弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (2 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (1 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (21 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (13 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (1 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (2 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (4 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (7 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (3 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[年表] 年表・索引編 (1 件)

ソート機能:
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第四節 豊臣政権への軍役 三 北奥羽における領主支配
伏見滞在と派閥抗争
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
津軽氏をはじめ、南部氏、秋田氏、仙北・由利の小名らにとって文禄・慶長期における軍
役とは、すなわち伏見作事板の運上であり、この伏見作事板の秀吉朱印状を獲得するため
の伏見滞在が新たな「日本之つき合」となってい...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第四節 豊臣政権への軍役 一 伏見杉板の賦課
伏見作事板の運上と太閤蔵入地
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
豊臣政権にとって秋田氏領内の太閤蔵入地(豊臣政権の直轄地)は、伏見指月城・木幡山城
の築城に必要な伏見作事板の廻漕費用調達に必要なため設定された(長谷川成一『近世国
家と東北大名』一九九八年吉川弘文館刊)。杉...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第四節 豊臣政権への軍役 一 伏見杉板の賦課
伏見木幡山城の築城
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
秋田実季が伏見作事板の運上を命じられたのは文禄四年(一五九五)のことであったが、そ
れ以降、秀吉の死去の翌年である慶長四...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第6章 維新変革と藩体制の解体 第二節 戊辰戦争と弘前 三 軍制改革の展開 (二)新銃隊の編成と兵力の不足
二等銃隊の創出
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
3歩3人扶持)〃17藤井健蔵〃〃御留守居組御目見得以下支配源吉(22俵2人扶持)〃18横岡藤
之助〃〃作事吟味役格勝二郎(30俵2人扶持)〃19木村初弥〃〃作事吟味役格勝二郎(禄高不
明)〃20田中直弥〃〃作...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第四節 豊臣政権への軍役 一 伏見杉板の賦課
豊臣政権の奉行衆
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
ープの長束正家や、浅利騒動において秋田氏を擁護した秀吉家臣佐々正孝、木下吉隆らに
交代した。なお、伏見作事板は、越前敦賀・三国(みくに)、若狭小浜(おばま)の豪商によ
って担われ、すべて敦賀湊に一旦陸揚げされ...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第7章 藩政期の人々の生活 第一節 武家の生活 四 藩士の日常生活 (二)年中行事と生活
[[年中行事と生活]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
…七種(ななくさ)(草)祝い。八日…平常勤務。十一日…具足(ぐそく)開き(神前・仏前へ
切餅・棒飴)。作事方手斧始め。十二日…弓始め、乗馬始め。十三日…鉄炮始め。十四日
…年越し。諸道具へ供餅、臼杵休め、棹休...
新編弘前市史 資料編3(近世編2) 第7章 藩政期の人々の生活と文化 第一節 武家の生活 二 弘前城と江戸藩邸 (二)江戸における屋敷
2 本所の上屋敷
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編3(近世編2)
六八八)の八月十三日に神田屋敷を引き払い、九月十一日に本所屋敷の引き渡しを受けて
いる。替地後の建物の作事は元禄二年(一六八九)ころから始まり、元禄四年(一六九一)四
月ころまでには、一応の完成をみたものと考...
新編弘前市史 資料編2(近世編1) 第1章 藩政成立への道 編年史料(天正十七年~明暦二年)
編年史料 (天正十七年~明暦二年)
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編2(近世編1)
二本股と苅場沢に決定するという。●慶長元年(一五九六)七月、この月、秋田実季、津軽
為信へ伐採した伏見作事用杉板を渡し、為信受領して敦賀へ廻漕する。●慶長二年(一五
九七)正月二十六日、津軽為信の次男津軽信堅...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第二節 天正十八年の奥羽日の本仕置と北奥 二 領知安堵と太閤蔵入地の設定
知行安堵
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
(天正19年)5,24403,16004,4350表2は、慶長元年(一五九六)から慶長四年までの伏見作事
板の割り当てを示したものである。作事板と石高との関係は、慶長元年は約三〇〇石に板
一間という比率となり...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第6章 維新変革と藩体制の解体 第二節 戊辰戦争と弘前 三 軍制改革の展開 (一)軍制改革の開始
御軍政局の発足と組織
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
所洋書調方・砲書取扱助役38成田清門〃御中小姓格2人扶持勤料砲書取扱助役39神豊三郎
御軍政局調方助役作事吟味役格5両2人扶持砲書取扱明治1.9御中小姓格御軍政局調方副役
明治2.1御馬廻番頭格40長谷川献吉...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第7章 藩政期の人々の生活 第三節 町場の生活 三 諸産業 (四)瓦
瓦の利用
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
ほうおんじ)等に国瓦や移入瓦が使用された。以上の中で最も古いのは延宝二年(一六七四
)の二の丸瓦馬屋の作事である。次に、これらの中から主なものについて取りあげる。城
内の場合、本丸では一部の建造物の屋根周りや...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第二節 天正十八年の奥羽日の本仕置と北奥 二 領知安堵と太閤蔵入地の設定
太閤蔵入地の設定
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
長元年(一五九六)三月、秀吉は仁賀保(にかほ)兵庫ら由利五人衆に、秋田実季より「伏見
向嶋橋板」(伏見作事板)を受け取り、敦賀へ廻漕することを指示した(『能代市史』資料
編中世二)。そして、このとき、舟賃は「...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第四節 豊臣政権への軍役 一 伏見杉板の賦課
伏見築城と奥羽大名
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
伏見城普請とは、軍役の全国的な分担関係によって成り立っていたのである(中川和明「
豊臣政権の城普請・城作事について」『弘前大学国史研究』八五)。文禄三年正月三日、
秀吉は伏見指月城の普請奉行衆六人を決定し、各...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第三節 蝦夷地警備と化政期の藩政 二 文化の高直りと黒石藩の成立 (一)高直りと相馬大作事
二度の高直り
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
翌文化七年七月、家老の津軽監物(けんもつ)の総指揮により、人夫多数を動員して工事を
進めた。天守の普請作事には四〇〇〇両が見込まれ、藩費の支出以外に、家中に手伝い人
夫を差し出させた。禄高一〇〇石につき一ヵ年...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第7章 藩政期の人々の生活 第一節 武家の生活 三 藩士の衣食住 (一)衣服
礼服
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
(大目付)藩主在国中の文政十一年より、在府中の前二者の方が簡略な服装である。○正月
十一日(具足開き、作事方手斧始め)具足(ぐそく)開きとは、年始めの具足祝をいい、武家
の表道具である甲胄武器を飾り、祝儀後に...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第三節 南北交易と「境界地域」津軽 三 中世の道具と生産
住の道具
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
考えられる。住空間の中で水の確保は大切であり、中世以降の遺跡調査では井戸跡の出土
例が多くなる。井戸の作事をみると、中崎館のように曲物を井筒として使用したり(写真1
74)、浪岡城では隅柱にほぞ穴を穿(うが)...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第二節 天正十八年の奥羽日の本仕置と北奥 一 検地・人質徴収・城破(わ)り・刀狩り
人質徴収
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
能となり、最終的には、文禄元年(一五九二)の肥前名護屋への出陣、慶長元年(一五九六)
からの秋田の伏見作事杉板の廻漕(かいそう)へとつながる、まさに「際限なき軍役」に結
びついていた。なお、夷島については、朱...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第二節 天正十八年の奥羽日の本仕置と北奥 一 検地・人質徴収・城破(わ)り・刀狩り
城破(わ)り
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
城郭が三二館であるという。これらは、奥羽仕置による城の破却の指令により、軍事的機
能を除かれたものの、作事(さくじ)(建築物)の部分を「平屋敷」として残されたという。
以上のように、奥羽仕置の中での城破りは、...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第四節 豊臣政権への軍役 二 浅利騒動への加担
浅利騒動の停戦命令
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
文禄四年・慶長元年の三年間、杉板運上にかかわる秀吉朱印状を秋田実季へ取り次いでお
り、秋田領からの伏見作事板徴収によって政権を強化するとともに、その軍役賦課によっ
て大名秋田氏を中心とする「隣郡之衆」に対する...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第四節 豊臣政権への軍役 二 浅利騒動への加担
浅利頼平の怪死
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
正家に提出している。この二通の覚書は、浅利氏が秋田氏へ納めた軍役や物成、太閤蔵入
地からの年貢米や伏見作事板の運上の決算報告書であるが、浅利氏はこの覚書で、年貢徴
収ができないのは秋田方よりの放火・「なてきり...