弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (22 件)

[目録] 文学館 (2 件)

[目録] 成田文庫 (52 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (20 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (80 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (53 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (60 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (55 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (96 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (30 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (31 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (4 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (5 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (2 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (4 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (21 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (22 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (12 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (8 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (21 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (10 件)

[年表] 年表・索引編 (61 件)

ソート機能:
新編弘前市史 通史編5(近・現代2) 第七章 都市計画と市民生活基盤の整備 第四節 観都市をめざして 一 弘前観協会の設立
協会をめぐる紛糾
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編5(近・現代2)
昭和二十五年に設立された弘前観協会は、活動が期待されていたのにもかかわらず、そ
の計画に見合った活動ができなかった。観の必要性を痛...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 第1章 蝦夷・津軽関係編年史料
[十四世紀]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
●嘉元二年(一三〇四)五月二十四日、曾我泰、地頭代職等を子頼に譲る。●嘉元三年
(一三〇五)正月三十日、尼たうしやう(片穂惟秀夫人)、平賀郡な...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第四節 戦国津軽とその終焉 二 南部氏の津軽平定と石川高信
三戸南部氏による領国支配の強化
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
られる。一応それらの史料に基づけば、津軽支配の強化は、延徳三年(一四九一)に、南部
氏の一族である南部信(なんぶみつのぶ)(写真189)が、軍勢を率いて、日本海側の種里(
たねさと)(西津軽郡鰺ヶ沢町種里...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第四節 戦国津軽とその終焉 五 戦国動乱の激化と城館群 (五)発掘調査から見た遺跡
寺新城跡
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
寺新城跡(写真217)は南津軽郡平賀町字三村井に所在する。平賀町の中心街から北西
におよそ一キロメート...
新編弘前市史 通史編5(近・現代2) 第七章 都市計画と市民生活基盤の整備 第四節 観都市をめざして 二 弘前市の観事業
観桜会運営の一側面
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編5(近・現代2)
したといえよう。観桜会にはどれくらいの人々が来たのだろうか。市立図書館所蔵の昭和
二十五年度観桜会の観客調書を見てみよう。そのなかに四月二十八日から五月七日まで
の一〇日間にわたる観桜会へ来た観客の集計...
新編弘前市史 通史編5(近・現代2) 第八章 近現代弘前市の文化活動 第五節 スポーツ活動 一 近代スポーツの成立(明治・大正期) (三)柔道家・前田
柔道で世界を制覇した男
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編5(近・現代2)
コンデ・コマの尊称で知られ、柔道で世界を制覇し、後にアマゾン開拓の父と慕われた前
世は、明治十一年(一八七九)、中津軽郡船沢村(現弘前市)に生まれた。父・了は
宮相撲で常連としてならし...
新編弘前市史 資料編1(古代・中世編) 第1章 蝦夷・津軽関係編年史料
[十六世紀]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(古代・中世編)
●文亀二年(一五〇二)、この年、南部氏、藤崎・大寺城を攻め安東教季没落するという
。天文二年説もあり。●文亀二年(一五〇二)、南部信、大浦城を築いて...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第二節 鎌倉幕府の東夷成敗権と得宗領津軽 五 御内人の世界
津軽曽我氏の所領・岩楯村
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
惟重は妻「伊豆田所女房」に一期分としてこの地頭代職を譲渡し、翌年安堵された(史料
五六一、未来領主は子弘)。ただ当地の所当の請文は、二年後の延応元年の段階で
が出しているので(史料五六四・五六五)、実...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第2章 旧石器・縄文・弥生 第2節 縄文時代 4.縄文時代の石器及び石製品
(4)土製品
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
跡で出土した108個(その中で頭部片28個)の土偶は見るも無残な状態であった*81。晩期の
土偶は、遮器土偶によって代表される。明治20年(1887)、佐藤蔀により東京人類学会雑
誌を飾った「瓦偶人之図」...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第3章 古代 〈注及び参考文献一覧…第3章〉
[[〈注及び参考文献一覧…第3章〉]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
951年*11加藤孝「塩釜市表杉ノ入貝塚の研究」(宮城学院女子大学研究論文集5)1952年*12
橘善「青森県下北半島八森遺跡調査慨報」(貝塚42)1952年*13西村正衛・桜井清彦・玉
口時雄「青森県森...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第二節 鎌倉幕府の東夷成敗権と得宗領津軽 五 御内人の世界
片穂家から伝領した所領
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
頼夫人「ありわう」御前の実家片穂家からはかなりの所領が曽我氏に伝領された。その
多くは、いったんすべて...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第2章 津軽の原始時代 第三節 縄文時代 三 亀ヶ岡土器文化の発展
亀ヶ岡文化の特色
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
をかけて作られている。なかでも後期から受け継いだ香炉形土器などは形状はもとより、
浮き彫り的な装飾は遮器(しゃこうき)土偶とならんで、土器製作技術の極致ともいえる
であろう。土器とならんでこの時期の土偶も...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第二節 鎌倉幕府の東夷成敗権と得宗領津軽 五 御内人の世界
嫡流と庶流
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
曽我系図では「小五郎真」の子として「太郎兵衛尉助」と「小二郎雅(惟)重」とを挙
げている。右に記したように文書でも惟重は五...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第五節 中世後期の宗教世界 三 中世寺社の存在形態
[[中世寺社の存在形態]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
いたことに始まる(史料五六九)。こうして中世堂社の経営を始めた岩楯郷には、建武二年
(一三三五)、曽我貞による熊野堂の再興が現実化する。貞は坂上田村麻呂の造立と伝
える熊野堂を再興し、「大般若会」と転読...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第2章 明治後期の弘前 第五節 教育の発展と充実 三 幼稚園教育
幼稚園の設立
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
鍛冶町の民家を借り受けて創設、のち桶屋町に移り、民家を改築して幼稚園とした(現レ
ストラン要敷地)。愛幼稚園の特徴は地域の労働者の幼児を収容して、保育しようとし
たことであった。当時桶屋町、鍛冶町、新鍛冶...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第四節 戦国津軽とその終焉 五 戦国動乱の激化と城館群 (四)中世城館のネットワーク
種里城を中心とした城館群
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
種里八幡宮第十四代神官奈良出雲(ならいずも)(明和から天明年間にかけて在任)が『累代
家記』に記した「信公御治世記」には、「大浦信濃守信公海岸ヘ御通行ノ節館前ノ城
主対馬某折々信公ヲ狙撃ス故ニ信公□...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第5章 弘前城下と都市住民 第三節 祭礼と娯楽 五 各種興行 (二)相撲興行
[[相撲興行]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
相撲の対戦成績が表9のように記されている。表9.「国日記」元禄7年7月6日条の相撲対
戦成績勝負早川東寺村七兵衛同人胡桃館村助七同人後潟村弥兵衛稲妻大組足軽手塚杢左
衛門同人堀太左衛門家来遠藤権八同人沖館...
新編弘前市史 通史編5(近・現代2) 第七章 都市計画と市民生活基盤の整備 第四節 観都市をめざして 一 弘前観協会の設立
戦後の世相と観政策
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編5(近・現代2)
といってもいまさら当たり前のように感じるかもしれない。しかし今日でいう観
概念が本格的に国民全体に...
新編弘前市史 通史編5(近・現代2) 第七章 都市計画と市民生活基盤の整備 第四節 観都市をめざして 三 観都市実現への熱意
合併前後の観対策
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編5(近・現代2)
市町村合併前後、観地弘前の名声は徐々に高まってきていた。現に修学旅行生が毎年弘
前に来るようになり、「もはや戦後ではない...
新編弘前市史 通史編5(近・現代2) 第七章 都市計画と市民生活基盤の整備 第四節 観都市をめざして 三 観都市実現への熱意
客受入態勢の必要性
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編5(近・現代2)
案内所の駅前近辺への設置については、市民の間からも要望が高かった。事実、弘前
市の表玄関口である駅前に...