弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (0 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (16 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (0 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (0 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (1 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (0 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (0 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (1 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (0 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (0 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[年表] 年表・索引編 (2 件)

ソート機能:
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第二節 岩木火山発達史 四 岩木火山発達史
第一期
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
よび十面沢付近に分布する十面沢小丘群や、岩木火山南東方の兼平石を形成するような、
いわゆる先岩木火山の噴火活動が発生した。溶岩円頂丘(10)である兼平石や十腰内石(十
面沢小丘群からの採石をいう)、また北麓の白草...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第二節 岩木火山発達史 四 岩木火山発達史
火山の発達史
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
的には塩原・岩木山団研(一九八〇)および成田(一九八九)の想定する形成過程と同じであ
る。ただ具体的な噴火活動を考えると、古岩木火山が形成された後に水蒸気爆発が起こり
、岩屑なだれが発生して馬蹄形のカルデラが形成...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第二節 岩木火山発達史 四 岩木火山発達史
第二期
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
火山に引き続いて、現火山体の位置を中心として古岩木火山が火山活動を開始して、最初
は火砕岩を主体とした噴火活動であるが、後半には薄い溶岩流を流出するような活動へと
変化していったと考えられる。そして、標高約一〇〇...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第三節 津軽平野南部の地形発達 三 津軽平野南部の地形発達
[[津軽平野南部の地形発達]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
地などの沖積低地が展開している。津軽平野南部における、このような地形の発達を十和
田カルデラに起因する噴火活動と関連させて考察する(図6)。表6津軽平野南部における地
形発達第四紀更新世の最終間氷期(約一二~一三...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第二節 岩木火山発達史 三 地形分類
扇状地周縁の地形
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
森(でんじもり)山(一五一メートル)、大森山(一三七メートル)など数多くの小丘が存在し
、先岩木火山の噴火活動を象徴する十面沢小丘群をなしている(塩原・岩木山団研、一九
八〇)。小丘群は比高一〇〇メートル以下、直...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第二節 岩木火山発達史 四 岩木火山発達史
従来の見解
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
山が生じ、また東半麓には火山麓扇状地が展開する。また、塩原・岩木山団研(一九八〇)
は次の三期に分けた噴火活動を示している。〔第一期〕高野安山岩、兼平石(かねひらい
し)産出地や十面沢小丘群など、先岩木火山の活動...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第二節 岩木火山発達史 四 岩木火山発達史
第三期
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
古岩木火山の馬蹄形カルデラ内で再び噴火活動が活発化し、カルデラ内を埋積するように
新岩木火山体が形成される。この火山体は、大沢(一九六二)のいう...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第二節 岩木火山発達史 四 岩木火山発達史
平安時代の降下火山灰
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
積することが多い。この火山灰は約一〇〇〇年前に十和田湖の御倉半島突端に誕生した溶
岩ドーム(御倉山)の噴火活動によるもので、十和田湖を中心に厚く堆積し、津軽半島およ
び下北半島を除く県内から東北一円にかけて広く分...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第二節 岩木火山発達史 四 岩木火山発達史
完新世の噴火
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
述のように約一万年前の噴火と推定すると、標高一五五〇メートルの御倉石および岩木山
(狭義)は縄文時代の噴火活動で形成されたことになる。岩木火山の歴史時代における火山
活動の記録については、『津軽の岩木山』(宮城、...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第三節 津軽平野南部の地形発達 一 平野南縁の地形
花巻面
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
定される(表5)。この二枚の火砕流堆積物は行楽地で有名な田代平高原に由来し、カルデ
ラを形成したときの噴火活動によってもたらされたものである。青森空港の位置する大釈
迦丘陵も、青森市南方の丘陵でもこれら二枚の火砕...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第五節 山地と丘陵の生い立ち 一 海の時代の終焉と古いカルデラの活動
海に流れ込んだ火砕流
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
この海には、ときおり大規模な噴火活動に伴って発生した火砕流が流れ込み、軽石凝灰岩
からなる厚い地層を形成した。軽石凝灰岩にジルコンなどの鉱...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第五節 山地と丘陵の生い立ち 一 海の時代の終焉と古いカルデラの活動
カルデラ内の堆積物
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
火山の噴火活動が終息し静かな時期が続くと、カルデラ壁や中央火口丘などの高い所から
風化、侵食により崩れてできた土砂は...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第五節 山地と丘陵の生い立ち 三 日本海の誕生と海底火山の活動
中新世という時代
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
くぼ地が拡大を開始するときには、現在我々が身近に経験する火山の活動からは想像がつ
かないような、激しい噴火活動が広い範囲に起こり、しかも長期間続いた。これは当時の
アジア大陸の東縁に沿って帯状の大きな裂け目ができ...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第五節 山地と丘陵の生い立ち 三 日本海の誕生と海底火山の活動
海底火山の崩壊
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
ゴツした岩石はすべてそうしてできたものである。このようにして、中期中新世には山体
崩壊を繰り返しながら噴火活動が断続的に続き、溶岩や凝灰岩、凝灰角礫岩からなるマグ
マからの産物が、開き始めたくぼ地(後に日本海とな...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第五節 山地と丘陵の生い立ち 三 日本海の誕生と海底火山の活動
水中での噴火
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
噴火のエネルギーが増幅され発生することになる。このようなマグマが地下の浅い所で地
下水と接触して生じる噴火活動をマグマ-水蒸気爆発と呼んでいる。水中という条件下で
は、溶岩も水で急冷(水冷破砕)されるために表面が...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第五節 山地と丘陵の生い立ち 三 日本海の誕生と海底火山の活動
立構山で観察される火道の断面
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
このような水中に生じた噴火活動の様子は、大鰐町の宿川原(しゅくがわら)や元長峰(も
とながみね)北方の採石場、そして立構(たてかまえ...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第1章 地形と地質 第1節 地質の概要
〈用語の解説…はじめに・第1節〉
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
層崖を持ち、他方に緩やかな長い斜面を持つ。*13後カルデラ火口丘…陥没カルデラが形
成された後に、再び噴火活動が起こり、カルデラの内部や縁、まれにカルデラの外縁部に
形成される火山体。