弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (0 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (7 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (2 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (5 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (1 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (2 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (1 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (1 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (1 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (1 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (1 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (1 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[年表] 年表・索引編 (1 件)

ソート機能:
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第五節 中世後期の宗教世界 一 中世寺院の建立
[[中世寺院の建立]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
光上人坐像更に浄土宗に次ぐのが浄土真宗の寺院で、油川(あぶらかわ)(青森(あおもり)
市)に建立された円明寺と法源寺、坪見(岩木(いわき)町)の真教寺および一町田(岩木町)
の専徳寺の四ヶ寺である。これらの浄土...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) [口絵]
[[口絵]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
町指定)藤崎町6熊野奥照神社板碑〔道光碑〕(市指定)弘前市熊野奥照神社7大般若経〔伝
弁慶寄進〕弘前市円明寺8阿弥陀如来坐像〔伝義経持仏〕弘前市円明寺9阿弥陀如来立像〔
金光上人由来〕(県重宝)弘前市西光寺10...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) [後付] 掲載図版・写真の典拠・所蔵一覧
[[掲載図版・写真の典拠・所蔵一覧]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
青森県立郷土館蔵口絵3弘前市熊野奥照神社蔵口絵4撮影口絵5撮影口絵6弘前市熊野奥照神
社蔵口絵7弘前市円明寺蔵口絵8同上口絵9弘前市西光寺蔵口絵10弘前市万蔵寺蔵口絵11弘
前市法源寺蔵口絵12弘前市貞昌寺蔵口...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第2章 幕藩体制の成立 第三節 高岡築城と城下町の成立 三 家臣団の成立と知行宛行
知行宛行状の発給
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
たものであった(資料近世1No.一五三)。次いで古いものとしては、慶長九年十一月二十二
日に、浄土真宗円明寺念西に高米一三石一合四勺歩米三斗九升を鰺ヶ沢にて渡すことを認
めた為信の黒印状がある(同前No.一九九...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第8章 藩政期の文化 第三節 宗教と信仰 二 寺院 (五)浄土真宗の寺院
円明寺
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
円明寺(えんみょうじ)は、明応八年(一四九九)、念西房宗慶が油川(現青森市)に創建した
。宗慶は源三位頼政の...
新編弘前市史 資料編3(近世編2) 第8章 藩政期の宗教と信仰 第四節 寺社建築 一 寺院建築
円明寺 本堂 新寺町--県重宝
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編3(近世編2)
や細部の様式、意匠にも優れたものがある。県内の近世本堂建築のなかでもとりわけ貴重
な建築である。図10円明寺本堂平面図
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第三節 中世前期の宗教世界 一 古代における北奥の宗教世界
[[古代における北奥の宗教世界]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
文十九年(55)専徳寺同右真教寺天文元年(56)法源寺同右同右文明十三年初め、外浜油川に
あり(57)円明寺浄土真宗洛陽東本願寺明応八年初め、外浜油川にあり(58)長栄寺修験未詳
一瞥(いちべつ)して理解される...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第三節 中世前期の宗教世界 二 北奥宗教界を彩る中世的寺社
[[北奥宗教界を彩る中世的寺社]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
が堀越に建立した金剛山光明寺に始まるという。天正年間(一五七三~九二)猿賀山神宮寺
(尾上町)の別当。円明寺浄土真宗東本願寺明応八(一四九九)念西坊油川(青森市)新寺町念
西坊の俗名は下間右近佐宗時。慶長十一年...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第五節 中世後期の宗教世界 四 中世津軽の宗教世界の特色
[[中世津軽の宗教世界の特色]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
る寺社建立の第二類型とすれば、第三のそれは「中央教団」型の寺社建立である。前にみ
た、本願寺教団による円明寺・真教寺・法源寺・専徳寺などはその代表的事例である。ま
た日蓮宗の京都本満寺と本圀寺による法立寺・本行...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) [後付] 協力機関および協力者一覧(機関・個人順、五十音順)
[[協力機関および協力者一覧(機関・個人順、五十音順)]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
教育委員会財団法人石川県埋蔵文化財センター石巻文化センター岩手大学附属図書館円覚
寺(西津軽郡深浦町)円明寺(弘前市)大国主神社(秋田県仙北郡西木村)大阪府立中之島図書
館大日霊貴神社(秋田県鹿角市)大鰐町企画...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第2章 幕藩体制の成立 第三節 高岡築城と城下町の成立 一 築城と都市高岡の形成
城下弘前の変化
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
月の「津軽弘前古絵図」(弘図津)をみると、慶安の絵図といくつか違いが判明する。第一
は新寺町に報恩寺・円明寺(えんみょうじ)などの八ヵ寺と四〇軒余りの町屋が取り立てら
れたこと。第二は元寺町に新たな町割りがされ...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第8章 藩政期の文化 第三節 宗教と信仰 一 宗教政策の展開と特徴 (一)寺社の保護と統制
藩政前期為信
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
は城番に当たらせた(『記類』)。また、同十三年外浜油川城攻撃に当たっては油川(あぶ
らかわ)の浄土真宗円明寺(えんみょうじ)の念西坊頼英(ねんざいぼうらいえい)を味方に
つけた(「津軽一統志」)。この功により為...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第8章 藩政期の文化 第三節 宗教と信仰 一 宗教政策の展開と特徴 (一)寺社の保護と統制
二代信枚
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
貞昌寺(ていしょうじ)、門徒寺は真教寺(しんきょうじ)、専徳寺(せんとくじ)、法源寺(
ほうげんじ)、円明寺(えんみょうじ)、法華寺は本行寺(ほんぎょうじ)、法立寺(ほうりゅ
うじ)とみられる。浄土宗西光寺(さ...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第8章 藩政期の文化 第三節 宗教と信仰 二 寺院 (五)浄土真宗の寺院
浄徳寺
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
浄徳寺(じょうとくじ)は、寛永十二年(一六三五)、円明寺八世の弟子閑令が創建した(同
前No.四〇九)。『新撰陸奥国誌』は、越後国(現新潟県)出身の仙休が寛永...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第8章 藩政期の文化 第三節 宗教と信仰 四 寺社建築
江戸時代後期の建築
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
出すようになり、頭貫の木鼻と台輪(だいわ)との組み合わせなどに、特色がうかがわれる
ようになってきた。円明寺(えんみょうじ)の本堂は、明応八年(一四九九)に油川(あぶら
かわ)に創建されたものが弘前へ移されたと...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第3章 大正期の弘前 第六節 観桜会の開催と市民の娯楽 二 娯楽施設と新風俗
初めての常設館・慈善館
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
明治三十八年には、すでに収容児は二〇人を超えるに至ったため、自宅では狭隘(きょう
あい)となり、新寺町円明寺裏に移転した。その後も人数は増え続け、維持費の捻出に苦
労し、みずから先頭に立って子供たちとともにちり...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 序 例言/目次(綱文・史料一覧/出典・典拠一覧) 第一章 綱文・史料一覧 [[第一章 綱文・史料一覧]]
[[第一章 綱文・史料一覧]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
う。……………………………前代歴譜276●明応八年(一四九九)、この年、一向宗門徒宗
慶、外浜油川村に円明寺を開くという。…………………………津軽一統志276●明応八年(
一四九九)、一向宗門徒弘賢、蝦夷島松前...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 第1章 蝦夷・津軽関係編年史料
[十五世紀]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
の弟弾正康時、外浜堤浦に入部するという。●明応八年(一四九九)、この年、一向宗門徒
宗慶、外浜油川村に円明寺を開くという。●明応八年(一四九九)、一向宗門徒弘賢、蝦夷
島松前上ノ国に浄願寺を建立するという。
新編弘前市史 資料編2(近世編1) 第1章 藩政成立への道 編年史料(天正十七年~明暦二年)
編年史料 (天正十七年~明暦二年)
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編2(近世編1)
西洞院時慶、病気の小児見舞に、津軽信枚へ使者を送る。●慶長九年(一六〇四)十一月二
十二日、津軽為信、円明寺念西へ、歩米十三石余を鯵ヶ沢で給与する。●慶長九年(一六
〇四)、この年、幕府、国内に一里塚の構築を命...