弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (0 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (9 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (0 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (0 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (2 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (0 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (0 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (1 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (0 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (0 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[年表] 年表・索引編 (2 件)

ソート機能:
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第一節 北辺の南北朝動乱 二 南北朝期の津軽曽我氏の動向
南北朝の動乱と曽我氏
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
合戦奉行となると、津軽曽我氏嫡流の貞光(さだみつ)もそれにしたがって、手始めに藤崎
城・平内城を攻め、南部師行(なんぶもろゆき)・政長(まさなが)や成田泰次(やすつぐ)ら
の軍勢と戦った(史料六九九)。貞光は左膝...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第一節 北辺の南北朝動乱 三 南北朝期の津軽安藤氏の動向
尊氏側につく
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
に厚く、安藤氏に薄かった節(ふし)があり、そうした不満もあったのか、あるいは建武二
年から顕著になる、南部師行による津軽支配の進展が関係するのか、同年十月の尊氏離反
の後、安藤氏嫡流は尊氏方につくこととなった。こ...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 序 例言/目次(綱文・史料一覧/出典・典拠一覧) 第一章 綱文・史料一覧 [[第一章 綱文・史料一覧]]
[[第一章 綱文・史料一覧]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
陸奥国岩城郡矢河村の地を受ける。………………………摂津小西文書196●建武二年(一三
三五)三月十日、南部師行等に外浜内摩部郷内を安堵。…………………………南部家文書1
96●建武二年(一三三五)三月二十三日、北...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 第1章 蝦夷・津軽関係編年史料
[十四世紀]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
軽の戦功により篝役を免除され、ついで陸奥国岩城郡矢河村の地を受ける。●建武二年(
一三三五)三月十日、南部師行等に外浜内摩部郷内を安堵。●建武二年(一三三五)三月二
十三日、北畠顕家、南部師行に津軽を巡検させる。...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第二節 鎌倉幕府の東夷成敗権と得宗領津軽 八 鎌倉幕府滅亡
持寄城の合戦
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
いるとの噂が入っており、安藤氏が朝廷方に協力するかどうかも心配の種であった。安藤
氏に対しては、配下の南部師行(もろゆき)に工作を命じている(史料六四一)。またこの間
、顕家は各地の有力武士を続々と津軽へ派遣した...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第二節 鎌倉幕府の東夷成敗権と得宗領津軽 八 鎌倉幕府滅亡
討幕の論功行賞
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
顕家の扱いが、南部氏に厚く曽我氏や安藤氏に薄かったのは事実である。たとえば安藤氏
の拠点外浜の一部は、南部師行・政長等にも与えられている。建武二年(一三三五)三月の
顕家の袖判のある「陸奥国宣」によれば、外浜のう...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第二節 鎌倉幕府の東夷成敗権と得宗領津軽 八 鎌倉幕府滅亡
糖部郡での論功行賞
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
一方、広大な糠部郡では、陸奧守顕家によって郡奉行と郡検断を併せ持つ検断奉行として
南部師行が任命されていた。師行は、清和源氏義光の流れをくむ甲斐源氏の一族である。
甲斐国波木井郷(山梨県南部町...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第一節 北辺の南北朝動乱 二 南北朝期の津軽曽我氏の動向
北畠顕家の死
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
を、南朝方に好転させるまでには至らなかった。明けて暦応元年(延元三年、一三三八)五
月には、北畠顕家・南部師行が和泉国石津で、また閏七月には新田義貞も越前国藤島でと
、南朝方の主力武将が相次いで討ち死にし、南朝方...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第一節 北辺の南北朝動乱 三 南北朝期の津軽安藤氏の動向
安藤高季の活躍
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
訓を垂れよ」と指示している。これまた、安藤氏の動向が気がかりなのである。結果的に
は、この指示を受けた南部師行による安藤氏説得などが功を奏したのか、家季も一族から
離反したりせず、北条余党討伐に協力し、津軽方面で...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第二節 室町・戦国期の津軽 三 安藤・南部氏との抗争
内乱期の蝦夷沙汰
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
建武二年(一三三五)三月二十三日、陸奥守北畠顕家は南部師行(もろゆき)に津軽を巡見さ
せるが(史料六六三・写真164)、このとき、師行には津軽中の軍事・警察権、...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第二節 室町・戦国期の津軽 三 安藤・南部氏との抗争
応永十八年の衝突
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
応永十八年(一四一一)、南部師行は葛西持信(かさいもちのぶ)の支援を受けて、秋田湊の
安藤鹿季と仙北刈(かり)場(ママ)(和(わ)ヵ)...