弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (0 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (4 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (0 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (0 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (5 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (0 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (0 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (1 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (0 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (0 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[年表] 年表・索引編 (0 件)

ソート機能:
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第一節 中世的北方世界の開幕 三 考古学からみた中世的世界
四耳壺の出土
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
ここで注目すべきことは、陶磁器の中で四耳壺(しじこ)といわれる器種が多く出土するこ
とである。壺の肩の部分に蓋をするための紐を通す耳がついた器で...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第4章 中世・近世 第5節 陶磁器類
2.13世紀の様相
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
ている常滑三筋壺(図6-1)・同大甕(図5-2)などはその重要な資料であり、浪岡町出土瀬
戸瓶子・珠洲四耳壺(図6-2)、田舎館村出土珠洲系四耳壺(図7-1)、鰺ヶ沢町種里周辺出
土珠洲経容器(図7-2)、弘前...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第4章 中世・近世 第5節 陶磁器類
1.12世紀の様相
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
の青磁・白磁碗と渥美と推定される甕及びかわらけ、高館遺跡では中国製白磁小皿、浪岡
城内館では中国製白磁四耳壺・合子・碗と須恵器系甕・常滑渥美系甕及びかわらけ、中崎
館遺跡では中国製青磁劃花文碗・白磁碗・珠洲壺・...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第一節 中世的北方世界の開幕 四 中世前期の交易
陸の道・海の道
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
たらされた各種の交易品が、さらに陸のルートを通じて津軽の地まで波及したと想定され
るものに、中国製白磁四耳壺・同碗・同皿、常滑・渥美の壺・甕などがある。前述した「
かわらけ」の波及と軌を同じくしており、その出土...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第三節 南北交易と「境界地域」津軽 一 十三湊と津軽
湊の始まり
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
るこの時期の出土遺物はそれほど多くないものの、山王坊(さんのうぼう)遺跡から出土し
たと伝えられる瀬戸四耳壺(しじこ)(写真168)は蔵骨器という性格上、十三湊周辺に居住
した人々の葬制に、火葬の風習を伴うこと...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第一節 中世的北方世界の開幕 三 考古学からみた中世的世界
かわらけと陶磁器
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
遺物に相違が認められる。たとえば、浪岡城跡内館(うちだて)と中崎館遺跡の出土遺物を
比較すると、前者は四耳壺(しじこ)の主体が白磁であるのに対し、後者は珠洲および類似
の窯跡で焼かれた陶器であり、食器のうち前者...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第3章 古代 第3節 飛鳥・奈良・平安時代 5.古代の交易・交流 (1)東北地方南部以南との交易・交流 [[東北地方南部以南との交易・交流]]
[[東北地方南部以南との交易・交流]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
)などがある。一方、中国製磁器は白磁の碗・皿類(蓬田大館・浪岡城・境関館・十三湊・
内真部・中崎館)、四耳壺(浪岡城内館)があり、また、青磁の碗・皿類(境関館・中崎館・
蓬田大館)もある。図122古代の陶磁器(...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第4章 中世・近世 第7節 出土遺物と生活
[[出土遺物と生活]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
基が検出されている。住居から離れた小高い丘陵に位置し、銭貨を副葬していた。市浦村
の伝山王坊出土の猿投四耳壺(図5-1)には火葬骨が入っていた。さらに琴湖岳遺跡出土人
骨も火葬骨という。このような、埋葬に当たっ...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第5章 弘前市内の主な遺跡 第3節 中世・近世の遺跡
1.境関館遺跡
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
・青磁鉢文房具瀬戸水滴・石製硯武具小刀・小柄・小札・鉄鏃宗教具六器・板碑・瀬戸瓶
子・青白磁瓶子・珠洲四耳壺その他渡来銭・馬骨・種子・炭化米(分類については水野和
雄「一乗谷朝倉氏遺跡の城下復元」1980を参考...