弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (1 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (20 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (5 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (0 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (0 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (4 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (1 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[年表] 年表・索引編 (3 件)

ソート機能:
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第二節 対外危機と寛政改革 二 寛政改革の実施 (二)藩士土着政策の展開
土着策への本格的展開(Ⅲ期)
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
していることから、土着策の全面的・本格的展開を意図したものといえる。そして、同年
九月九日には知行取と切米取の収納方についての指令も具体的に出されている(同前No.七
四)。これらによって、その主な内容を整理...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第一節 藩体制の動揺 二 商品経済の展開と藩財政の窮乏 (一)廻米と借財
宝暦~天明期の弘前藩の財政状況
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
要因として指摘されているが、その一端がここでもうかがえる。一方、人件費といえる藩
士への蔵米渡・役知・切米・扶持米等は六万一〇一石(二八・五九パーセント)である。表
34安永6年収入の部(米方)費目米高(石)...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第二節 対外危機と寛政改革 二 寛政改革の実施 (二)藩士土着政策の展開
土着対象者
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
四日令(「要記秘鑑(御家中在宅御触)」寛政五年十月二十四日条)によって下限が俵子四〇
俵三人扶持以上の切米取家臣、金六両三人扶持以上の金給家臣と定められた。享和年間の
「家中給禄調」(弘前市立図書館蔵)によれ...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第四節 天保の飢饉と藩政 二 藩財政の窮乏と流通統制 (一)藩財政の窮乏
文化~文政期の藩財政
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
〇〇石で七三・八二パーセントを占め、年貢米に基盤を置く構造は基本的に変わりはない
。他に家中の知行米・切米の買上が四万石で二〇・四五パーセントを占めるが、この量も
ほぼ安永六年と同程度である(表61)。家中か...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第一節 藩体制の動揺 三 乳井貢の登用と宝暦改革 (三)改革の諸政策とその展開
経済政策の前提
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
るためには、藩の蔵から農工商の扶助を行い、家中については出来高にかかわらずすべて
の知行米を蔵納めし、切米取(きりまいどり)への支給米も含めて、甲乙なく平等に支給し
てもらいたい、という申し出である(資料近世...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第一節 藩体制の動揺 三 乳井貢の登用と宝暦改革 (三)改革の諸政策とその展開
「標符(通帳)」の形態と呼称
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
、知行取藩士の俸禄(十一月から惣物成高(そうものなりだか))は通帳で渡すこととしてい
るが(十二月から切米取も同様)、その通帳は半紙を二つ折りにして、片面に四通(四行)ず
つ墨で罫線を引き、表に標符と書き、中...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第二節 対外危機と寛政改革 二 寛政改革の実施 (四)改革の諸政策と藩士土着政策
[[改革の諸政策と藩士土着政策]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
が出され、土着前の状態に戻す努力がなされている。代官機構の再編や縁組み規定の解消
、知行の蔵入化および切米取・金給家臣の知行に召し直された分の切米・金給への引き戻
し、城下の屋敷割や町割などがその主なものであ...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第5章 弘前城下と都市住民 第三節 祭礼と娯楽 五 各種興行 (二)相撲興行
[[相撲興行]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
足軽組の二組五〇人は御旗奉行の配下となった(山上笙介『津軽の武士1』一九八二年北方
新社刊)。彼らは、切米・扶持・居宅を与えられた抱え力士であるので、ここでは四股名(
しこな)を持った者がそれに当たるとみられ...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第一節 確立期における藩政の動向 一 四代信政政治の動向と支配機構の整備
支配機構の整備
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
十日、北村内記と棟方清久(きよひさ)に、御馬方・御鷹方・御殺生方・御台所方・御医者
・御茶道方・御扶持切米之者・御役者の管掌を命じ、翌日には支配方の心得が両人宛てに
出されている。その内容は、進藤・一町田に出...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第一節 確立期における藩政の動向 四 元禄九年の家臣召し放ちと支配機構の再編
元禄の大飢饉と家臣召し放ち
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
されたのは、十月七日に扶持米取に対してのものが最初であり、不作につき扶持米取の人
々に対して、当面の間切米(きりまい)の月割支給、二人扶持以上は半分、それ以下は一〇
分の一の上納、賄扶持削減、職務怠慢者の詮議...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第一節 確立期における藩政の動向 四 元禄九年の家臣召し放ちと支配機構の再編
信政晩年の藩政
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
など、出頭人グループの見込みどおりには行かなかった。表20宝永7年津出予定石表払い
項目石・斗・升金銀切米代 1,530.小納戸金代 3,956.材木入付銀代米 4,
857.&...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第五節 弘前城下の発展 一 町方支配機構の再整備~町役負担の変遷
町役
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
かい)と呼んだ。百人小遣は、支配頭二人のもとに小頭五人、ほかに小遣一〇〇人が所属
した。給禄は、小頭が切米一二三匁三人扶持、小遣は一〇〇匁二人扶持であった(同前)。
百人小遣となった者には、農村出身者が多く、...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第一節 藩体制の動揺 二 商品経済の展開と藩財政の窮乏 (二)知行借り上げと蔵入り
宝暦改革と蔵米
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
化の先駆けとなった。宝暦五年(一七五五)、藩は飢饉のため在方の借金・借米を免除、同
年九月に知行取から切米取(きりまいとり)に至るまで全藩士の蔵米化を打ち出している。
この蔵米化は、「国日記」九月九日条による...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第一節 藩体制の動揺 二 商品経済の展開と藩財政の窮乏 (二)知行借り上げと蔵入り
天明期の借り上げと寛政期までの状況
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
わらず一定にするという「面扶持(めんぶち)」の制度を採用した。天明三年(一七八三)十
一月三日、知行・切米・扶持方の別を問わず、一律に一日一人四合の支給とし、足軽・小
者に至るまで全家臣一万七九二六人すべての...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第一節 藩体制の動揺 三 乳井貢の登用と宝暦改革 (二)改革の課題と推進体制
改革推進体制の構築
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
さんおうまや)の仕入れは商人に一任、米蔵勘定をはじめ金銀米銭の諸扱いは御調方役所
を通して実施、蔵方と切米方の統合、などである。なお、上納方金蔵事務は、同六年六月
十八日に引き取りとなり、御調方役人の差配(さ...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第一節 藩体制の動揺 三 乳井貢の登用と宝暦改革 (三)改革の諸政策とその展開
「標符(通帳)」発行の前提と経過
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
裕な町人をそれらの「下加(したくわえ)」の名目で弘前並びに領内の蔵奉行に任命し、扶
持米(ふちまい)・切米(きりまい)の渡し方および収納方の取り扱いを命じている(同前No.
九三七)。蔵米の扱いはすべて町人の...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第二節 対外危機と寛政改革 二 寛政改革の実施 (二)藩士土着政策の展開
下級藩士への開発奨励(I期)
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
いうことであり、惣家中による取り組みとはいえないこと。②「御給禄之高ニ応し地面割
渡」とあることから、切米取・金給取藩士=下級藩士がこの触れの対象となっていること
。③したがって「国益之筋」に当たるとはするも...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第二節 対外危機と寛政改革 二 寛政改革の実施 (二)藩士土着政策の展開
土着対象地と在宅分布
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
のとして農民支配の貫徹が図られることとなる。したがって土着策の究極は、農村からの
収取強化に帰着する。切米取家臣・金給家臣の場合も、当初は家内労働力による荒れ地開
発が基本ではあったが、これも将来知行取家臣へ...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第二節 対外危機と寛政改革 二 寛政改革の実施 (三)藩士土着政策廃止をめぐる諸問題
土着策の展開と農村
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
であった。つまり、土着策によって藩士の財政を自立させ、藩財政からの経済的分離を目
指してはいたものの、切米取や金給家臣については自己の開発地がその相当高に達するま
では扶持米の蔵渡しを継続し、また知行取層にお...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第二節 対外危機と寛政改革 二 寛政改革の実施 (三)藩士土着政策廃止をめぐる諸問題
土着策と蝦夷地警備
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
召し連れること、それができない八〇石以上の藩士の不足分については藩が貸し付ける。
八〇石以下の知行取、切米、金給については、すべて藩が貸し付けるとしている(「松前
箱館御固御用留帳」弘図古)。すなわち、寛政元...