弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (50 件)

[目録] 文学館 (14 件)

[目録] 成田文庫 (73 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (23 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (47 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (57 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (100 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (100 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (110 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (20 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (12 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (10 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (11 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (1 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (5 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (13 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (4 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (4 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (28 件)

[年表] 年表・索引編 (80 件)

ソート機能:
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第2章 津軽の原始時代 第一節 青森県の考古学研究史 五 第Ⅲ期…緊急発掘の時代
第一節 注および引用・参考文献
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
三年一月(13)(12)Aに前掲(14)神田孝平「陸奥瓶岡ニテ未曾有ノ発見-津軽ノ蓑虫翁ノ手
柬」『東人類学会報告』二-一六一八八七年六月(15)神田孝平「奥羽巡回報告明治十九
年九月十九日本会第二二会ニ...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第六節 津軽地域の気候 二 津軽地域気候の要素別特性 (一) 気温
月別平年気温の都市別比較
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
る地域のうち、東北の日本海側(青森)、日本海側の北陸(新潟)、北海道西部(札幌)、太平
洋側の関東(東)の気象官署地点で地域を代表させる(表14)。表14各地の月別平年気温(
℃)-気象官署統計期間(19...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第2章 津軽の原始時代 第一節 青森県の考古学研究史 四 第Ⅱ期…研究・鍛錬の時代
人類学会創設~昭和三十三年(一九五八)
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
明治十七年(一八八四)十月に結成された人類学会は、東大学理学部の人類学教室を本拠
とし、明治十九年(一八八六)二月から『人類学会報告』(同年六月の一巻五号...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第三節 津軽平野南部の地形発達 三 津軽平野南部の地形発達
第一節~第三節 引用・参考文献
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
講演要旨二〇五、日本地質学会守屋以智雄(一九八三)UP Earth Science日本の火山地形、
大学出版会、一三五頁井関弘太郎(一九八三)UP Earth Science沖積平野、東大学出
版会、...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第2章 津軽の原始時代 第一節 青森県の考古学研究史 三 第Ⅰ期…考古学研究の曙の時代
明治時代
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
一八七七)、腕足類(わんそくるい)研究のため来日した米国のE・S・モース(一八三八~一
九二五)は、東大学から招かれて動物学を講じ、その傍ら、来日時に発見した東の大
森(おおもり)貝塚を発掘し、調査によ...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第三節 津軽平野南部の地形発達 一 平野南縁の地形
花巻面
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
'E140°33'田代平溶結凝灰岩ともいう。大鰐町鯖石より採取(KFT941124-1784)(株)都フ
ィッション・トラックによる(Maは100万年)写真35大鰐町鯖石の「さば石」採石場
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第五節 山地と丘陵の生い立ち 五 日本列島の土台ができた時代
第五節 引用参考文献
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
〇)第二節地質・地史、浪岡町史第一巻、四〇-七七頁(26)日本海洋学会編(一九九一)海
と地球環境、東大学出版会、四〇九頁(27)小笠原憲四郎(一九九四)浅海性貝類化石に基
づく日本海拡大期の日本列島の古...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第六節 津軽地域の気候 二 津軽地域気候の要素別特性 (一) 気温
真夏日・夏日・真冬日からみた地域特性
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
・凶作になっている。各地の真夏日の出現日数は、札幌七日、秋田一五日、盛岡・仙台一
七日、新潟三二日、東四五日、八戸一一日、酒田一八日。夏日の出現日数は、札幌四六
日、秋田・盛岡七〇日、仙台六六日、新潟八五...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第六節 津軽地域の気候 二 津軽地域気候の要素別特性 (二) 降水量
県内の月別降水量
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
多く、秋田の一八〇〇ミリ、新潟の一八〇〇ミリ(全国平均)よりやや少なく、冬の降雪量
が多いことから、東の一四〇〇ミリとほぼ同じである。表16青森県内の月別降水量(mm)
-アメダス準平年値統計期間(197...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第2章 津軽の原始時代 第一節 青森県の考古学研究史 二 考古学研究の展開過程
[[考古学研究の展開過程]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
青森県における考古学研究は、記録によると江戸時代に始まり、明治時代に入って、東
大学(当時東帝国大学)を中心とした人類学会のメンバーによる亀ヶ岡(かめがおか)・二
ツ森(ふたつもり...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第2章 津軽の原始時代 第一節 青森県の考古学研究史 四 第Ⅱ期…研究・鍛錬の時代
大正時代
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
九月、南津軽郡浪岡町北中野(きたなかの)の天狗平(てんぐたい)山で大型土器が発見され
、連絡を受けた東大学は、笠井新也(一八八四~一九五五)を派遣し調査に当たらせた。
この大型土器の内部から人骨が検出され...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第2章 津軽の原始時代 第一節 青森県の考古学研究史 四 第Ⅱ期…研究・鍛錬の時代
昭和時代
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
る(64)。オセドウ貝塚は、大正末年における幾多の調査後、昭和三年(一九二八)七月から
八月にかけて東大学で山内清男の後輩であった中谷治宇二郎(なかやじうじろう)(一九
〇二~一九三六)が調査し、その成果...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第2章 津軽の原始時代 第一節 青森県の考古学研究史 四 第Ⅱ期…研究・鍛錬の時代
太平洋戦争終結後
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
ひこえい)(一八九八~一九五九)の後援を受けて、藤田亮策(ふじたりょうさく)(一八九二
~一九六〇、東芸術大学教授)と慶応大学の清水潤三(しみずじゅんぞう)(一九一七~一
九八八)が、七~八月にかけ亀ヶ岡...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第2章 津軽の原始時代 第一節 青森県の考古学研究史 五 第Ⅲ期…緊急発掘の時代
発掘調査の成果
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
しはまおりそ)の関を調査している(152)。なお加えると、市浦村の福島城跡は昭和三十年
(一九五五)東大学東洋文化研究所が調査を行い(153)、平成三年(一九九一)から国立歴
史民俗博物館が「北部日本にお...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第2章 津軽の原始時代 第二節 旧石器時代 一 人類の誕生と旧石器時代
人類の進化
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
ス群)を経て、次の原人の段階に達すると、アジアでもその仲間の化石骨がインドネシア
のジャワ島や中国の北近郊からも発見され、前者を直立原人(学名ピテカントロープス
・エレクタス)、後者は北原人(中国原人と...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第2章 津軽の原始時代 第二節 旧石器時代 二 青森県の旧石器時代
旧石器時代
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
部を流れる江合(えあい)川流域に多くみられ、化石人骨などの発見はないが、石器の形態
と出土土層から、北原人と同時代人の存在も考えられている(8)。なお、青森県を含め
た東北北部ではこのような前期旧石器は未...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第2章 津軽の原始時代 第二節 旧石器時代 二 青森県の旧石器時代
第二節 注および引用・参考文献
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
閣出版一九九〇年D木村英明、小野昭「2・道具の組合せ、a石刃技法成立以前」『図解・
日本の人類遺跡』東大学出版会一九九二年E石器文化談話会『高森遺跡』一九九一年F「
旧石器時代」『仙台市史』(特別編2、考...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第2章 津軽の原始時代 第三節 縄文時代 [[縄文時代]]
[[縄文時代]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
早期を経て前期の半ばごろになると、海水の侵入はピークに達し(縄文海進といわれる)、
関東地方などでは東湾の水が栃木県の南部付近にまで及び、現在の海岸線から直線で約
六〇キロメートルの奥地に達していたことが...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第2章 津軽の原始時代 第三節 縄文時代 三 亀ヶ岡土器文化の発展
亀ヶ岡文化の特色
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
(中実という)されている。亀ヶ岡文化を代表する遮光器土偶の名は、坪井正五郎(つぼい
しょうごろう)(東大学人類学教室の創立者)により命名された。ロンドンの大英博物館
で実見したエスキモー(現在はイヌイット...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第2章 津軽の原始時代 第三節 縄文時代 三 亀ヶ岡土器文化の発展
第三節 注および引用・参考文献
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
岡科学博物館研究調査報告書二)一九五八年(28)A石川日出志「朝日下層式土器」『縄文時
代研究事典』東堂出版一九九四年B小島俊彰「福浦上層式・朝日下層式土器」『日本土
器事典』雄山閣出版一九九六年(29)...