弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (0 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (1 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (4 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (4 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (2 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (2 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (1 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (0 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (1 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (0 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[年表] 年表・索引編 (0 件)

ソート機能:
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第三節 蝦夷地警備と化政期の藩政 五 司法制度の整備と変遷 (二)刑罰法
刑罰の目的
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
。連坐(れんざ)の方は、縁坐が制限されたのに対し、必ずしも制限されていない。幕府で
は刑として、過料・・押込(一室内に閉じこめ、門に戸を立て外からの接見・音信を禁
じた)の程度であった(石井前掲書)。当藩...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第3章 古代蝦夷の時代 第三節 律令時代の青森 二 大征夷時代の青森
蝦夷首長阿弖流為
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
ちに五月には副将軍の一人佐伯葛城が死ぬといった有様である(史料二〇四)。この停滞に
激怒した桓武天皇に責されて(史料二〇三。史料一七二の宝亀十一年の譴責内容とよく
似ていて興味深い)、六月初め、ようやく進...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第一節 藩体制の動揺 一 宝暦・天明期の飢饉と農村 (一)宝暦の飢饉
飢餓対策における殖産政策
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
)であったからいずれも成功しなかった。弥三郎殿自身は無欲の人物だったが、このよう
な者にたぶらかされ、責を受けた。」と、非常に手厳しい評価をしてある。在方には慣
れない新作物導入に対する不満が根底にあった...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第一節 藩体制の動揺 三 乳井貢の登用と宝暦改革 (一)乳井貢と改革の思想的背景
乳井の思想―「天職」―
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
納得せしめられる。後者では、「天職」が自己の果たすべき使命として観念され、更なる
行為の発動を促す自己咤の論理として「天職」が語られる。ここでは支配層が社会的エ
リートとして自らの行政的責務の自覚と遂行を...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第三節 蝦夷地警備と化政期の藩政 五 司法制度の整備と変遷 (二)刑罰法
刑罰体系
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
一日に六〇文の割合で入牢(じゅろう)が命じられた。⑥栄誉刑(名誉刑)――役儀取上(や
くぎとりあげ)・(しかり)・隠居である。役儀取上は、罪人の帯びる役儀、たとえば村
役人の庄屋の役職を取り上げることであ...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第6章 維新変革と藩体制の解体 第二節 戊辰戦争と弘前 五 箱館戦争と弘前藩 (三)箱館戦争の推移と終結
箱館戦争をみた農民
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
り乱れ、たいそう忙しそうに物資を積んでいた。常治は間近で蒸気船をみたくなり、昼食
も摂らずに、怒鳴られられしながらも、沖に行く小舟に紛れ込んだらしい。近くで大坂
丸という船に乗船すると、その船の大きさや輝...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第7章 藩政期の人々の生活 第一節 武家の生活 五 参勤交代と江戸屋敷の生活 (一)参勤交代
帰国の旅
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
しんじょう)で昼の休憩。午後二時に金山(かなやま)へ到着。本陣の主人が挨拶に出てこ
ないので呼びつけてる。主人は平謝り。十五日、金山を午後五時出発、午後八時すぎに
院内(いんない)の峠に到着(夜通し歩いた...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第7章 藩政期の人々の生活 第三節 町場の生活 二 日常生活 (二)日常生活
金木屋の生活
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
かかわらず薬師堂(やくしどう)村(現市内元薬師堂か)の藤三郎が三日前より田植えを始め
、役所へ呼ばれてられた。弘前城下では疱瘡(ほうそう)が流行している。六日、弘前へ
行き、〓・〓へ立ち寄り、昼食後に大道...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第8章 藩政期の文化 第一節 学芸の隆盛 二 藩校
学びの光景
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
典句には、大声でがなり立てたりすることなく、ゆっくりとはっきりとした声で句読を授
け、物覚えが悪くても責することなく諄々(しゅんじゅん)と反復して教えることが求め
られた。生徒が一応誦読できるようになって...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第2章 明治後期の弘前 第一節 弘前市の誕生 三 無神経事件
事件の波紋
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
か、将た県民の公務を司るに在るか、此問題を考察して軽重を判するときハ、諸氏辞職の
当否自ら明ならむ」と責し、その上、「県の有志者及人民諸氏に告ぐ」として、「無神
経」のことは名誉に大関係あるが、むしろ「無...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第2章 明治後期の弘前 第一節 弘前市の誕生 五 弘前政党人の活躍
弘前市政の乱れ
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
とき市条例を改正して助役の定員を二人とした)は、権力的にけんもほろろに答弁したの
で、古田昌三郎議員にられ、さらに仲間の石郷岡文吉--当時政友会代議士でもあった
--に五人の職員問題の真相を質問されたが、...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 序 例言/目次(綱文・史料一覧/出典・典拠一覧) 第一章 綱文・史料一覧 [[第一章 綱文・史料一覧]]
[[第一章 綱文・史料一覧]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
秋田城を廃止。………………………………日本後紀59●大同三年(八〇八)七月四日、鎮守
将軍百済王教俊を責。………………………………日本後紀59●弘仁元年(八一〇)十月二
十七日、渡嶋狄、陸奥国気仙郡に来着...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 第1章 蝦夷・津軽関係編年史料
[九世紀]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
暦二十三年(八〇四)十一月二十二日、秋田城を廃止。●大同三年(八〇八)七月四日、鎮守
将軍百済王教俊を責。●弘仁元年(八一〇)十月二十七日、渡嶋狄、陸奥国気仙郡に来着
。●弘仁二年(八一一)三月二十日、文...
新編弘前市史 資料編2(近世編1) 第1章 藩政成立への道 編年史料(天正十七年~明暦二年)
編年史料 (天正十七年~明暦二年)
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編2(近世編1)
三)五月二十七日、南部信直、八戸直栄へ書状を遣わし、名護屋の陣にて津軽為信が前田
利家の家臣奥村主計に責され、浅野長吉、利家の陣屋へ不参の状況を伝える。●文禄二
年(一五九三)、この頃津軽氏、京都・大坂・...