弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (8 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (2 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (2 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (50 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (44 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (6 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (2 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (3 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (7 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (6 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (3 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (2 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (1 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (1 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (3 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (0 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (2 件)

[年表] 年表・索引編 (2 件)

ソート機能:
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第3章 古代 〈注及び参考文献一覧…第3章〉
[[〈注及び参考文献一覧…第3章〉]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
態に関する研究」(札幌大学一般教養部紀要1)1968年*72桜井清彦「東北地方の擦文文化に
ついて」(北奥古代文化1)1968年*73橘善光「青森県脇野沢村桂沢の擦文土器について」(
考古学ジャーナル22)1...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第三節 中世前期の宗教世界 一 古代における北奥の宗教世界
[[古代における北奥の宗教世界]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
なくてはならない。それゆえ、私たちはどうしても弘前の中世宗教史とはいえ、現在の弘
前市域を広く越えて、北奥津軽における古代~中世の宗教的営為から筆を起こさなければ
ならない。奈良朝を経過した古代律令国家が「攘...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第一節 中世的北方世界の開幕 二 奥州藤原氏の登場と北方世界
北奥における建郡
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
延久北奥蝦夷合戦に始まった北奥世界の再編成の成果として、もっとも注目されるものが
、古代国家がついに達成できな...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第三節 中世前期の宗教世界 四 執権時頼の東国廻国をめぐって
[[執権時頼の東国廻国をめぐって]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
起が発生している報告を受け、その厳しい対策を地頭に命じたのである。このような事態
の発生は、日ごろより北奥の地に対して、人に倍する関心を持ち、その政治的、経済的関
心はもとより、宗教的にも、鎮魂供養の心をたむ...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第三節 中世前期の宗教世界 三 北奥宗教界の中世的転回
[[北奥宗教界の中世的転回]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
期においては幕府と東国地域とが宗教史的にそう際立ったかかわりを持つことは少なく、
その意味で鎌倉前期の北奥の仏教界は古代の延長上にあって、依然天台宗の色彩が強かっ
たと思われる。しかし、その北奥宗教界にも鎌倉...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第五節 中世後期の宗教世界 一 中世寺院の建立
[[中世寺院の建立]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
ったのである。文明三年(一四七一)越前国吉崎御坊を建立した蓮如(写真222)は、弟子を
蝦夷(えぞ)・北奥地域に派遣して、組織的な教団拡張を図った。この北辺布教の拠点とな
ったのが、他でもなく、九州出身の俗名...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第一節 大浦氏の統一政権への接触 一 関東・奥惣無事令と北奥大名の動向
北奥羽の大名の動向
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
る(同前No.一〇七八)。これまで述べてきたように、奥羽に対する惣無事令の発令の時期
、そして、それが北奥羽にまで伝達されたかどうかというところについては、議論のある
ところではある。しかし、少なくとも、北奥...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第四節 豊臣政権への軍役 三 北奥羽における領主支配
伏見滞在と派閥抗争
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
原まで兵を進めているが、秋田氏は長束正家を含む集権派の奉行三成方に加担していく。
この関ヶ原の戦いでの北奥羽の諸大名の行動も、この時期の彼らの対応をみれば当然予測
されることであった。なお南部信直も伏見作事板...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 序 新編 弘前市史 通史編1(古代・中世) 目次
[[新編 弘前市史 通史編1(古代・中世) 目次]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
津司………………………………………………75二大征夷時代の青森…………………………
………………81三北奥地域の田村麻呂伝説…………………………………95四元慶の乱と津
軽……………………………………………1...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第一節 中世的北方世界の開幕 四 中世前期の交易
中国製品の出土
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
、大仏遺跡の陶磁器も白磁皿であり、竪穴住居跡から出土し、一一世紀代まで上る可能性
もある。このことは、北奥の地が「蝦夷」の地と呼ばれた時代から、少ないながらも既に
中国製の陶磁器が持ち込まれていたことを示し、...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第三節 中世前期の宗教世界 二 北奥宗教界を彩る中世的寺社
[[北奥宗教界を彩る中世的寺社]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
前項一においては、『津軽一統志』によりながら、弘前を含めた北奥津軽の古代・中世に
おける寺社群を表化した。その上で、古代における当該地域は、坂上田村麻呂を開基と伝
え...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 序
新編弘前市史 通史編2(近世1) 目次
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
……………………………4目次……………………………………………………………………
…6第一章統一政権と北奥の動向…………………………………1第一節大浦氏の統一政権へ
の接触…………………………………2一関東・...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第四節 豊臣政権への軍役 三 北奥羽における領主支配
北奥羽の領知確定
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
〇〇〇石の太閤蔵入地の管理を任された(長谷川成一『近世国家と東北大名』一九九八年
吉川弘文館刊)。表4北奥羽の大名・小名の領知高領主場所石高年代南部大膳大夫南部内七
郡天正18年7月27日戸沢九郎出羽国仙北之...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第3章 古代 第3節 飛鳥・奈良・平安時代 3.古代の生産活動と生活用具 (3)土器生産 〈2〉津軽地方で生産された須恵器
[[津軽地方で生産された須恵器]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
概要文献1原子山道溜池窯未須恵器,窯体壁片散布村越潔・新谷武「青森県前田野目砂田
遺跡発掘調査概報」「北奥古代文化」第6号S49.52砂田B-1号窯坂詰秀一ほかS43.5半地下
式無階無段登窯4m×1.6m1...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第4章 中世・近世 〈注一覧…第4章〉
[[〈注一覧…第4章〉]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
に終末を迎えたとした。現在は山内の論が一般化している。*6-a平山久夫「津軽平野の
須恵器(予報)」(北奥古代文化第2号)1969年*6-b平山久夫・香取昂宏「津軽十三湊採集の
古瀬戸陶片」(北奥古代文化第4...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 序 例言/目次(綱文・史料一覧/出典・典拠一覧) 第一章 綱文・史料一覧 [[第一章 綱文・史料一覧]]
[[第一章 綱文・史料一覧]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
眼(銭)・海虎皮・昆布献上を賞する。…………………………………後鑑237●この時期、
『時衆過去帳』に北奥羽住人の名が多数記され、下国安藤氏や合浦・十三湊住人の名も見
える。…………………………時衆過去帳23...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第3章 古代蝦夷の時代 第五節 謎の一〇・一一世紀 五 エミシからエゾへ
エゾ=アイヌ
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
北海道常呂町)中央政府は津軽海峡を境界として強く意識し、本来、長く海峡を挟む共通
文化圏を形成してきた北奥と北海道道南部とを分断して、アイヌの異民族視を強化してい
くが、それはもとより中央の側の認識であって、...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第一節 中世的北方世界の開幕 一 延久蝦夷合戦
「東夷征討」祈願
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
九年合戦の戦勝感謝・祈願成就の報賽供養であったかのようにも思われる。しかし実際の
当時の動きを見ると、北奥の地ではこのときこそ、後三条天皇の「綸旨」(宣旨)を受けて
、陸奥守源頼俊が「大将軍」として「追討人(...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第一節 中世的北方世界の開幕 一 延久蝦夷合戦
延久蝦夷合戦の実相
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
頼俊にとって中断を余儀なくされた事実上の失敗であったことを如実に物語る史料となっ
ている。実際のところ北奥の「蝦夷の地」が延久蝦夷合戦後も消滅せず、なお存続してい
たことは、一三年後に起こった後三年合戦時の状...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第一節 中世的北方世界の開幕 一 延久蝦夷合戦
延久蝦夷合戦と津軽
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
らに平泉藤原氏時代の正式な開山まで暗示させる山号を有しているのである。延久合戦を
きっかけに開始された北奥地域の政治的・社会的変容をここから読み取ることはそう無理
なことではないように思われる。写真75高伯寺...