弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (1 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (9 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (2 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (1 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (0 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (0 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (1 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (0 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[年表] 年表・索引編 (0 件)

ソート機能:
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第四節 豊臣政権への軍役 三 北奥羽における領主支配
伏見滞在と派閥抗争
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
た。そのため奥羽の諸大名は豊臣秀吉に臣従するといっても、実際にはこれら集権派か分
権派の大名や奉行らを取次としていくことを迫られることになった。図38.徳川家康画像
すでに名護屋在陣において、南部信直は天正十...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第三節 九戸一揆と肥前名護屋への出陣 二 肥前名護屋での「日本之つき合」
名護屋における「日本之つき合」
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
ます打ち解け合うことができるであろう。これに乗じて津軽氏も彼らと「入魂」になりた
いと思い、徳川家康に取次を依頼したが、家康がその斡旋(あっせん)のため信直の取次
果たしている前田利家の所へ行ったところ、前...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第四節 豊臣政権への軍役 二 浅利騒動への加担
浅利騒動の停戦命令
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
野長吉と前田利家が浅利方有利に働いていた。特に浅野長吉については、浅利氏はすでに
前年に誓紙を提出して取次を依頼していたのである。また、前田利家については、天正十
八年、利家が津軽の検地終了後に秋田を通過した...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第四節 豊臣政権への軍役 三 北奥羽における領主支配
北奥羽の領知確定
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
〇)の奥羽の仕置後も奥羽の大名の領国支配維持を担当し、また、文禄二年に秀吉から朱
印状によって南部氏の取次として任命されていた(『大日本古文書・浅野家文書』)。取次
は、政権の政策を大名に浸透させ、また大名か...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第三節 九戸一揆と肥前名護屋への出陣 一 九戸一揆と動員大名
九戸一揆の背景
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
たる処置をするよう長吉に命じており、秀吉の強い意図を受けてのものであった。秀吉は
、浅野長吉を政権の「取次(とりつぎ)」として、信直の領国支配を支え近世大名として存
続できるよう保障することを明らかにしていた...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第三節 九戸一揆と肥前名護屋への出陣 一 九戸一揆と動員大名
九戸一揆の始まり
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
た。四月十三日に出発した利直は、北国海運によって京へ向かい、五月二十八日に上洛、
翌二十九日に南部氏の取次である前田利家を仲介として聚楽第(じゅらくだい)の秀吉に会
い、糠部郡への豊臣軍派遣を申請し実現させる...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第三節 九戸一揆と肥前名護屋への出陣 一 九戸一揆と動員大名
豊臣再仕置軍の奥州下向
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
への加勢を依頼した(『伊達家文書』)。浅野長吉は、天正十八年七月の奥羽仕置以後も一
貫して信直に対する取次を果たす一方で、今度の再仕置においても仕置奉行としてその権
力維持に多大な力を貸していたのである。図1...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第四節 豊臣政権への軍役 一 伏見杉板の賦課
豊臣政権の奉行衆
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
が大きく影響していたのであり、太閤蔵入地からの収入によって廻漕される伏見作事板に
かかわる秀吉朱印状の取次に、集権派の奉行・家臣が選任されるのは当然の成り行きであ
った。実際、秋田領に設定された太閤蔵入地の年...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第一節 確立期における藩政の動向 三 寛文蝦夷蜂起への出兵
寛文蝦夷蜂起と津軽弘前藩
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
について土井利房へ申し入れるよう指示している。つまり幕府は、津軽家が幕府に対して
意向を申し入れる際の取次として利房を指名したことになる。この酒井のもとに出向いた
のも土井のアドバイスによる(「津軽一統志」巻...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第5章 弘前城下と都市住民 第三節 祭礼と娯楽 五 各種興行 (一)能楽・歌舞伎・操人形芝居興行
神事能
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
(一七一一)の「町支配分限帳」(長谷川成一編『弘前城下史料』上一九八六年北方新社刊)
には、地謡と役者取次として藤岡五兵衛の名前があり、能役者として三七人が記されてい
る。その中には仕手連(してつれ)・脇師・...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第6章 維新変革と藩体制の解体 第三節 藩政改革と藩制の終焉 二 戦後の経済政策 (二)青森商社と弘前
青森商社の設立
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
向いている(同前明治二年三月二十五日条)。その後、商社組織は順次固められて行き、青
森に本局が、弘前に取次所が設置され、六月十六日に青森では頭取に滝屋・金沢屋忠左衛
門・河内屋吉郎右衛門が、商社加担(かたん)...
新編弘前市史 通史編5(近・現代2) 第四章 戦前・戦中の弘前 第二節 銃後弘前の市政と生活 五 敗戦‐銃後弘前の終焉‐
供出と配給
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編5(近・現代2)
も業者にとって頭痛の種だった。そのため県は弘前市に対し代用釘の配給を指示している
。弘前市の場合、その取次会社に角弘鋼鉄店が当たった。割当数量は昭和十七年十一月三
十日の時点で、市に対し一樽三〇キログラムで、...