弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (10 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (1 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (6 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (21 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (13 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (9 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (9 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (1 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (10 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (0 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (2 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (1 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (1 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (1 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (1 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (1 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (1 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[年表] 年表・索引編 (3 件)

ソート機能:
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第四節 戦国津軽とその終焉 四 戦国期津軽の農村と都市と城館跡 (二)大浦氏の城と城下町の流れ
堀越城と城下町
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
とから現在残されている遺構のほとんどすべては、廃城前の近世初頭段階のものと見てま
ちがいない。まず堀越城下町の復元でもっとも基本となった資料は、天和四年(一六八四)
の「堀越村書上絵図」と慶安二年(一六四九)の...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 第3章 弘前地域の中世城館 第四節 堀越城跡 五 堀越城下(都市としての堀越)の構造
[[堀越城下(都市としての堀越)の構造]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
)には宿場としての機能も失って、農村と化したから、ここに記された街路と短冊形の地
割が、近世初めの堀越城下町時代のものと考えて、問題はないと思う。そして、以上のこ
とから、堀越城下町の形態は、羽州街道に沿って両...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第四節 戦国津軽とその終焉 四 戦国期津軽の農村と都市と城館跡 (二)大浦氏の城と城下町の流れ
大浦城と大浦城下町
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
ある。そして大浦盛信の子である為信が大浦城を拠点として領土拡張の戦に突入していく
ことになる。大浦城や城下町の規模や構造を、さまざまな絵図面や地籍図などの資料を基
に復元した図面に基づきながら説明をしていくこと...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 第3章 弘前地域の中世城館 第三節 大浦城跡 五 大浦城と「城下」の構造
[[大浦城と「城下」の構造]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
)の五年間は、近世大名津軽氏の領国支配の本拠でもあった。したがって、そこには当然
、なんらかの都市=「城下町」の発達が見られたに違いない。これについては、昔から大
浦城の東側=賀田地区が旧城下町とされ、明治初年...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第四節 戦国津軽とその終焉 四 戦国期津軽の農村と都市と城館跡 (二)大浦氏の城と城下町の流れ
大浦氏の城下町建設の流れ
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
城を利用していたが、同年に大浦から石川城の北側に位置する堀越(ほりこし)に本拠地を
移し、堀越城と堀越城下町の建設に着手する。そしてここは近世の弘前城と弘前城下町
建設されていく慶長十六年(一六一一)まで使わ...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第三節 九戸一揆と肥前名護屋への出陣 三 大浦から堀越への移転~西根から東根へ
堀越城の構造
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
って石川に至るほぼ中間、市内堀越字川合・柏田にある。城域の規模は東西・南北約三五
〇メートルで、これに城下町の一部を「町曲輪(まちくるわ)」として取り込んだ規模の大
きな城郭である。城跡のある堀越集落は、岩木川...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第四節 豊臣政権への軍役 三 北奥羽における領主支配
伏見滞在と派閥抗争
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
である(資料近世1No.五五)。図39は、慶長元年の大地震後に築城された伏見木幡(こはた)
山城とその城下町絵図である。為信が伏見で秀吉から屋敷を拝領していたことを記す文献
史料は皆無であるが、この絵図をみると...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第二節 対外危機と寛政改革 二 寛政改革の実施 (三)藩士土着政策廃止をめぐる諸問題
土着策と弘前城下
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
農村部への藩士在宅であり、家臣団の城下集住という大原則を否定するものである。した
がって、これによって城下町弘前の性格や景観は大きく変容することとなった。前述した
ように、家臣団全体の五〇パーセント以上、知行取...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第四節 戦国津軽とその終焉 四 戦国期津軽の農村と都市と城館跡 (一)農村と都市の発生
戦国時代の都市(城下町)発生
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
となっていた市・町屋・交通の要である宿駅・湊・津などの整備も行われている。このよ
うに戦国時代の都市(城下町)は、領主の居城である「城」を中心として発展したものが多
くみられる。しかしなかには寺院を中心に寺内町...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第四節 戦国津軽とその終焉 四 戦国期津軽の農村と都市と城館跡 (二)大浦氏の城と城下町の流れ
藤崎城と中世都市
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
戦国期の城下町ということでみるならば、藤崎町の城下町も津軽地域における特異な手法
によって作られた中世都市であるとい...
新編弘前市史 通史編5(近・現代2) 第七章 都市計画と市民生活基盤の整備 第四節 観光都市をめざして 五 市制施行百周年と弘前市の記憶
見直したい弘前市の記録
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編5(近・現代2)
みちのくの小京都と呼ばれる城下町であることから、弘前市には古い和風建築が立ち並ぶ
イメージをもつ人も多いだろう。だが思った以上に古い和...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第三節 九戸一揆と肥前名護屋への出陣 三 大浦から堀越への移転~西根から東根へ
大浦城の構造
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
技術が取り入れられ、さらに本丸の虎口には石垣が使用されていた。図23.大浦城縄張り
推定復元図大浦城の城下町は、大浦城の東側(現在の賀田地区)が旧城下町であり、城の南
西の五代旧門前地区には長勝寺(ちょうしょう...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 第3章 弘前地域の中世城館 第一節 本章のねらい 一 はじめに
[[はじめに]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
三年(一五九四)、津軽為信は、それまでの本拠・大浦城から堀越城に移り、ここを津軽領
国支配の拠点として城下町を営んだ。さらに、為信の意志を継いだ二代信枚は、慶長十五
年(一六一〇)、高岡の地に新城築城の事業を起...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第2章 幕藩体制の成立 第四節 近世前期の商品流通と交通の整備 一 青森開港と初期海運
青森町の成立と青森開港
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
た右の町づくりの下命のほかに、外浜中の商人船を青森へ集中させ、高岡(たかおか)(当
時の弘前の地名)の城下町と同様の特権を町人へ与え、六斎市(一ヵ月に六度の市)の開催
を許可した(同前)。このように青森の都市形...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第五節 弘前城下の発展 一 町方支配機構の再整備~町役負担の変遷
町支配の役人
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
力町人)籠(ろう)奉行・籠守・時の鐘撞(かねつ)きで構成されていた(長谷川成一「本州北
端における近世城下町の成立」北海道・東北史研究会編『海峡をつなぐ日本史』一九九三
年三省堂刊)。表29によると、為信の代に...
新編弘前市史 通史編2(近世1) [後付]
掲載図版・写真の典拠・所蔵一覧
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
絵17弘前市立博物館蔵口絵18同上1大阪城天守閣蔵2弘前市安盛寺蔵3長谷川成一「本州北
端における近世城下町の成立」『海峡をつなぐ日本史』145頁三省堂刊4宮内省式部職編『
放鷹』453頁昭和6年吉川弘文館刊5...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第8章 藩政期の文化 第三節 宗教と信仰 一 宗教政策の展開と特徴 (一)寺社の保護と統制
二代信枚
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
信枚は、慶長十五年(一六一〇)に高岡(たかおか)(現弘前市)に築城を開始すると、城下町
形成に当たり堀越や在方から寺社を移転させ、城下防衛の役割を負わせるとともに、寺社
を通じて領民の掌握に...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第2章 明治後期の弘前 第二節 第八師団の設置 一 日清戦争と郷土部隊
軍都以前の弘前市
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
かし戦前までの弘前市は軍都と呼ばれる軍事都市だった。もちろん藩政がしかれていた時
代に、弘前は弘前藩の城下町として栄え、多くの武士が存在していた。当然、一定程度の
軍事施設を備えていたわけである。それでも文化都...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 第3章 弘前地域の中世城館 第四節 堀越城跡 一 堀越城の立地と現状
[[堀越城の立地と現状]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
って石川に至るほぼ中間、市内堀越字川合・柏田にある。城域の規模は東西・南北約三五
〇メートルで、これに城下町の一部を「町曲輪」として取り込んだ規模の大きな城郭であ
る。城跡のある堀越集落は、岩木川の支流の一つ平...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 第4章 弘前地域の金石文 はじめに [[はじめに]]
[[はじめに]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
品に刻まれた文字や五輪塔・宝篋印塔・無縫塔・笠塔婆・磨崖仏・板碑などに刻まれたも
のがある。もっとも、城下町弘前が営まれたのは近世初頭のことであり、弘前城築城以前
の金石資料の数は少ない。たとえ残されていたとし...