弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (0 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (2 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (12 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (0 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (0 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (21 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (0 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (0 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (1 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (0 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (0 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[年表] 年表・索引編 (1 件)

ソート機能:
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第5章 弘前市内の主な遺跡 第2節 古代の遺跡
4.中崎館遺跡
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
ほか、折敷・樋底・箸・瓢箪製杓子等の木製品、陶磁器・かわらけ・鉄製品が出土してい
る。カラー図5上段:中崎館遺跡出土鉄製品下段:中崎館遺跡出土井筒④堀跡2本の堀跡と
も、郭を区画する薬研状あるいは箱薬研を呈する小規...
新編弘前市史 資料編1(考古編) [序] 資料編1「考古編」掲載図・表・写真一覧
[[資料編1「考古編」掲載図・表・写真一覧]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
長者森遺跡竪穴住居跡図44石川長者森遺跡出土遺物(土師器・須恵器)図45石川長者森遺跡
出土遺物図46中崎館遺跡位置図図47中崎館遺跡遺構配置図図48中崎館遺跡掘立柱建物跡(1
)図49中崎館遺跡掘立柱建物跡(2)...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第4章 中世・近世 第5節 陶磁器類
1.12世紀の様相
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
られるものは認められず、少なくとも12世紀代と想定される製品に、蓬田大館遺跡・高館
遺跡・浪岡城内館・中崎館遺跡・伝山王坊の出土品があり、蓬田大館遺跡では中国製の青
磁・白磁碗と渥美と推定される甕及びかわらけ、高館...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第一節 中世的北方世界の開幕 三 考古学からみた中世的世界
かわらけと陶磁器
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
中崎館遺跡から出土する遺物のなかでもっとも特色のある遺物が「かわらけ」(写真80)と
いわれるもので、基本的には...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第5章 弘前市内の主な遺跡 第3節 中世・近世の遺跡
3.野脇遺跡
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
る後背湿地と沖積面の境界上に遺跡があったと考えられる。12世紀後半から13世紀前半の
遺跡として著名な中崎館遺跡の南西120mにあり、月夜見橋に隣接して中崎集落の一画を成
している。図125遺跡の位置図野脇遺跡位置...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第一節 中世的北方世界の開幕 三 考古学からみた中世的世界
竪穴から掘立柱へ
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
ているため、整理した結果、一三世紀前半を中心として六期に要約すると以下のようにな
る(図35)。図35中崎館遺跡の遺構変遷Ⅰ期居住区内に区画性が薄弱で小さい掘立柱建物跡
が数棟存在するだけである。Ⅱ期南側と北側に区...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第3章 古代 第3節 飛鳥・奈良・平安時代 1.各時代の概観
(4)12世紀代
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
県の遺跡は、青森市内真部(うちまっぺ)遺跡、弘前市境関館遺跡、浪岡城内館跡、市浦村
十三湊遺跡、弘前市中崎館遺跡、蓬田村蓬田大館遺跡などの16遺跡で、そのほとんどが津
軽地方のものであり、県南地方では2遺跡しか発見...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第一節 中世的北方世界の開幕 三 考古学からみた中世的世界
四耳壺の出土
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
へ搬入された四耳壺をみると、白磁四耳壺は浪岡城跡内館、瀬戸四耳壺は市浦村・伝山王
坊遺跡、珠洲四耳壺は中崎館遺跡をはじめとして田舎館村・平賀町・浪岡町などの地域か
ら出土している(図33)。このうち、一定量のかわら...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第3章 古代 第3節 飛鳥・奈良・平安時代 3.古代の生産活動と生活用具 (1)農業生産物と農具 [[農業生産物と農具]]
-農具-
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
跡で出土している。この中でも古代前期(7~8世紀)には李平下安原遺跡が、また古代末期
(12世紀)には中崎館遺跡のものが相当し、他は古代後期(9~11世紀)のものである。7~11
世紀のものは形状でも大きな変化が認...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第4章 中世・近世 〈注一覧…第4章〉
[[〈注一覧…第4章〉]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
跡発掘調査報告書第2次発掘調査』(平賀町埋蔵文化財報告書第19集)1990年70)青森県教育
委員会『中崎館遺跡』(青森県埋蔵文化財調査報告書第129集)1990年71)半沢紀「飯詰高楯
城址採集の陶磁器について」...
新編弘前市史 資料編1(考古編) [付図]
[[付図]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
市大字下湯口字青柳59-9城館跡平安02065三世寺遺跡弘前市大字三世寺字色吉8包含地平
安02067中崎館遺跡弘前市大字中崎字川原田354ほか包含地平安,鎌倉02073小友遺跡弘前
市大字小友字宇田野199包含地...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第2章 津軽の原始時代 第一節 青森県の考古学研究史 五 第Ⅲ期…緊急発掘の時代
発掘調査の成果
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
だびだて)遺跡(一九八五・八六年発掘、十四~十五世紀=鎌倉時代)(141)、弘前市中崎(
なかざき)の中崎館遺跡(一九八八年発掘、十二世紀後半~十三世紀初頭=平安末期~鎌倉
時代)(142)、南津軽郡平賀町大光寺(...
新編弘前市史 通史編1(自然・原始) 第2章 津軽の原始時代 第一節 青森県の考古学研究史 五 第Ⅲ期…緊急発掘の時代
第一節 注および引用・参考文献
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(自然・原始)
育委員会『荼毘館遺跡』(青森県埋蔵文化財調査報告書一一〇)一九八八年三月(142)青森
県教育委員会『中崎館遺跡』(青森県埋蔵文化財調査報告書一二九)一九九〇年三月(143)
平賀町教育委員会『大光寺新城跡遺跡発掘...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第3章 古代蝦夷の時代 第四節 考古学からみた平安時代の津軽 四 擦文文化との交流
本州の擦文文化の実態
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
跡、一一世紀代を主体とする荼毘館(だびだて)遺跡第一〇一号竪穴住居跡や境関館遺跡、
あるいは後に触れる中崎館遺跡でもこの類の土器が出土している。なお、終末期に位置付
けられる横走沈線文土器の分布は、津軽地方から北海...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第3章 古代蝦夷の時代 第四節 考古学からみた平安時代の津軽 四 擦文文化との交流
擦文文化の終末年代
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
。しかし、一二世紀中葉に構築され、一二世紀末から一三世紀前半に終末を迎えた可能性
が高いとされる弘前市中崎館遺跡堀跡(SD01)の堆積土および底面から出土した擦文土器が
、一二世紀後半以降の製作と推定されるかわらけ...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第一節 中世的北方世界の開幕 三 考古学からみた中世的世界
中崎館の鉄製品
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
出土が認められるのに、食生活においてもっともたいせつな鍋が見当たらないのである(
写真84)。写真84中崎館遺跡出土の鉄製品その理由としては鉄の再加工という行為が関係
していると考えられる。鍋や釜は鋳鉄(ちゅうてつ...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第一節 中世的北方世界の開幕 四 中世前期の交易
埋納銭の出現
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
が一括して出土することからも追認できる(写真85)。写真85浪岡城跡出土の埋納銭弘前市
域の遺跡でも、中崎館遺跡では元豊通宝(げんぽうつうほう)(北宋、一〇七八年初鋳)・景
祐通宝(けいゆうつうほう)(北宋、一〇二...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第二節 鎌倉幕府の東夷成敗権と得宗領津軽 六 境界の地津軽と「東夷成敗」権、そして安藤氏
安藤氏の所領
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
、現地比定としても正しくない。弘前市三世寺の付近には、平泉政権と密接なかかわりを
有するものと思われる中崎館遺跡が存在する。この地を安藤氏が所有しているというのは
極めて象徴的なことでもある。「湊」については、それ...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第三節 南北交易と「境界地域」津軽 三 中世の道具と生産
住の道具
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
の上でヒバの側板をはめ込んだ井戸枠も存在し、木材加工の技術的な一面を理解すること
ができる。写真174中崎館遺跡出土の井筒井戸から汲み上げた水を貯蔵するものとして、
陶器の甕や曲物が使われていたと考えられ、陶器では...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第三節 南北交易と「境界地域」津軽 三 中世の道具と生産
戦いの道具
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
。市内の遺跡では、古代の遺物が出土している小友(おとも)遺跡でも古い形態の小札が一
点(写真177)、中崎館遺跡からは平根(ひらね)型鉄鏃一点と鑿根(のみね)型鉄鏃二点の出
土がみられる。写真177小友遺跡出土の小...