弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (0 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (7 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (3 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (0 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (0 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (1 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (1 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[年表] 年表・索引編 (0 件)

ソート機能:
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第四節 信政以後の政治動向 一 信寿・信著・信寧の三代藩政の動向
藩政の転換と家臣団統制の動き
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
宝永期の藩政において、天和・貞享期以来郡・勘定方を掌握し、藩主信政の意向を受けて
諸政策を展開してきた「出頭人」グループと、それを批判する譜代・下士層...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第一節 確立期における藩政の動向 一 四代信政政治の動向と支配機構の整備
「出頭人」の台頭
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
一つは、財政・検地等のエキスパートで、領外の幕領検地や領内検地などで実務的な能力
を発揮し、やがて藩の勘定方・郡方を掌握し、藩主信政の在職後期の藩政を左右すること
になる人々である。この「出頭人」たちは、藩政の...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第一節 確立期における藩政の動向 四 元禄九年の家臣召し放ちと支配機構の再編
信政晩年の藩政
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
に忠実で城普請に積極的な人々もいた。「御城御普請」の実務を担当していた勘定奉行武
田源左衛門ら、郡方・勘定方を掌握してきた出頭人たちがそれに当たる。藩の支配層は、
藩主に直結する出頭人グループ、城普請に消極的な...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第一節 藩体制の動揺 三 乳井貢の登用と宝暦改革 (二)改革の課題と推進体制
改革推進体制の構築
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
あったのだろうか。「国日記」宝暦三年八月十五日条によれば次のようにある(同前No.八
九五)。これまで勘定方の仕事は「累年混雑」しており、「御増減并御省略」についてど
れほど命じても、紙の上だけの名目のみで実効...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第一節 藩体制の動揺 三 乳井貢の登用と宝暦改革 (三)改革の諸政策とその展開
綱紀粛正・倹約奨励
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
るこれらの措置は、次に述べる経済政策・農村政策の実施に当たって、特に引き締めてお
かねばならない事項(勘定方・検見方・土地把握・商売規制・貸借関係等)が対象となって
いたといえよう。このほか、藩体制の弛緩や動揺...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第三節 蝦夷地警備と化政期の藩政 四 農村復興と国産奨励 (二)国産の奨励
乏しい国産品
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
かったから、国産奨励策にはそれほど特徴的なものはない。十九世紀には国産方と呼ばれ
る役人が郡方あるいは勘定方に配置されていたことは「国日記」等で確認されるが、八戸
藩の「御調役所」、米沢藩の「産物会所(さんぶつ...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第四節 天保の飢饉と藩政 二 藩財政の窮乏と流通統制 (三)「預手形」の発行と流通統制
預手形とは
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
手数料で交換した(「国日記」天保八年十二月二十七日条)。図190.現存する預手形(宮崎
札)当時、藩の勘定方の実務を担っていたのは、同年四月に就任した御元方勘定奉行の田
中勝衛(かつえ)であり、預かり手形の発行...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第6章 維新変革と藩体制の解体 第二節 戊辰戦争と弘前 三 軍制改革の展開 (二)新銃隊の編成と兵力の不足
二等銃隊の創出
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
職制上の冗員(じょういん)を兵卒化したことがうかがえる。しかし、冗員といっても作事
方(さくじかた)や勘定方、買物方、早道之者(はやみちのもの)(諜報(ちょうほう)連絡活
動担当)などは工兵や兵站(へいたん)部...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第6章 維新変革と藩体制の解体 第三節 藩政改革と藩制の終焉 一 藩政改革の断行
第一次藩政改革と特色
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
方(こおりかた)で職掌は農業・林野生産の把握、市政局は旧寺社方・町方で宗教や町政・
司法を、会計局は旧勘定方・作事方・台所方を統合したうえに、青森商社の管理運営に当
たる商社方も含んでおり(青森商社については本...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第7章 藩政期の人々の生活 第三節 町場の生活 三 諸産業 (三)陶磁器
瀬戸師林兵衛による製陶
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
窮迫のため資金調達に事欠くにつれて、天保十年(一八三九)には国産方廃止となる。その
後、取り扱いは郡所勘定方へ移り、民間の資力も取り込んで進められていった。中でも石
岡林兵衛は製陶のみならず経営面でも才能を発揮...