弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (0 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (11 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (0 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (0 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (4 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (0 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (0 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (1 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (0 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (0 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[年表] 年表・索引編 (1 件)

ソート機能:
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第3章 古代蝦夷の時代 第一節 原エミシおよびエミシ文化の時代 二 続縄文文化の南下
古墳文化と続縄文文化の交流
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
から、北大Ⅰ式土器と黒曜石の小破片という北海道系遺物と、供献具である五世紀後半の
土師器・須恵器などの古墳文化の遺物が共伴した。つまり、墓坑形態は続縄文文化の色彩
が強いが、副葬品は相対的に古墳文化の影響が色濃く...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第3章 古代蝦夷の時代 第四節 考古学からみた平安時代の津軽 三 津軽の古代信仰
原エミシ文化・エミシ文化の祭祀遺物
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
原エミシ文化の時代には、古墳文化の特徴的祭祀遺物である剣形(つるぎがた)品あるいは
有孔円板品といった石製模造品の出土が知られている。...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第3章 古代蝦夷の時代 第一節 原エミシおよびエミシ文化の時代 一 古墳文化北進の限界
青森県の古墳文化
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
青森県で古墳文化の影響が明確になるのは、この古墳時代中期に入ってからで、年代的に
は四世紀後半から五世紀代になってから...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第3章 古代 第2節 古墳時代 2.古墳時代の遺跡と文化
(2)4世紀後半代~5世紀代
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
ては、天間林村森ヶ沢遺跡を中心として、青森市細越館遺跡・十和田湖町三日市遺跡・平
内町槻ノ木遺跡などの古墳文化の遺物を出土する遺跡と、大間町大間貝塚・大平D貝塚な
ど続縄文式の北大Ⅰ式のみを出土する遺跡があるが、...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第3章 古代蝦夷の時代 第一節 原エミシおよびエミシ文化の時代 一 古墳文化北進の限界
東北地方の古墳時代
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
では、太平洋に面する東側と、日本海に面する西側とでは遺跡や遺物の分布状況からみる
かぎり、北進してきた古墳文化の受容の仕方に多少の違いが認められるようである。そこ
でまず、この時代の東北地方全般を概観しながら津軽...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第3章 古代蝦夷の時代 第二節 津軽の蝦夷と阿倍比羅夫の遠征 三 大和政権の東北進出
古墳文化及ばぬ北の世界
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
沢遺跡全景ただし南からの文化が断絶していたわけではない。森ケ沢遺跡から同時に出土
した須恵器は典型的な古墳文化の遺物であるし、同じくそこから出土した玉のなかにはガ
ラス玉や石製平玉があり、これは古墳文化から持ち込...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第3章 古代 第2節 古墳時代 1.古墳時代の概観
[[古墳時代の概観]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
の文化が併存していたことが明らかになってきた。一つは福島県・宮城県・山形県を中心
とする東北地方南部の古墳文化であり、もう一つは青森県・秋田県・岩手県などの北部地
域の続縄文文化である。両文化は密接な関係を持ちな...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第3章 古代蝦夷の時代 第二節 津軽の蝦夷と阿倍比羅夫の遠征 三 大和政権の東北進出
東北地方の古墳文化
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
誕生を象徴するものである。この前方後円墳の分布する地域が、すなわち大和政権の勢力
範囲を意味する。この古墳文化の新しい波は、四世紀初めには早くも今の福島県域にまで
押し寄せてきたことが知られている。現在、東北地方...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第3章 古代 第1節 古代に関する考古学研究略史
(2)太平洋戦争後から現代まで
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
たが、昭和40年代から50年代にかけてはそれを修正する見解が出された。弥生時代の本県
の稲作の痕跡や、古墳文化特有の祭祀遺物である石製模造品の分布などから、東北北部も
古墳文化の圏内にあり、人種的にも東北南部と同...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第3章 古代 第2節 古墳時代 2.古墳時代の遺跡と文化
(3)6世紀代
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
この時期の遺跡は極めて少なく、古墳文化の土師器を出土する七戸町大沢遺跡や、続縄文
文化の北大Ⅲ式の大間町大間貝塚などがある。このほか、共伴す...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 序 新編 弘前市史 通史編1(古代・中世) 目次
[[新編 弘前市史 通史編1(古代・中世) 目次]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
……………………4第三章古代蝦夷の時代1第一節原エミシおよびエミシ文化の時代………
…………………2一古墳文化北進の限界……………………………………2二続縄文文化の南
下………………………………………12三原エミ...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第3章 古代蝦夷の時代 第一節 原エミシおよびエミシ文化の時代 一 古墳文化北進の限界
東北地方北部の群集墳
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
と推定される。そして、この群集墳は文献史上律令国家によって「蝦夷(えみし)」と呼ば
れた人々の一部が、古墳文化の影響のもとに独自に発達させた墳墓と見なすことができる
。七・八世紀代の県東側では、八戸市根城跡第一一...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第3章 古代蝦夷の時代 第一節 原エミシおよびエミシ文化の時代 二 続縄文文化の南下
弥生文化と続縄文文化
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
の系統を引く細隆起線で特徴づけられる一群の土器を江別式から分離してしまうことには
多少の問題が残るが、古墳文化の遺物との共伴例が次第に明らかになってきたことから、
両者の交流関係が安定化してきたことがうかがわれ、...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第3章 古代蝦夷の時代 第一節 原エミシおよびエミシ文化の時代 三 原エミシ文化からエミシ文化へ
原エミシ文化の形成
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
県では、続縄文文化をもった北海道系の人々が南下して居住したと考えられているが、質
的には続縄文文化でも古墳文化でもない、両者の要素を合わせ持った独自の混交文化を形
成していたといえるであろう。それは、北海道から南...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第3章 古代蝦夷の時代 第三節 律令時代の青森 二 大征夷時代の青森
三十八年戦争の時代
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
は、藤原仲麻呂~道鏡政権下での蝦夷征討作戦の強行にある。それまでの律令国家の直接
の支配領域は、すでに古墳文化の時代に、程度の差こそあれ、何らかの形で大和政権とか
かわりのあった地域のなかにとどまっていた。だから...