弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (2 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (1 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (2 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (16 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (9 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (7 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (1 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (10 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (17 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (1 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (1 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (2 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (3 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (3 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (1 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (2 件)

[年表] 年表・索引編 (4 件)

ソート機能:
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第四節 戦国津軽とその終焉 四 戦国期津軽の農村と都市と城館跡 (二)大浦氏の城と城下町の流れ
堀越城と城下町
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
堀越城は、文禄三年(一五九四)に大浦為信が大浦城から堀越に本拠地を移し、慶長十六年
(一六一一)に二代信枚が...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 第3章 弘前地域の中世城館 第四節 堀越城跡 五 堀越城下(都市としての堀越)の構造
[[堀越城下(都市としての堀越)の構造]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
堀越城の在り方を考える際、重要な問題として城と町場のかかわりがある。堀越城は津軽
藩の最初の政庁であり、そこ...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第5章 弘前市内の主な遺跡 第3節 中世・近世の遺跡
2.堀越城
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
。県内で行われた初めての中世城館調査であったが、バイパス路線内という限定された調
査であったことから、堀越城の全体像を把握できる所まで至らなかった。(5)歴史環境資
料編1-2「第3章弘前地域の中世城館」参照(...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 第3章 弘前地域の中世城館 第四節 堀越城跡 四 城館の構造
[[城館の構造]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
慶安二年(一六四九)の「津軽領分大道小道磯辺路并船路之帳」には、「堀越古城」として
堀越城の規模と概要が記されている。それによれば、堀越古城但平城大道筋一、本丸之
内東之方卅間、南廿壱間、西廿...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 第3章 弘前地域の中世城館 第四節 堀越城跡 一 堀越城の立地と現状
[[堀越城の立地と現状]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
堀越城跡は、弘前市街から旧国道七号を通って石川に至るほぼ中間、市内堀越字川合・柏
田にある。城域の規模は東西...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第三節 九戸一揆と肥前名護屋への出陣 三 大浦から堀越への移転~西根から東根へ
堀越城への移転
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
「津軽一統志」(資料近世1No.五六)によれば、為信は、文禄三年(一五九四)、岩木川東岸
堀越城を居城たるにふさわしいよう修復を加え、大浦城から堀越城へ居城を移転した。
その際、神社・仏閣・諸寺院、...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第三節 九戸一揆と肥前名護屋への出陣 三 大浦から堀越への移転~西根から東根へ
堀越城の構造
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
堀越城跡は、弘前市街から旧国道七号を通って石川に至るほぼ中間、市内堀越字川合・柏
田にある。城域の規模は東西...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第三節 九戸一揆と肥前名護屋への出陣 三 大浦から堀越への移転~西根から東根へ
堀越城の限界性
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
蔵(おざききぞう)・板垣兵部(いたがきひょうぶ)・多田玄蕃(ただげんば)の三人の重臣が
謀反を起こし、堀越城がいとも簡単に陥落するという事件が起きた。「津軽一統志」(資
料近世1No.八二)は、この時の状況を次...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 序 例言/目次(綱文・史料一覧/出典・典拠一覧) 新編 弘前市史 資料編1-2 古代・中世編 目次 [[新編 弘前市史 資料編1-2 古代・中世編 目次]]
[[新編 弘前市史 資料編1-2 古代・中世編 目次]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
……………………………………四七四五大浦城と「城下」の構造……………………………
…………四七九第四節堀越城跡………………………………………………………四八四一
越城の立地と現状………………………………………...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 第3章 弘前地域の中世城館 第四節 堀越城跡 二 堀越城の歴史
(2) 戦国時代の堀越城
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
堀越城は、戦国時代末期、大浦為信による津軽平定作戦の基地として再び姿を現す。「津
軽氏系譜(歴譜)」は、大浦...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 第3章 弘前地域の中世城館 第四節 堀越城跡 二 堀越城の歴史
(3) 津軽氏の政庁としての堀越城
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
、天正十五年(一五八七)、「正月より堀越御城所々築直し、人夫多く出、大工小屋多く懸
り申候」と、為信が堀越城を大々的に改修した記事を載せている。この記事は『封内事実
秘苑』にもあり、この時点ですでに、為信が新た...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 第3章 弘前地域の中世城館 第四節 堀越城跡 三 堀越城「縄張り」の復元
[[堀越城「縄張り」の復元]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
堀越城の旧状復元に当たっては、地表からの表面観察に加えて、次の諸資料を用い、縄張
り図の作成及び「城下町」の...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第四節 戦国津軽とその終焉 五 戦国動乱の激化と城館群 (四)中世城館のネットワーク
堀越城・石川城を中心とした城館群
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
堀越城と石川城を中心とした城館群のネットワークについては、まず南部氏が津軽を押さ
えるための拠点として築城し...
新編弘前市史 資料編1(考古編) [序] 資料編1「考古編」掲載図・表・写真一覧
[[資料編1「考古編」掲載図・表・写真一覧]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
)図119境関館遺跡出土木製品(2)図120境関館遺跡の区画変遷図図121境関館遺跡の遺構変
遷図写真堀越城跡発掘状況図122堀越城跡出土木製品(1)図123堀越城跡出土木製品(2)図12
4堀越城跡出土木製品...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) [口絵]
[[口絵]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
浪岡城跡(国指定史跡浪岡町)24種里城跡(国指定史跡鰺ヶ沢町)25根城(国指定史跡八戸市)
26懸仏(堀越城跡出土)27食膳の復元(堀越城跡出土)28堀越城跡(国指定史跡弘前市)29堀越
跡東域(平成14年度...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第4章 中世・近世 〈注一覧…第4章〉
[[〈注一覧…第4章〉]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
会『鳥海山遺跡発掘調査報告書』(青森県埋蔵文化財調査報告書第32集)1977年9)弘前市教
育委員会『堀越城跡国道7号線バイパス遺跡発掘調査報告書』1978年10)青森県立郷土館『
尻八館第1次調査概要』(青森...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 第3章 弘前地域の中世城館 第四節 堀越城跡 二 堀越城の歴史
(1) 南北朝時代の「堀越楯」
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
堀越城の名が初めて文献に見えるのは、南北朝時代、建武三年(南延元元年、一三三六)の
ことである。「南部家文書...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第三節 南北交易と「境界地域」津軽 五 城館の発掘成果
城館調査の今後
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
青森県の中世考古学をリードした発掘調査は、昭和五十一年(一九七六)から始まった堀越
の調査であった。しかしながら、それは国道七号バイパス建設に伴う緊急の調査で限ら
れた調査範囲であった。...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第四節 戦国津軽とその終焉 五 戦国動乱の激化と城館群 (三)当市域内の中世城館跡
本城(根城)の城館跡
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
当市域内にある城館跡で、領国支配の拠点的性格をもった戦国期の城館跡としては石川城
跡や、堀越城跡、和徳城跡などが挙げられる。これらの城館跡は、はじめから領国支配を
することを目的に築かれた城館であ...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) [付図]
[[付図]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
8・399(市役所新館3階)付図史跡一覧番号区分種別名称員数指定年月日所在地所有者1国史
跡津軽氏城跡堀越城跡弘前城跡S,27年3月29日(S,60年11月15日堀越城跡追加)下白銀町1ほ
か弘前市ほか2市〃曹...