弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (1 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (11 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (3 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (3 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (1 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (10 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (0 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (0 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (1 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (1 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (0 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[年表] 年表・索引編 (1 件)

ソート機能:
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第5章 弘前市内の主な遺跡 第2節 古代の遺跡
4.中崎館遺跡
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
は用いられていない。井戸跡内からは、上記の井筒のほか、折敷・樋底・箸・瓢箪製杓子
等の木製品、陶磁器・かわらけ・鉄製品が出土している。カラー図5上段:中崎館遺跡出
土鉄製品下段:中崎館遺跡出土井筒④堀跡2本の堀跡...
新編弘前市史 資料編1(考古編) [序] 資料編1「考古編」掲載図・表・写真一覧
[[資料編1「考古編」掲載図・表・写真一覧]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
(把手付土器)図4910・11世紀の土師器(甑・羽釜・内耳土堝・土製かまど)図5012世紀の土
師器(かわらけ)図51津軽地方の擦文土器(1)図52津軽地方の擦文土器(2)図53津軽地方の擦
文土器(3)図54津...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第3章 古代 第3節 飛鳥・奈良・平安時代 1.各時代の概観
(4)12世紀代
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
(あつみ)・珠洲(すず)焼などの国産陶器が出土している。また、同時にロクロ製や手づく
ね製の二種類の「かわらけ」と呼ばれる素焼きの土器も出土している。「かわらけ」は、
京都風の晴れの宴席で使用されるもので、平泉の...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第4章 中世・近世 第5節 陶磁器類
1.12世紀の様相
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
館・中崎館遺跡・伝山王坊の出土品があり、蓬田大館遺跡では中国製の青磁・白磁碗と渥
美と推定される甕及びかわらけ、高館遺跡では中国製白磁小皿、浪岡城内館では中国製白
磁四耳壺・合子・碗と須恵器系甕・常滑渥美系甕及び...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第4章 中世・近世 第5節 陶磁器類
7.陶磁器の組成
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
内の遺跡を中心として12世紀から17世紀代の比率を見ると、12世紀後半を主体とする中崎
館では陶磁器とかわらけが双方50%となり、以後かわらけが出現しなくなる。13・14世紀
になると荼毘館のように青磁・白磁の舶...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第3章 古代 第3節 飛鳥・奈良・平安時代 3.古代の生産活動と生活用具 (3)土器生産 〈1〉津軽地方の土師器と擦文土器
-中世Ⅰ期(12世紀代)-
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
中崎館・内真部・蓬田大館・浪岡城内館・矢立廃寺においては、大小2種類で、2技法をも
った在地及び京都系かわらけ、須恵器系及び瓷器(しき)系国産陶器、青磁・白磁等の輸入
磁器などが組み合わさるかわらけは、ロクロ使用...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第3章 古代 第3節 飛鳥・奈良・平安時代 5.古代の交易・交流 (1)東北地方南部以南との交易・交流 [[東北地方南部以南との交易・交流]]
[[東北地方南部以南との交易・交流]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
から直線距離にして約200kmも離れているにもかかわらず、遺跡の数、あるいは出土遺物
の中での「京都系かわらけ」や中国製陶磁器・国産陶磁器は平泉の都市域やその周辺、あ
るいはそれと深くかかわる地域と様相を同じくし...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第3章 古代 〈注及び参考文献一覧…第3章〉
[[〈注及び参考文献一覧…第3章〉]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
1994年*312東北大学東北文化研究会編『奥州藤原史料』1978年*313松本建速「柳之御所跡
出土かわらけ編年試案」(研究紀要ⅨⅢ)1993年*314工藤雅樹『古代の蝦夷』河出書房新社
1992年*315近藤...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第5章 弘前市内の主な遺跡 第2節 古代の遺跡
5.荼毘館遺跡
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
高台坏がある。これらは、10世紀後半~11世紀末の特徴を持ったものである。ほかに、12
世紀代の大小のかわらけの皿が少量ある。須恵器は長頸壺、大甕であるが個体数は少ない
。主体は、津軽五所川原窯産のものであるが、...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第5章 弘前市内の主な遺跡 第2節 古代の遺跡
6.独狐遺跡
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
るものと考えられるが、遺構内の出土遺物がないため明確ではない。該期の出土遺物は、
ロクロ使用の小型皿(かわらけ)・白磁小壺・劃花文(かくかもん)青磁椀・珠洲鉢・渥美壺
である。※参考文献青森県教育委員会『独狐遺跡...