弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (0 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (72 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (4 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (0 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (2 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (1 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (41 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (0 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (0 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (4 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (1 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (0 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (0 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[年表] 年表・索引編 (0 件)

ソート機能:
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第五節 山地と丘陵の生い立ち 一 海の時代の終焉と古いカルデラの活動
大規模な海底地滑りの痕跡
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
泥を堆積していたこの海は、引き続いて砂が堆積する浅い海へと環境が変化する直前に、
激しい地殻変動を受けた。この...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第1章 地形と地質 第2節 地質系統一覧 〈用語の解説…第2節〉
[[〈用語の解説…第2節〉]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
良質である。過助剤・吸収剤・研磨剤などに利用される。*4溶結凝灰岩…火砕岩の一種で
、構成する火砕物が堆積当時高温を保っていたために互いに溶結したもの。溶結前の構成
物質の大部分が火山灰から成る。その多くは、...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第三節 津軽平野南部の地形発達 一 平野南縁の地形
平賀面
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
・柏木町・町居・新館・沖館などが位置する。平賀面は、おそらく黒石面が浸食された平
川流域を、扇状地性の堆積物と火砕流堆積物で新たに埋積し、また舌状にとり残された黒
石面を覆うように形成されたものと思われる。一...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第三節 津軽平野南部の地形発達 三 津軽平野南部の地形発達
[[津軽平野南部の地形発達]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
川、浅瀬石川および大和沢川の各流域には、山地および丘陵から供給された砂礫を主体と
した膨大な扇状地性の堆積物と、十和田カルデラに起因する火砕流堆積物を構成層とする
複合扇状地が形成された。高位の黒石面や松原面...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第三節 津軽平野南部の地形発達 一 平野南縁の地形
花巻面
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
周縁では確認していない。図22は花巻面上の石名坂浄水場のボーリング資料であるが、丘
陵を構成する火砕流堆積物である軽石質凝灰岩と、これを不整合に覆う段丘砂礫層(厚さ
約六メートル)が認められる。砂礫層の上位に...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第五節 山地と丘陵の生い立ち 五 日本列島の土台ができた時代
付加体堆積物の形成とメランジ
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
海洋プレートが運んで来た堆積物は、海洋プレートが海溝へ沈み込む時に一緒に巻き込ま
れて地球の中へ消えてしまうのだろうか。海洋プレー...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第三節 津軽平野南部の地形発達 一 平野南縁の地形
黒石面
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
砂層(N値(15)二八~三一)で、底部には軽石粒混じりの砂礫層(厚さ約二メートルで、N値
五〇以上)が堆積している。一方、下半部は異質礫の混入が少ない、粘土化した軽石粒の
混入が目立つ黄褐色砂質凝灰岩(N値二...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第五節 山地と丘陵の生い立ち 一 海の時代の終焉と古いカルデラの活動
海辺に堆積した火砕流
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
地層の様子を柱状図として表したのが図50である。柱状図には、地層の重なり順序ととも
に、地層を構成する堆積物の様々な特徴が表現されている。それぞれの地層の示す特徴を
下位から上位の地層に向かって順次読み解くこ...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第二節 岩木火山発達史 四 岩木火山発達史
第三期
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
山を構成する安山岩質溶岩(赤倉沢の標高約1300m付近)一方、山麓から外縁の丘陵にかけ
ては岩屑なだれ堆積物を不整合に覆う形で、鍵層となる黄褐色ラピリ(16)質軽石層(厚さ
三〇~五〇センチメートル)が数枚堆...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第三節 津軽平野南部の地形発達 一 平野南縁の地形
駒木浮石流凝灰岩
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
大鰐町駒木の駒木沢で確認した火砕流堆積物は、軽石粒および亜角礫~亜円礫の本質的な
岩片が密集していて、堅固で淘汰不良の砂質凝灰岩である。流下...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第二節 岩木火山発達史 三 地形分類
扇状地周縁の地形
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
状の配置をなしている。基盤岩を覆う黄金山層など第四系からなり、特に先岩木火山の火
山活動による噴出物も堆積している。北側の丘陵は五キロメートル以上の幅をもち、北麓
の火山麓扇状地とほぼ同じ高度を保っているが、...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第二節 岩木火山発達史 四 岩木火山発達史
第一期
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
値を報告している。また、従来寄生火山として取り扱ってきた西麓の黒森が古岩木火山噴
出物および岩屑なだれ堆積物で覆われることから(塩原・岩木山団研、一九八〇)、北麓の
鍋森山や笹森山、南麓の森山も同様に先岩木火...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第三節 津軽平野南部の地形発達 一 平野南縁の地形
古懸浮石流凝灰岩
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
ろうじ)・苦木(にがき)・蔵館(くらだて)・長峰(ながみね)など、平川の上流部には断片
的ながら火砕流堆積物からなる台地が分布している。台地は河床面から約二〇~三〇メー
トルの高度差が認められ、平野寄りの大鰐...
新編弘前市史 資料編1(考古編) [口絵]
[[口絵]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
扇状地上に展開していて、北西端には弘前城が位置している。〔岩木山北東麓に位置する
十面沢円頂丘群〕泥流堆積物からなる流れ山とも言われているこの円頂丘群は輝石安山岩
質溶岩及び同質火砕岩からなり、岩木山より古い...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第三節 津軽平野南部の地形発達 二 弘前市街地の地形
原ヶ平面
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
原ヶ平面は、松原面上を刻む河川が駒木浮石流凝灰岩に相当する軽石質砂層と砂礫など氾
濫性の堆積物で埋積されて形成されたものである。面上には南から原ヶ平・中野・三岳・
豊原・富田・大富町・土手町・大...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第五節 山地と丘陵の生い立ち [[山地と丘陵の生い立ち]]
地層に記録された過去の出来事
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
平野をつくっている広い低地へ続く。この台地と平野は、岩木(いわき)川や平(ひら)川が
運んできた土砂が堆積してできた、まだ固まっていない堆積物からなる。しかし、市街地
を取り囲む丘陵や山地は(写真42)、遠い...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第五節 山地と丘陵の生い立ち 一 海の時代の終焉と古いカルデラの活動
カルデラ内の堆積
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
と、カルデラ壁や中央火口丘などの高い所から風化、侵食により崩れてできた土砂は、雨
水や風で運ばれた後に堆積し、扇状地を形成した。特に大雨が降ると、大量の土砂が流れ
出し、勢いの強い流れは扇状地の表面をえぐった...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第五節 山地と丘陵の生い立ち 五 日本列島の土台ができた時代
太平洋プレート以前のこと
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
えていった。したがって、座頭石をはじめとする弘前市の南部でみられるチャートや泥岩
メランジなどの付加体堆積物は、イザナギプレートが一億年以上かかって、はるか南方か
ら運んできた深海堆積物ということになる。図5...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第二節 岩木火山発達史 四 岩木火山発達史
第二期
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
ている。おそらく、「磐梯式噴火」の水蒸気爆発で古岩木火山の山頂部が大崩壊し、山麓
に岩屑なだれが流下し堆積したと考えられる。特に、北麓への流下量が多く鳴沢川の河口
付近まで達している。鈴木(一九七二)は、この...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第三節 津軽平野南部の地形発達 一 平野南縁の地形
常盤面
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
測定値が得られていることから(山口、二〇〇〇a)、これらの埋積物は約六〇〇〇年前の
縄文海進にともなう堆積物と思われる。ボーリング資料によると、引座川近くの平賀町消
防署21(四一メートル)では、最上部に厚さ...