弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (37 件)

[目録] 文学館 (2 件)

[目録] 成田文庫 (52 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (20 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (80 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (53 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (60 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (55 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (96 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (30 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (31 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (4 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (5 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (1 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (4 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (21 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (22 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (12 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (8 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (21 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (10 件)

[年表] 年表・索引編 (61 件)

ソート機能:
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第2章 津軽の原始時代 第三節 縄文時代 三 亀ヶ岡土器文化の発展
亀ヶ岡文化の特色
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
をかけて作られている。なかでも後期から受け継いだ香炉形土器などは形状はもとより、
浮き彫り的な装飾は遮器(しゃこうき)土偶とならんで、土器製作技術の極致ともいえる
であろう。土器とならんでこの時期の土偶も...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第三節 津軽平野南部の地形発達 一 平野南縁の地形
平賀面
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
にあっては、引座川流域の扇状地性の低湿地を除いて黒石面の周辺に分布し、尾上町八幡
崎・新屋町、平賀町大寺・小和森(こわもり)・柏木町・町居・新館・沖館などが位置す
る。平賀面は、おそらく黒石面が浸食された...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第二節 岩木火山発達史 四 岩木火山発達史
平安時代の降下火山灰
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
一・五二二の屈折率をもち、発泡性に富む軽石型とX状やY状のバブル型の火山ガラスが多
く含まれている。蛍X線分析法によると、B-TmとTo-aとでは対照的な化学的特性が認め
られる。図16は、上北郡六ヶ所村...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第三節 津軽平野南部の地形発達 三 津軽平野南部の地形発達
第一節~第三節 引用・参考文献
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
口義伸(二〇〇〇a)第一章自然環境、浪岡町史第一巻、浪岡町、四~三九頁山口義伸(二〇
〇〇b)第三章大寺新城跡周辺の地形及び地質について、大寺新城跡遺跡-第十次発掘
調査-、平賀町埋蔵文化財報告書第二六...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第六節 津軽地域の気候 二 津軽地域気候の要素別特性 (四) 日照時間と日照率
日照率
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
ている時間は、地球上の生命活動にとって大切な気象要素である。日照時間は、地物に影
ができるくらいの直射があった場合以上の、実際に太陽が照った時間のことである。こ
れに対して、可照(かしょう)時間というのは...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第2章 津軽の原始時代 第一節 青森県の考古学研究史 五 第Ⅲ期…緊急発掘の時代
岩木山麓緊急遺跡発掘調査開始~現代
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
たち)の把頭(つかがしら)が出土し有名になった)(103)、昭和六十三年(一九八八)上北郡
下田町の阿坊(あこうぼう)(104)、同年の南津軽郡尾上町原(はら)など(105)で発見調査
され、鹿島沢・丹後...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 序 監修のことば
[[監修のことば]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
新編弘前市史監修者乕尾俊哉弘前は、私にとって第二の故郷で、大変お世話になった。
栄にもその市史監修の任に当たることになって、報恩の機を与えられたことに感謝の誠を
捧げる。以下、私が最...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第一節 津軽平野の地形区分 三 津軽平野の地形発達
地形の概説
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
側の五所川原以北は五メートル未満ときわめて低平な湿地帯であって、特に山田川流域に
は潟湖の名残である田(たっぴ)沼が存在している。なお航空写真では、稲垣村再賀(さ
いか)付近において水田地に旧河道跡と思わ...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第一節 津軽平野の地形区分 三 津軽平野の地形発達
地形の発達史
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
して、縄文海進以降の海退期には、潟湖が次第に埋積されていくが、現在の平野北部に位
置する十三湖および田沼がその名残を示している(図6)。またこの海退期には、蛇行す
る岩木川の氾濫によって平野中央部が自然堤...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第二節 岩木火山発達史 三 地形分類
扇状地周縁の地形
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
し)町および山田野(やまだの)地区などに存在する小丘も流れ山の可能性がある。なお、
鳴沢川以西の津軽樹園農場や鍋川以東の大平野(おおだいの)地区は、丘陵内に分布する
火山麓扇状地の延長上にあって、丘陵内で...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第二節 岩木火山発達史 四 岩木火山発達史
完新世の噴火
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
場所放出物その他(1)その他(2)噴火水蒸気爆発鳥の海湯の沢鳥海山|湯の沢山頂本質類質
泥流硫黄温泉電鳴動山崩れ地震1571○○○1597○○○1600○○○○〃○○○○○○1604
○○1605○○○1...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第五節 山地と丘陵の生い立ち 一 海の時代の終焉と古いカルデラの活動
大規模な海底地滑りの痕跡
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
いるのも、湯ノ沢カルデラから流出した火砕流が水中に堆積したもので、黒雲母が含まれ
ているためにキラキラってみえる。写真53平賀町尾崎の白岩。火砕流は高温の状態で拡
散しながら斜面を流れ下るが、内部に含まれ...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第五節 山地と丘陵の生い立ち 三 日本海の誕生と海底火山の活動
立構山で観察される火道の断面
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
先端は粉々となり、海底の地層にできた割れ目は岩片で埋まった。溶岩の周りにみられる
、泥岩から変わった黒りする硬いガラス質のホルンフェルスと呼ばれる部分は、ハンマ
ーでたたくとガラスのような割れ口ができる。...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第2章 津軽の原始時代 第一節 青森県の考古学研究史 一 はじめに
[[はじめに]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
記録の出現以前を研究の舞台とする考古学に強かった。それは、地下に埋没している遺構
・遺物などの埋蔵物にを当て、記録とは異なった資料を基に、歴史を組み立てようとす
る意欲が背後の支えになっていたからである。...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第2章 津軽の原始時代 第一節 青森県の考古学研究史 四 第Ⅱ期…研究・鍛錬の時代
人類学会創設~昭和三十三年(一九五八)
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
偶人之図」は、斯学(しがく)の研究者に大きな驚きを与えた(23)。瓦偶人とは、目が大き
く表現された遮器土偶(しゃこうきどぐう)のことであり、英国に留学していた坪井正五
郎は、大英博物館の展示品の中にエス...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第2章 津軽の原始時代 第一節 青森県の考古学研究史 四 第Ⅱ期…研究・鍛錬の時代
太平洋戦争終結後
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
、江坂がさきに下北で発掘した縄文時代早期の成果を発表した(70)。また、同誌の二七号
(九月)には橘善(たちばなよしみつ)が、現在ハワイのビショップ博物館に在勤の篠遠喜
彦(しのとうよしひこ)と連名で、下...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第2章 津軽の原始時代 第一節 青森県の考古学研究史 五 第Ⅲ期…緊急発掘の時代
発掘調査の成果
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
ている。⑤本県における弥生時代の土器編年確立と同時代の水田跡発見…この時代の土器
編年については、橘善が精力的にその確立に努め、下北を中心に一応の変遷がとらえら
れ、さらに津軽から東北北部に手を広げた(1...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第2章 津軽の原始時代 第一節 青森県の考古学研究史 五 第Ⅲ期…緊急発掘の時代
第一節 注および引用・参考文献
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
図-瓦偶人之図」『東京人類学会雑誌』三-二一一八八七年十一月(24)坪井正五郎「ロン
ドン通信-雪中遮器-」『東京人類学会雑誌』六-六二一八九一年五月(25)若林勝邦「
陸奥亀岡探究記」『東洋学芸雑誌』九...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第2章 津軽の原始時代 第三節 縄文時代 二 祭祀に特色を示す十腰内土器文化
[[祭祀に特色を示す十腰内土器文化]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
、器面に疣(いぼ)状の小突起のある十腰内Ⅴ群(式)など特徴的な文様をもつ土器が多く、
器面に磨きをかけ滑を有するもの、施された縄文の上を軽く擦って縄目文様を潰した磨
消縄文(すりけしじょうもん)もみられる...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第2章 津軽の原始時代 第三節 縄文時代 三 亀ヶ岡土器文化の発展
第三節 注および引用・参考文献
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
刷(48)鈴木尚「相模平坂貝塚の人骨について」『人類学雑誌』六一-三一九五〇年(49)星
川清親・千原雄『食用植物図説』女子栄養大学出版部一九七八年(50)渡辺誠「縄文時代
の食料」『歴史公論』五-二一九...