 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (0 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (10 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (1 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (0 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (0 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (1 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (1 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (0 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (0 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[年表] 年表・索引編 (0 件)

ソート機能:
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第5章 弘前市内の主な遺跡 第3節 中世・近世の遺跡
1.境関館遺跡
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
側からⅠ郭、Ⅱ郭、Ⅲ郭というように富岳神社までの範囲で任意の名称を付け、調査に当
たった(図102)。境関館遺跡航空写真(1979・11・12撮影)図101境関館遺跡の地形図102
関館遺跡の概要(3)発見の経緯...
新編弘前市史 資料編1(考古編) [序] 資料編1「考古編」掲載図・表・写真一覧
[[資料編1「考古編」掲載図・表・写真一覧]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
の構造図119原古墳群出土遺物図120東北地方南部以南から津軽地方に搬入された土師器・
須恵器図121境関館遺跡に搬入された北陸産の須恵器図122古代の陶磁器(灰釉陶器,白磁
,青磁)図123古代の陶磁器(須恵器系...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第3章 古代 第3節 飛鳥・奈良・平安時代 5.古代の交易・交流 (1)東北地方南部以南との交易・交流 [[東北地方南部以南との交易・交流]]
[[東北地方南部以南との交易・交流]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
らも指摘されている。また、土師器甕の一部には「北陸型甕」と称される丸底で外面叩き
成形したものも弘前市境関館遺跡や尾上町李平下安原遺跡で出土している。図121境関館
遺跡に搬入された北陸産の須恵器また、鉄生産もこの...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第三節 南北交易と「境界地域」津軽 三 中世の道具と生産
[[中世の道具と生産]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
な地域にある場合とない場合があり、後者では素材鉄そのものを交易によって入手しなけ
ればならない。弘前市境関館遺跡の井戸跡(SE〇三)から出土した鉄鋌(てい)状鉄製品(図50
)は、これまで遺跡の出土例が少ないためそ...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) [後付] 掲載図版・写真の典拠・所蔵一覧
[[掲載図版・写真の典拠・所蔵一覧]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
『史跡浪岡城跡環境整備基本構想』1984年浪岡町教育委員会刊・『青森県埋蔵文化財調査
報告書第102集境関館遺跡』1987年・『青森県埋蔵文化財調査報告書第129集中崎館遺跡』
1990年青森県教育委員会刊図55『...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第4章 中世・近世 〈注一覧…第4章〉
[[〈注一覧…第4章〉]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
50)荒川正明「蓬田大館遺跡」(早稲田大学文学部考古学研究室報告)1987年51)青森県教育
委員会『境関館遺跡』(青森県埋蔵文化財調査報告書第102集)1987年52)八戸市教育委員会
『史跡根城跡発掘調査報告書...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第2章 津軽の原始時代 第一節 青森県の考古学研究史 五 第Ⅲ期…緊急発掘の時代
第一節 注および引用・参考文献
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
独狐遺跡発掘調査報告書』(青森県埋蔵文化財調査報告書九九)一九八六年三月(140)青森
県教育委員会『境関館遺跡発掘調査報告書』(青森県埋蔵文化財調査報告書一〇二)一九八
七年三月(141)青森県教育委員会『荼毘館...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第3章 古代蝦夷の時代 第四節 考古学からみた平安時代の津軽 一 農耕社会の定着
地方色を顕す古代の津軽地方
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
(だびだて)遺跡の出土遺物が知られている。一二世紀中葉から後半の遺跡の大半は津軽地
方に集中し、弘前市境関館遺跡・浪岡城内館跡・青森市内真部(うちまっぺ)遺跡・蓬田村
大館遺跡・市浦村十三湊遺跡などが知られている。...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第3章 古代蝦夷の時代 第四節 考古学からみた平安時代の津軽 四 擦文文化との交流
本州の擦文文化の実態
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
遺跡の竪穴住居跡、焼土遺構、溝跡、一一世紀代を主体とする荼毘館(だびだて)遺跡第一
〇一号竪穴住居跡や境関館遺跡、あるいは後に触れる中崎館遺跡でもこの類の土器が出土
している。なお、終末期に位置付けられる横走沈線文...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第一節 中世的北方世界の開幕 四 中世前期の交易
埋納銭の出現
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
、宗教的な観点から意図的に埋めたと考えられる事例もあるが、中崎館・荼毘館・独狐遺
跡などの発見事例は、境関館遺跡の井戸跡出土例(写真86)を除けばほとんどが遺構を確認
した面と同じ、当時の生活面からのものであり、日...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第四節 戦国津軽とその終焉 五 戦国動乱の激化と城館群 (三)当市域内の中世城館跡
その他の城館跡
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
た中崎(なかさき)館跡(中崎館遺跡)や、一五世紀から一六世紀にかけて使われた境関(さ
かいぜき)館跡(境関館遺跡)など、戦国時代以前の城館跡なども存在している。
新編弘前市史 資料編1(考古編) [序] 新編 弘前市史 資料編1-1 考古編 目次
[[新編 弘前市史 資料編1-1 考古編 目次]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
遺跡…………………………………………576第3節中世・近世の遺跡…………………………
………5881.境関館遺跡………………………………………5882.堀越城跡……………………
……………………6193.野脇遺跡…...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第3章 古代 第3節 飛鳥・奈良・平安時代 1.各時代の概観
(4)12世紀代
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
の時期は、奥州藤原氏の隆盛期に当たる。この時代の本県の遺跡は、青森市内真部(うち
まっぺ)遺跡、弘前市境関館遺跡、浪岡城内館跡、市浦村十三湊遺跡、弘前市中崎館遺跡
、蓬田村蓬田大館遺跡などの16遺跡で、そのほとんど...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第3章 古代 第3節 飛鳥・奈良・平安時代 3.古代の生産活動と生活用具 (3)土器生産 〈1〉津軽地方の土師器と擦文土器
[[津軽地方の土師器と擦文土器]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
表3本州の擦文土器出土遺跡一覧(左右ページ対応)番号遺跡名所在地遺跡の種類出土遺物
伴出遺物時期備考1境関館遺跡弘前市境関字富岳集落?甕10C~11C2独狐遺跡〃独狐字独狐
森?防御性集落〃10C後~11C3中崎館...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第3章 古代 〈注及び参考文献一覧…第3章〉
[[〈注及び参考文献一覧…第3章〉]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
1986年*249福田友之「平内町横峰貝塚発見の遺物」(遺址5)1985年*250青森県教育委員会
境関館遺跡発掘調査報告書』(青森県埋蔵文化財調査報告書第102集)1987年*251青森県
教育委員会『山本遺跡...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第4章 中世・近世 第2節 中世・近世の考古学研究略史
[[中世・近世の考古学研究略史]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
に、中世・近世関係遺跡調査が県教育委員会埋蔵文化財センターによって相次いで行われ
た。独狐遺跡*30、境関館遺跡*31、荼毘館遺跡*32、中崎館遺跡*33、野脇遺跡*34、の各
遺跡では、県内でも珍しいほど12世紀...
新編弘前市史 資料編1(考古編) [付図]
[[付図]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
2100船水館弘前市大字船水字横船城館跡歴史02101藤代館弘前市大字藤代一丁目城館跡歴
史02102境関館遺跡弘前市大字境関字富岳城館跡室町02103福村古館弘前市大字福村字俵元
城館跡歴史02104乳井城弘前市...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) [後付]
参考文献(第四章に関連する主要文献・論文-各節の文中で記述したものは除く)
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
)(22)青森県教育委員会「独狐遺跡」(青森県埋蔵文化財調査報告書99集)(23)青森県教育
委員会「境関館遺跡」(青森県埋蔵文化財調査報告書102集)(24)青森県教育委員会「荼毘
館遺跡」(青森県埋蔵文化財調査...