弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (2 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (6 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (4 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (2 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (13 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (3 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (5 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (0 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (0 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (1 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (1 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (0 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (1 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (1 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[年表] 年表・索引編 (5 件)

ソート機能:
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第三節 中世前期の宗教世界 一 古代における北奥の宗教世界
[[古代における北奥の宗教世界]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
宗)付近に田村麻呂建立の森山毘沙堂あり(4)勝軍地蔵堂慶長六年為信公橋雲寺(真言宗)(5
)聖観音不詳久渡寺(真言宗)僧円智の創立とも伝える(6)深沙大権現大同二年坂上田村麻呂
猿賀山長命院神宮寺(天台宗)(7...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第5章 弘前城下と都市住民 第三節 祭礼と娯楽 四 寺社境内のにぎわい (一)寺社の開帳
居開帳
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
問題がないという答えがあった。寛政三年(一七九一)、九代藩主津軽寧親は襲封後の野駆
(のがけ)の途中、久渡寺に立ち寄った時に開帳が行われた。修復を目的とした開帳として
は、十腰内(とこしない)観音堂(現巖鬼山神...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第五節 山地と丘陵の生い立ち 二 深い海に泥が堆積した時代
深海に堆積してできた地層
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
層は弘前付近では栩内(とちない)川層または大和沢(おおわさわ)層と呼ばれていて、大和
沢付近の丘陵から久渡寺山(くどじやま)のふもとにかけて分布している。小栗山(こぐり
やま)神社付近の丘陵は、ほとんどこの硬い...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第三節 中世前期の宗教世界 二 北奥宗教界を彩る中世的寺社
[[北奥宗教界を彩る中世的寺社]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
十五年、現在地へ。専求院同右誓願寺文禄年中(一五九二~九六)為信念夢同右同右慶長年
間、現在地に移転。久渡寺真言宗最勝院未詳円智坂本村(弘前市)坂元慈覚大師の聖観音を
安置していた。表4「弘前中世神社」(『弘藩...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第1章 地形と地質 第2節 地質系統一覧 23.久渡寺流紋岩部層※Ⅲ)(くどじりゅうもんがんぶそう)
[[久渡寺流紋岩部層※Ⅲ)(くどじりゅうもんがんぶそう)]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
岩井(1965)の命名による。模式地は、弘前市南西の久渡寺山。模式地周辺に分布する。流
紋岩は石英及び長石の斑晶を多量に含むもの、流理構造が明瞭で無斑晶微量のも...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第三節 中世前期の宗教世界 四 執権時頼の東国廻国をめぐって
[[執権時頼の東国廻国をめぐって]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
であった藤崎・碇ヶ関・大鰐地区においても、大聖不動明王・聖観音を筆頭とする天台宗
系の諸社と、国上寺や久渡寺にはじまる天台宗系寺院群は、いずれも真言密教へと首尾よ
く改宗を遂げたに違いない。古代において、桓武天...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) [付図]
[[付図]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
山、寺山、小山田ほか公園・畑散布地・城館跡縄文・平安・中世39笹森山遺跡小沢字山崎
山林包蔵地縄文40久渡寺遺跡久渡寺〃〃〃41野際遺跡下湯口字野際畑〃〃42寺ヶ沢遺跡大
沢字寺ヶ沢68の1・2〃〃縄文・歴史4...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第5章 弘前城下と都市住民 第二節 都市問題の諸相 一 治安と犯罪 (二)犯罪と刑罰
高岡霊社の宝蔵・弘前城の金蔵へ侵入
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
真言宗久渡寺(くどじ)(現市内坂元)の役人の今庄太郎は、安政三年(一八五六)十一月九日
に、第四代藩主津軽信政(の...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第8章 藩政期の文化 第二節 学芸の開花 四 美術・工芸
弘前市内寺院所蔵の彫刻・絵画
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
精査が必要なものに社寺の石造狛犬があり、これは在地の造像だけに変化のある表現に興
味が尽きない。また、久渡寺蔵の絹本墨画淡彩反魂香図(通称幽霊図)は日本中にあまたあ
る伝円山応挙(まるやまおうきょ)筆幽霊図中の...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第8章 藩政期の文化 第三節 宗教と信仰 二 寺院 (三)真言宗の寺院
久渡寺
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
久渡寺(くどじ)は観音院の別当であった。小沢村に創建され、のちに現在地へ移る。寛永
年間(一六二四~四三)に...
新編弘前市史 通史編5(近・現代2) 第六章 現代の弘前 第二節 高度経済成長と弘前の経済 一 津軽地域の中核都市弘前の財政
藤森市政の財政
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編5(近・現代2)
市の重点施策となり、鷹揚園(ようようえん)(弘前公園)、大仏(だいぶつ)公園・座
頭石(ざとういし)・久渡寺(くどじ)地域、巌鬼山(がんきさん)神社・赤倉・大石地
域など市域内の観光地は、地域住民のレクリエーシ...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第1章 地形と地質 第2節 地質系統一覧 13.大和沢層※Ⅲ)(おおわさわそう)
[[大和沢層※Ⅲ)(おおわさわそう)]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
る本層は、主に細粒凝灰岩と珪藻土岩から成り、珪藻土岩中には黒色珪質頁岩の薄層を数
枚挟む。弘前市南西の久渡寺山を構成する久渡寺流紋岩(岩井,1965)は、本層の中~下部
と指交*33関係にある。珪藻土岩から有孔...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第一節 津軽平野の地形区分 一 弘前市の位置および外形
[[弘前市の位置および外形]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
ル)・尾開(おびらき)山(五〇九メートル)などの山稜(さんりょう)が、相馬村と境する稜
線の延長部には久渡寺山(くどじやま)(六六三メートル)などが連なっている。最東端は平
川から東側に張り出した乳井(にゅうい...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第三節 津軽平野南部の地形発達 二 弘前市街地の地形
桔梗野面
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
ものの、全体として平滑な面として分布している。桔梗野面の扇央部から扇端部にかけて
の地形をみると、県道久渡寺新寺町線の若葉・大原から樹木にかけては一〇〇〇分の二〇
と勾配が大きい。扇端部には駒木浮石流凝灰岩で覆...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第五節 山地と丘陵の生い立ち [[山地と丘陵の生い立ち]]
山の上にみられる大昔に川が流れていた跡
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
に併走してみられるリニアメント。矢印の①~④は断層鞍部の位置。(国土地理院発行2万
5千分の1地形図「久渡寺」を使用)砂利のみられるところを境に、その下にある地層は東
西で傾斜方向が異なっている。東側はほとんど...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第五節 山地と丘陵の生い立ち 二 深い海に泥が堆積した時代
石油を生み出した地層
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
層には少ない暗灰色の泥岩からなり、その表面は風化を受けて白くなっている。弘前市の
南方、大和沢付近から久渡寺山のふもとに分布するこの時代の地層には、火山灰が降り積
もってできた地層が多く、軽石片が変質した結果で...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第1章 津軽の自然 第五節 山地と丘陵の生い立ち 五 日本列島の土台ができた時代
弘前でみられる最古の地層
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
弘前市内で最も奥まったところである大和沢川の上流部は、久渡寺山や毛無山(けなしや
ま)に挟まれて、深い谷川が長く続いている。大和沢川の源頭(げんとう)である西股(...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第一節 確立期における藩政の動向 五 殖産政策と文教政策
野本道玄の招聘
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
より男女10余人の織物工を招く。1701元禄14473月,紺屋町に織物会所を設置。8月,樹木
派立より久渡寺にかけて,60余町歩桑園を開く(現在,野元の地名あり。)12月,蚕飼養法
記を執筆。1702元禄154...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第一節 確立期における藩政の動向 五 殖産政策と文教政策
林政の展開と漆木の栽培
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
4)高杉組鬼沢村(現鬼沢)の野山に松・杉等の植林を命じる。杉・松等を和徳組小沢村へ年
2500本ずつ,久渡寺(現坂元)境に年1700本植樹を命じる。宝永2(1705).3津軽坂村(現青森
市鶴ヶ坂)・岩渡村(現...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第6章 維新変革と藩体制の解体 第二節 戊辰戦争と弘前 四 庄内出兵と野辺地戦争 (二)庄内出兵
民衆の動揺
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
は約三六キロメートルほどの距離だが、八月二十七日には大円寺(だいえんじ)(現最勝院)
五重塔の番僧から久渡寺(くどじ)方面の山陰に火の手がみえるとの報知があった(『弘前
藩記事』明治元年八月二十七日条)。そこで...