弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (0 件)

[目録] 文学館 (2 件)

[目録] 成田文庫 (3 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (2 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (3 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (19 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (14 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (1 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (1 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (1 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (1 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (3 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (2 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[年表] 年表・索引編 (2 件)

ソート機能:
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第1章 明治前期の弘前 第四節 文明開化と東奥義塾 三 東奥義塾とキリスト教
キリスト教
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
、数々のキリスト者を送り出した土地であるが、『七一雑報』によると、明治五年(一八
七二)に成田五十穂がキリスト教宣教を始めている。翌年にはウォルフ夫妻が着任して、
宣教師による伝道も開始された。ウォルフは安息日ごと...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第2章 明治後期の弘前 第五節 教育の発展と充実 二 中等教育
教育とキリスト教の問題
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
督教ノ聖教ヲ授ク」という一項がそれであり、規則改正に当たって県は削除すべきものと
して但し書をつけた。キリスト教について教えるのは、弘前女学校にとっては重要なこと
であり撤回できないと再三申し入れたが、許可は下りな...
新編弘前市史 通史編5(近・現代2) 第五章 戦後の弘前 第五節 労働運動の再興と世相 三 戦後のキリスト教
キリスト教の復興
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編5(近・現代2)
敗戦によって諸教会の合同を強制した宗教団体法は廃止され、諸教会の日本基督(キリス
ト)教団からの離脱が行われたが、大勢は一九四一年(昭和一六)の合同を解消せず、教
団を一つの教会として歩み...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第8章 藩政期の文化 第三節 宗教と信仰 一 宗教政策の展開と特徴 (三)キリシタンの流罪とキリシタン改め
[[キリシタンの流罪とキリシタン改め]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
フランシスコ・ザビエルが、天文十八年(一五四九)、キリスト教を鹿児島に伝え、南蛮(
なんばん)宗・伴天連(ばてれん)宗とも呼ばれた。後に吉利支丹(きりしたん)とな...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第1章 明治前期の弘前 第四節 文明開化と東奥義塾 三 東奥義塾とキリスト教
私学東奥義塾の終焉-公立への移管
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
法が発布されたころには、地域の人々が議事運営について同校に習いにきた。さらに東奥
義塾は自由民権運動やキリスト教普及の拠点にもなった。また、ここでは詳述できなかっ
たが、明治十年にアメリカに送り出した留学生たちも、...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第3章 大正期の弘前 第一節 大正デモクラシーと弘前市 五 弘前における労働および社会問題 (二)竹内兼七、笹森修一とその周辺
青森県の社会運動の始まり
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
会運動となり、政治運動になるには五〇年の前史があった。本県における社会運動史は、
明治初年から行われたキリスト教の布教に始まる。キリスト教の布教は、一種の社会啓蒙
運動であった。本県の文化がキリスト教の運動に啓発さ...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第1章 明治前期の弘前 第四節 文明開化と東奥義塾 三 東奥義塾とキリスト教
[[東奥義塾とキリスト教]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
に記述する。東奥義塾は旧藩学校を継承して設立され、津軽地方の教育体制の中心であっ
たとともに、同地方ヘキリスト教や自由民権運動が広まる拠点でもあった(なお、東奥義
塾に関連する研究及び研究史については北原かな子『洋...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第2章 明治後期の弘前 第五節 教育の発展と充実 二 中等教育
弘前女学校の創設
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
メソジスト派(イギリスで興ったキリスト教プロテスタント諸派の一つ)の外国伝道協会は
明治十五年(一八八二)、函館に遺愛女学校を開校したが、その...
新編弘前市史 通史編5(近・現代2) 第四章 戦前・戦中の弘前 第六節 恐慌・戦時下の社会運動と世相 四 戦時下のキリスト教弾圧
宗教団体法の成立
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編5(近・現代2)
力を献(ささ)げ、東亜における恒久平和確立のため祈らんことを期す」と戦争協力を宣
言していた。しかし、キリスト教に対する圧迫は強く、昭和十六年十一月東奥義塾は退役
陸軍中将浅田良逸男爵を塾長に迎えた。これは浅田が笹...
新編弘前市史 通史編5(近・現代2) 第七章 都市計画と市民生活基盤の整備 第四節 観光都市をめざして 五 市制施行百周年と弘前市の記憶
見直したい弘前市の記録
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編5(近・現代2)
した政策として積極的に評価できるものであろう。これら洋風建築物の多さは、まず第一
に、弘前に入ってきたキリスト教の影響が大きかった。現在でも弘前昇天教会、弘前学院
外人宣教師館、弘前カトリック教会、日本キリスト教団...
新編弘前市史 資料編2(近世編1) 第1章 藩政成立への道 編年史料(天正十七年~明暦二年)
編年史料 (天正十七年~明暦二年)
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編2(近世編1)
一六一三)十一月、この月、津軽信枚、熊野宮に棟札を奉納する。●慶長十九年(一六一四
)正月、江戸幕府、キリスト教の寺院を破壊し、宣教師を追放する。諸大名も幕府の命に
従い教徒を禁圧し、命に従わない者を奥州外浜へ追放...
新編弘前市史 資料編3(近世編2) 第8章 藩政期の宗教と信仰
【解説】
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編3(近世編2)
に関するものを抽出した。江戸幕府は、寛永十二年(一六三五)全国に切支丹弾圧の法令を
出し、島原の乱後はキリスト教徒ではないことを檀那寺が請け合う檀家制度が組織された
。また、キリスト教徒で棄教した者は子々孫々まで追...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第1章 明治前期の弘前 第四節 文明開化と東奥義塾 三 東奥義塾とキリスト教
草創期の外国人教師たち
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
師として本多庸一とともに弘前に着任した。弘前に来てからのイング夫妻の活躍は、半ば
伝説化している。特にキリスト教は、後述のようにめざましい広がり方を見せた。ほかに
キリスト教の人権思想から来る男女平等思想や、讚美...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第1章 明治前期の弘前 第四節 文明開化と東奥義塾 三 東奥義塾とキリスト教
ジョン・イングの貢献
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
えた開識社が、日本で最も早い文学会組織とされている(明治九年十一月ごろの発足)。明
治二十年代になるとキリスト教系の学校に同様の組織が作られるようになった。東奥義塾
の「文学社会」の場合、明治七年末のイング着任後そ...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第2章 明治後期の弘前 第七節 弘前の宗教者ほか 一 ホーリネス教会の中田重治
伝道の日々
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
古い私塾の建物を借りて共同生活をし、中央福音伝道館を開き、昼は聖書教室、夜は伝道
館とした。このころ、キリスト教界では「二十世紀大挙伝道」が行われていた。十九世紀
は世紀末(ファン・ド・シエークル)を終わり、新しい...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第2章 明治後期の弘前 第七節 弘前の宗教者ほか 三 僧衣の〝阿倍仲麻呂〟千崎如幻
アメリカに伝える禅の心
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
であって、時には金門橋で冥想し、またサンフランシスコ公共図書館で勉学にいそしんだ
。十年間私はもっぱらキリスト教を勉強した。キリスト教を知らずして白人に仏教を説け
ない」と語った。それは禅語の「歩々是れ道場」の生き...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第3章 大正期の弘前 第一節 大正デモクラシーと弘前市 五 弘前における労働および社会問題 (二)竹内兼七、笹森修一とその周辺
笹森修一、修二兄弟と社会主義研究団体
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
学した。上京して西川光二郎グループに接近、そして、弘前出身の謎多い社会主義伝道行
商人原子基や、熱心なキリスト教社会主義者渡辺政太郎と行動をともにして、貧民街のチ
ラシ撒きなどしている。そのため、翌年青山学院を追わ...
新編弘前市史 通史編5(近・現代2) 序 新編 弘前市史 通史編5(近・現代2) 目次
[[目次]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編5(近・現代2)
…………………………………248三世界大恐慌と弘前市民……………………………………
…259四戦時下のキリスト教弾圧……………………………………274五戦時体制下の弘前市
政………………………………………276第五...
新編弘前市史 通史編5(近・現代2) 第八章 近現代弘前市の文化活動 第四節 近現代の建築 一 明治時代の洋風建築
教会堂建築
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編5(近・現代2)
弘前は一方で、建築洋風化の要素を持ったキリスト教伝導の先進の地でもあり、当然のこ
とながら、早くから教会堂が建設された。明治三十年(一八九七)に再建さ...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第4章 幕藩体制の動揺と民衆 第三節 蝦夷地警備と化政期の藩政 三 蝦夷地引き揚げと沿岸警備 (一)文政四年の警備引き揚げ
警備引き揚げとその背景
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
五年のウィーン会議の立役者の一人として「ウィーン体制」の確立に寄与し、ヨーロッパ
の君主たちに対して、キリスト教の愛と親睦の精神で同盟する、いわゆる「神聖同盟(し
んせいどうめい)」を提唱したことに代表されるように...