弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (0 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (5 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (5 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (1 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (0 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (0 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (1 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (0 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[年表] 年表・索引編 (0 件)

ソート機能:
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第5章 弘前城下と都市住民 第一節 城下の構造 三 市域の変遷
宝暦期の城下
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
転が進んだ。この背景には、元禄八年の大飢饉によって藩財政が窮乏し、翌年「減少」と
呼ばれる政策によって下級武士・御用職人・能役者などを中心に一〇六〇人に暇(いとま)
が出された。その結果、城下の武家屋敷に大量の空...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第7章 藩政期の人々の生活 第一節 武家の生活 三 藩士の衣食住 (二)食事
[[食事]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
全国的にみると、大名に近いレベルの上級武士とは別に、中・下級武士は米七分・麦三分
ほどの麦飯を食べていた。家計はかなり初期から慢性的な赤字状態に陥っていた者が多く
、家...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第7章 藩政期の人々の生活 第一節 武家の生活 三 藩士の衣食住 (三)住居
[[住居]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
者は通常、城の近くに置かれ、特に家老級の重臣は城の外郭内に広い屋敷に大きな家屋を
持つことが多かった。下級武士は身分・職掌によってまとめられ、さらに軽輩である足軽
・小者(こもの)などは武家町から離し、町人町の外...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第2章 幕藩体制の成立 第三節 高岡築城と城下町の成立 一 築城と都市高岡の形成
城下高岡の形成
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
あり、川とともに防御体制が敷かれている。いずれも中級武士の屋敷があったのであろう
。足軽・小人といった下級武士も城下の南北端に配置され、南溜池のすぐ北に足軽町があ
った。北端の様子は前述したとおりである。町人の屋...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第一節 確立期における藩政の動向 四 元禄九年の家臣召し放ちと支配機構の再編
信政晩年の藩政
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
永六年(一七〇九)正月、桜庭太郎左衛門は二通目の建白書を差し出した。桜庭は、まず家
中の窮乏を指摘し、下級武士の貧困、役料が上納され小身の者の役儀に差し障りが出てし
まうことなどを指摘している。次いで村落と農政に...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第一節 藩体制の動揺 二 商品経済の展開と藩財政の窮乏 (二)知行借り上げと蔵入り
俸禄の支給方法
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
の「大相場」で精算をする方法となっていた(同前No.四三)。しかし、三分の一借り上げ
という措置は特に下級武士の生活を直撃し、藤田権左衛門は「右の事ゆえ、御家中一統至
極難儀の儀、某(それがし)などは実に極窮罷り...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第三節 蝦夷地警備と化政期の藩政 五 司法制度の整備と変遷 (一)司法制度
預け・入牢・護送
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
調べの結果無罪放免となっても、その人物は周囲から冷たい目でみられたようである。そ
のため、百姓や町人(下級武士をも含む)などで容疑のはっきりしない者や軽い罪の者は、
文化二年(一八〇五)十月、弘前城下の馬喰町(ば...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第四節 天保の飢饉と藩政 一 天保の飢饉と農村 (二)人返しと人別把握
文久の面改め
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
ので、このようなことの起こらないよう村・町役に厳重に申し付けている(第一二条)。な
お、生活に困窮した下級武士・足軽の妻女が、内職同様に青物(野菜類)を触れ売りして処
分されている例が「国日記」にみえる(資料近世...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第5章 弘前城下と都市住民 第一節 城下の構造 一 町方の構成
戸口と住民構成
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
保城絵図の下図と思われる寛永末年の「津軽弘前城之絵図」(弘前市立博物館蔵)によれば
、城下の武家屋敷(下級武士である徒(かち)衆を含む)の数は五二八軒であるのに対して、
町家は約一一三〇軒で、武家と町家の比率が一...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第7章 藩政期の人々の生活 第一節 武家の生活 四 藩士の日常生活 (三)日常生活
生活の困窮
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
職をして糊口をしのぐ者さえ出たほどで、このような状態は他藩においても共通していた
のである。図104.下級武士の内職藩士の生活困窮を質屋との関係からみると、江戸時代を
通じて弘前城下の質屋の数は、どれくらいあって...
新編弘前市史 通史編5(近・現代2) 第四章 戦前・戦中の弘前 第三節 地域経済の動向 五 恐慌・戦時下の工業
津軽塗
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編5(近・現代2)
弘前市の名産として有名な津軽塗は、四代藩主津軽信政が奨励して以来、代々の藩主によ
って名産の育成と下級武士の内職として保護助成されてきた。津軽塗製品は明治になると
次第に普及し始めるが、その契機となったのが、...