弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (1 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (2 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (7 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (4 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (0 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (8 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (9 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (0 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (0 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (1 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (2 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (1 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (0 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (2 件)

[年表] 年表・索引編 (2 件)

ソート機能:
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第5章 弘前市内の主な遺跡 第3節 中世・近世の遺跡
2.堀越城跡
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
。二の丸南側では、土留め遺構が数多く検出され、堀跡を3期にわたって改築・拡張して
いることが分かった。堀越城跡発掘状況土留の遺構検出状況漆器出土状況土留の遺構検出
状況柾組検出状況木製品出土状況出土柾組図(8)出...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 第3章 弘前地域の中世城館 第四節 堀越城跡 一 堀越城の立地と現状
[[堀越城の立地と現状]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
堀越城跡は、弘前市街から旧国道七号を通って石川に至るほぼ中間、市内堀越字川合・柏
田にある。城域の規模は東西・...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 第3章 弘前地域の中世城館 第四節 堀越城跡 三 堀越城「縄張り」の復元
[[堀越城「縄張り」の復元]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
』昭和五十二年刊)左、沼舘愛三作成の見取図(『津軽諸城の研究』より)イ、天和四年堀
越村書上絵図図25堀越城跡の古絵図天和4年堀越村書上絵図ウ、貴田稲城筆写の古絵図(明
治十六年)貴田稲城筆写の古絵図エ、堀越城跡...
新編弘前市史 資料編1(考古編) [序] 資料編1「考古編」掲載図・表・写真一覧
[[資料編1「考古編」掲載図・表・写真一覧]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
)図119境関館遺跡出土木製品(2)図120境関館遺跡の区画変遷図図121境関館遺跡の遺構変
遷図写真堀越城跡発掘状況図122堀越城跡出土木製品(1)図123堀越城跡出土木製品(2)図12
4堀越城跡出土木製品(...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) [口絵]
[[口絵]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
浪岡城跡(国指定史跡浪岡町)24種里城跡(国指定史跡鰺ヶ沢町)25根城(国指定史跡八戸市)
26懸仏(堀越城跡出土)27食膳の復元(堀越城跡出土)28堀越城跡(国指定史跡弘前市)29堀越
城跡東域(平成14年度調...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第三節 九戸一揆と肥前名護屋への出陣 三 大浦から堀越への移転~西根から東根へ
堀越城の構造
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
堀越城跡は、弘前市街から旧国道七号を通って石川に至るほぼ中間、市内堀越字川合・柏
田にある。城域の規模は東西・...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 第3章 弘前地域の中世城館 第四節 堀越城跡 四 城館の構造
[[城館の構造]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
特に重要な入口だったことを示すものである。b地点には櫓のような建物が置かれていた
可能性がある。図30堀越城跡の現状写真と模式図図31堀越城跡の現状写真と模式図曲輪Ⅱ
は、現在一般に「二の丸」と呼ばれているが、実...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第四節 戦国津軽とその終焉 五 戦国動乱の激化と城館群 (三)当市域内の中世城館跡
本城(根城)の城館跡
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
当市域内にある城館跡で、領国支配の拠点的性格をもった戦国期の城館跡としては石川城
跡や、堀越城跡、和徳城跡などが挙げられる。これらの城館跡は、はじめから領国支配を
することを目的に築かれた城館である...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) [付図]
[[付図]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
8・399(市役所新館3階)付図史跡一覧番号区分種別名称員数指定年月日所在地所有者1国史
跡津軽氏城跡堀越城跡弘前城跡S,27年3月29日(S,60年11月15日堀越城跡追加)下白銀町1ほ
か弘前市ほか2市〃曹洞...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第一節 確立期における藩政の動向 五 殖産政策と文教政策
林政の展開と漆木の栽培
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
ける漆の移植地は、領内一三地域に及び、全体で五万四七〇〇本余りが植えられたという
。現弘前市域内でも、堀越城跡、石川村(いしかわむら)(現石川)、一渡村(いちのわたり
むら)(現一野渡)、乳井村(にゅういむら)(...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第4章 中世・近世 〈注一覧…第4章〉
[[〈注一覧…第4章〉]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
会『鳥海山遺跡発掘調査報告書』(青森県埋蔵文化財調査報告書第32集)1977年9)弘前市教
育委員会『堀越城跡国道7号線バイパス遺跡発掘調査報告書』1978年10)青森県立郷土館『
尻八館第1次調査概要』(青森県...
新編弘前市史 資料編1(考古編) [付図]
[[付図]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
1-5-89城館跡・包含地平安02042寺ヶ沢遺跡弘前市大字大沢字寺ヶ沢68-1包含地歴史02
043堀越城跡弘前市大字堀越字川合城館跡歴史02044福村城跡弘前市大字福村包含地・城館
跡平安02045螺喰遺跡弘...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第三節 津軽平野南部の地形発達 二 弘前市街地の地形
広野面
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
砂層の互層が堆積している。この砂礫層は大和沢川の氾濫によって帯状に堆積したもので
ある。大和沢川南岸の堀越城跡の位置する清野袋面は、同じ氾濫性の堆積物で構成されて
いるが、碇ヶ関浮石層を欠いていることから、形成時...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第2章 津軽の原始時代 第一節 青森県の考古学研究史 五 第Ⅲ期…緊急発掘の時代
第一節 注および引用・参考文献
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
一二・一四・一六・一八・二五・三一・三五)一九八〇年三月~一九九〇年三月(134)戸沢
・岡田・今井『堀越城跡』弘前市教育委員会ほか一九七八年三月(135)A浪岡町教育委員会
『昭和五十二年度浪岡城跡発掘調査報告...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第三節 南北交易と「境界地域」津軽 三 中世の道具と生産
食の道具
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
たと考えられる。図51食生活の道具1・2擂鉢,3粉挽き臼,4・5漆器,6・7箸,8折敷。(8
は弘前市堀越城跡,他は弘前市境関館出土)このように粉食ともいえる食生活は、石製の
粉挽き臼(図51-3)の存在と不可分...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第三節 南北交易と「境界地域」津軽 三 中世の道具と生産
衣の道具
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
狐(とっこ)遺跡では子供用の小型下駄もみられ、下駄づくりの職人が存在したことは間違
いない。写真176堀越城跡三之丸出土の下駄
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第四節 戦国津軽とその終焉 四 戦国期津軽の農村と都市と城館跡 (二)大浦氏の城と城下町の流れ
堀越城と城下町
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
城下町では前者の考え方を前面に出した城下町づくりが行われたということになる(写真2
06)。写真206堀越城跡航空写真堀越城下町は大きく分けて四つの町屋から構成される。ま
ず石川方面から堀越に向かって入ってきた部...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第四節 戦国津軽とその終焉 五 戦国動乱の激化と城館群 (五)発掘調査から見た遺跡
福村城跡
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
越への旧街道の拠点となる位置にある。この福村城跡から和徳城跡までは約二・五キロメ
ートル、大光寺城跡、堀越城跡へは約三・五キロメートルの距離にあり、ほぼ中心地に位
置している。福村城跡は後世に書かれた『本藩通観録...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第三節 九戸一揆と肥前名護屋への出陣 三 大浦から堀越への移転~西根から東根へ
堀越城の限界性
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
には、堀越川(平川)が大洪水を起こし、町屋まで浸水するという事件があった(同前No.二
一八)。実際、堀越城跡の発掘調査では、平川の氾濫原に位置していたため、たびたび洪
水に見舞われたと報告されている。堀越城は、...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第2章 幕藩体制の成立 第三節 高岡築城と城下町の成立 一 築城と都市高岡の形成
為信の築城計画
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
まされていた様子がみえる。また、城跡内に洪水の痕跡(こんせき)がある程度確認されて
いることからも(『堀越城跡前川災害復旧関連工事遺跡発掘調査報告書』一九七八年弘前
市教育委員会他刊)、堀越の地は津軽氏にとって領...