弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (3 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (56 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (24 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (3 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (1 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (1 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (1 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (5 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (0 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (1 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (10 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (1 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[年表] 年表・索引編 (10 件)

ソート機能:
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第三節 西廻り海運と上方市場 一 西廻り海運の発展~北国海運から西廻り海運へ
上方廻米
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
上方廻米は、貞享四年(一六八七)にすべての上方廻米を大坂着とする政策が出される以前
は、敦賀と大坂の両方に...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第一節 藩体制の動揺 三 乳井貢の登用と宝暦改革 (三)改革の諸政策とその展開
銀遣いへの変更と商人の活用
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
藩は上方商人から大きな借金を抱えていたが、それが累積していく大きな要因として乳井
貢ら御調方役所の認識にあった...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第2章 幕藩体制の成立 第二節 藩体制の成立 一 初代・二代藩政の動向
初代為信の動向
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
に絡み合ったためである(藤井譲治『日本の歴史⑫江戸開幕』一九九二年集英社刊)。この
ため、為信も津軽と上方を往復しており、また長子信建(のぶたけ)も病気がちでありなが
ら、為信不在の場合よく代理を務めていた。...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第三節 西廻り海運と上方市場 一 西廻り海運の発展~北国海運から西廻り海運へ
西廻海運と領内の整備
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
西廻海運の発達は、大坂市場の発達とともに盛んとなり、流通機構の再編成を促した。津
軽地方における上方廻米は、文禄四年(一五九五)の組屋源四郎による、太閤蔵米(たいこ
うくらまい)の南部と小浜への売却が知...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第三節 西廻り海運と上方市場 一 西廻り海運の発展~北国海運から西廻り海運へ
西廻海運による大坂廻米
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
西廻海運が実現すると、上方廻米に利用される廻船の多くが大坂での雇船となった。しか
も、積米の不足を訴えるほど潤沢な雇船が存在し、...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第一節 藩体制の動揺 二 商品経済の展開と藩財政の窮乏 (一)廻米と借財
宝暦~天明期の弘前藩の財政状況
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
米買上げによって補填されていたことが明らかである。一方、支出は二一万二四七石余、
費目の中で最大なのが上方への移出米で、六万五〇〇〇石、全支出の三〇・九二パーセン
トを占め、上方市場に立脚した経済政策がとられ...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第四節 天保の飢饉と藩政 二 藩財政の窮乏と流通統制 (一)藩財政の窮乏
文化~文政期の藩財政
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
は大きな増加はみられず、一定の成果があったと思われる。しかし、これだけでは自ずか
ら限界があり、江戸・上方の蔵元(くらもと)や幕府の公金からの借財が増加していった。
幕府からの援助は、拝領金の貸与(たとえば文...
新編弘前市史 資料編2(近世編1) 第4章 産業と海運の発達
【解説】
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編2(近世編1)
する史料と、漆木の植林奨励についての史料を掲げた。第二節の「海運の発達」では、海
上交通による津軽領と上方及び江戸、蝦夷地などとの人や諸物資の交流についての史料を
中心に掲げたが、本節を節として独立して立てる...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第2章 幕藩体制の成立 第四節 近世前期の商品流通と交通の整備 一 青森開港と初期海運
[[青森開港と初期海運]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
慶長八年(一六〇三)、江戸幕府が成立した後、海運を通じた北奥地方と上方との経済的関
係は、寛文年間(一六六一~七三)、上方に至る西廻り航路が成立するまでは、主として北
陸地方...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第2章 幕藩体制の成立 第四節 近世前期の商品流通と交通の整備 二 陸上交通網の整備と岩木川舟運
家中払米の展開
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
七人の小知行士(こちぎょうし)が米合計三一石五斗を松前へ積み出すことを願い出ている
。七人の小知行士は上方詰中であり、その滞在費捻出のためであろうか。同年四月二十六
日付の長内金助の青森沖口出米願書(同前No...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第三節 西廻り海運と上方市場 一 西廻り海運の発展~北国海運から西廻り海運へ
中世の北国海運
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
の在り方を反映したものであった。また、酒田の舟持商人は、特に最上氏家臣などの蔵元
的機能を持っており、上方商人に中継して蔵米の売却を行っていて、酒田と上方(敦賀)間
の蔵米の廻漕・販売は行ってはいなかったよう...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第一節 藩体制の動揺 三 乳井貢の登用と宝暦改革 (二)改革の課題と推進体制
宝暦改革の課題
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
ことになる。そして、これに拍車をかけたのが、連年の不作・凶作であった。藩は、廻米
を担保として、江戸や上方の有力商人からの借財によってこれをしのいでいくことになる
が、特に寛延二年(一七四九)の大凶作によって...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第五節 安政の開港と蝦夷地警備 二 沿岸警備と蝦夷地警備 (三)蝦夷地分領体制と西蝦夷地の経営
対蝦夷地政策と青森商人の商業活動
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
されることになった。同二年には五〇〇俵、翌同三年には一〇〇〇俵の塩が生産され、滝
屋が販売人となって、上方からの下り塩の八掛け程度の値段で売却された。蝦夷地におけ
る塩の需要を見越して、藩の支援による新たな製...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第8章 藩政期の文化 第二節 学芸の開花 一 学問 (三)諸学
野本道玄
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
信政が上方から招いた技能者の内のひとりに野本道玄(一六三六~一七一〇)がいる。伝え
によれば、道玄は木下長嘯子の...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第8章 藩政期の文化 第二節 学芸の開花 四 美術・工芸
弘前市内寺院所蔵の彫刻・絵画
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
戸時代一般の仏像と好対照な親しみのもてる表情が特徴的である。それら以外の弘前の仏
像のほとんどは江戸や上方から入手したものであるが、江戸京橋の小林長五郎作・西光寺
金光上人坐像、京堀川綾小路弘教作・報恩寺地蔵...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第2章 明治後期の弘前 第六節 弘前公園の開設と市民生活 二 世相と市民生活
和服と呉服商
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
この時代は、上方各地から移入の反物が呉服屋の店頭に並べられ、顧客は時の流行や好み
に応じて選択することができるようにな...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第2章 明治後期の弘前 第六節 弘前公園の開設と市民生活 二 世相と市民生活
食生活の変化
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
ら、毎日でも魚を買う習わしになっていった。例えば漬物などもオグ漬といった冬越しの
保存漬だけではなく、上方衆に真似ていわゆる新香(しんこう)が膳に上るようになった。
食後にも白湯(さゆ)でなく茶を飲むことにし...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第1章 統一政権と北奥の動向 第二節 天正十八年の奥羽日の本仕置と北奥 三 鷹献上と鷹保護
鷹献上システムの成立
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
寺、越前内北庄、付中、今城、疋田、江州内かい津、大みそ、坂本、右の朱印状は、津軽
為信が御鷹を津軽から上方へ献上するのに、その道筋に当たる日本海側の各主要な宿泊地
において、鷹餌(たかえさ)の給与と道中の賄い...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第二節 土地制度の確立と前期農政の展開 四 元禄飢饉と農政の転換
農政の転換
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
津軽弘前藩では、元禄四年(一六九一)から江戸・上方蔵元(くらもと)の丁字屋(ちょうじ
や)が藩の財政を掌握しており、京都の金主(きんしゅ)(当時、江戸に...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第三節 西廻り海運と上方市場 二 十三廻しと領内商品流通
材木移出
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
域の船頭であった。一方、領内の船頭の場合、万治三年(一六六〇)七月に、十三の船頭甚
兵衛は津軽弘前藩が上方市場での販売を目的とした、「御用木」を廻漕していたことが知
られる。もちろん、この材木が十三湊から移出...