弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (1 件)

[目録] 文学館 (0 件)

[目録] 成田文庫 (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (11 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (3 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (3 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (1 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (10 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (0 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (0 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (1 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (1 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (0 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[年表] 年表・索引編 (1 件)

ソート機能:
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第三節 南北交易と「境界地域」津軽 二 陶磁器と津軽
かわらけ地域
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
さて、もう一つの問題はかわらけである。北日本では一二世紀ごろから津軽地域を中心と
して中国陶磁器が認められるが、一三世紀前半まではか...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第一節 中世的北方世界の開幕 三 考古学からみた中世的世界
かわらけと陶磁器
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
中崎館遺跡から出土する遺物のなかでもっとも特色のある遺物が「かわらけ」(写真80)と
いわれるもので、基本的には皿形の土器である。主として宴会など非日常的なハレの場で
使用...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第5章 弘前市内の主な遺跡 第2節 古代の遺跡
4.中崎館遺跡
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
は用いられていない。井戸跡内からは、上記の井筒のほか、折敷・樋底・箸・瓢箪製杓子
等の木製品、陶磁器・かわらけ・鉄製品が出土している。カラー図5上段:中崎館遺跡出
土鉄製品下段:中崎館遺跡出土井筒④堀跡2本の堀跡...
新編弘前市史 資料編1(考古編) [序] 資料編1「考古編」掲載図・表・写真一覧
[[資料編1「考古編」掲載図・表・写真一覧]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
(把手付土器)図4910・11世紀の土師器(甑・羽釜・内耳土堝・土製かまど)図5012世紀の土
師器(かわらけ)図51津軽地方の擦文土器(1)図52津軽地方の擦文土器(2)図53津軽地方の擦
文土器(3)図54津...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第一節 中世的北方世界の開幕 二 奥州藤原氏の登場と北方世界
奥大道と文物の流通
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
も園地を伴った寝殿造り、京都風の生活であった。また出土遺物も質・量ともに豊富で、
陶磁器とともに大量のかわらけが出土している。かわらけとは素焼きの土器で、儀式的な
宴会の際に、使い捨ての食器として使用されるもので...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第一節 中世的北方世界の開幕 三 考古学からみた中世的世界
四耳壺の出土
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
に描かれている状況をみると、白磁四耳壺は酒器、つまり酒を入れる器として使用し、柄
杓(ひしゃく)などでかわらけに酒を盛るための用途が推測される(写真82)。平泉では同時
に出土するかわらけの量が一〇トン以上と厖大...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第3章 古代 第3節 飛鳥・奈良・平安時代 1.各時代の概観
(4)12世紀代
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
(あつみ)・珠洲(すず)焼などの国産陶器が出土している。また、同時にロクロ製や手づく
ね製の二種類の「かわらけ」と呼ばれる素焼きの土器も出土している。「かわらけ」は、
京都風の晴れの宴席で使用されるもので、平泉の...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第4章 中世・近世 第5節 陶磁器類
1.12世紀の様相
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
館・中崎館遺跡・伝山王坊の出土品があり、蓬田大館遺跡では中国製の青磁・白磁碗と渥
美と推定される甕及びかわらけ、高館遺跡では中国製白磁小皿、浪岡城内館では中国製白
磁四耳壺・合子・碗と須恵器系甕・常滑渥美系甕及び...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第4章 中世・近世 第5節 陶磁器類
7.陶磁器の組成
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
内の遺跡を中心として12世紀から17世紀代の比率を見ると、12世紀後半を主体とする中崎
館では陶磁器とかわらけが双方50%となり、以後かわらけが出現しなくなる。13・14世紀
になると荼毘館のように青磁・白磁の舶...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第三節 南北交易と「境界地域」津軽 二 陶磁器と津軽
陶磁器と地域社会
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
しているのである。事例としては特殊な部類に入るため、すべての陶磁器がそのようにさ
れたわけではないが、かわらけの稀少性とともに、陶磁器という「うつわ」に対する精神
性のあらわれとして注視すべき出土状況である。これ...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第3章 古代 第3節 飛鳥・奈良・平安時代 3.古代の生産活動と生活用具 (3)土器生産 〈1〉津軽地方の土師器と擦文土器
-中世Ⅰ期(12世紀代)-
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
中崎館・内真部・蓬田大館・浪岡城内館・矢立廃寺においては、大小2種類で、2技法をも
った在地及び京都系かわらけ、須恵器系及び瓷器(しき)系国産陶器、青磁・白磁等の輸入
磁器などが組み合わさるかわらけは、ロクロ使用...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第一節 中世的北方世界の開幕 三 考古学からみた中世的世界
竪穴から掘立柱へ
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
ら一種の屋敷割を示す状況が認められる。遺物の出土状況を見ると、Ⅲ期、Ⅳ期と考えた
区画施設(溝)から、かわらけや陶磁器の出土比率が高く、Ⅴ期以降も一定量出土している
。しかしⅢ期・Ⅳ期とⅤ期・Ⅵ期の出土遺物におけ...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第三節 南北交易と「境界地域」津軽 二 陶磁器と津軽
舶載と国産
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
ば、出土陶磁器のうち中国製品の量が国産製品の量を凌(しの)ぐという現象と、政庁的な
場面で使用される「かわらけ」の稀少性は、北日本社会をみる上で重要な視点である。一
般に、中国製品(青磁・白磁・染付など)の出土す...
新編弘前市史 通史編3(近世2) 第7章 藩政期の人々の生活 第三節 町場の生活 三 諸産業 (三)陶磁器
平清水三右衛門による作陶
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編3(近世2)
向けを含めた茶碗・皿・砂糖鉢・したみ茶碗鉢・銘酒つぼ・辛味(からみ)入れ・焙烙(ほ
うろく)・盃土器(かわらけ)といった食器具や台所用品、およびたばこ入れ・灯明皿(土器
)などの生活用品で、焼き物の分類では陶器お...
新編弘前市史 資料編1(考古編) 第3章 古代 第3節 飛鳥・奈良・平安時代 5.古代の交易・交流 (1)東北地方南部以南との交易・交流 [[東北地方南部以南との交易・交流]]
[[東北地方南部以南との交易・交流]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    資料編1(考古編)
から直線距離にして約200kmも離れているにもかかわらず、遺跡の数、あるいは出土遺物
の中での「京都系かわらけ」や中国製陶磁器・国産陶磁器は平泉の都市域やその周辺、あ
るいはそれと深くかかわる地域と様相を同じくし...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第3章 古代蝦夷の時代 第四節 考古学からみた平安時代の津軽 四 擦文文化との交流
擦文文化の終末年代
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
崎館遺跡堀跡(SD01)の堆積土および底面から出土した擦文土器が、一二世紀後半以降の製
作と推定されるかわらけと同時に存在した可能性を示すということ、さらには、北海道東
部の根室市浜別海(はまべっかい)遺跡では北...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第一節 中世的北方世界の開幕 二 奥州藤原氏の登場と北方世界
北奥における建郡
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
常滑焼で、その分布は津軽・糠部には及ぶが、出羽には及んでいない。また平泉からは京
都文化の流れを引く「かわらけ」が大量に出土するが、それは時代が降るものの、津軽に
まで及んでいく。こうした事実は、まさに平泉藤原氏...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第4章 中世前期 第一節 中世的北方世界の開幕 四 中世前期の交易
陸の道・海の道
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
で波及したと想定されるものに、中国製白磁四耳壺・同碗・同皿、常滑・渥美の壺・甕な
どがある。前述した「かわらけ」の波及と軌を同じくしており、その出土地点は「奥大道
」のルートと近いことがわかる。この奥大道は『吾妻...
新編弘前市史 通史編1(古代・中世) 第5章 中世後期 第三節 南北交易と「境界地域」津軽 二 陶磁器と津軽
北日本の地域差
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編1(古代・中世)
49陶磁器組成の比較つまり、志苔館は居館内部で宴会等の食膳行為を行うことが主体であ
り、若干ではあるがかわらけの出土もそのことを裏づけている。境関館の組成は城館の有
する政治的儀礼もさることながら、集落的な日常生...
新編弘前市史 通史編2(近世1) 第3章 幕藩体制の確立 第二節 土地制度の確立と前期農政の展開 四 元禄飢饉と農政の転換
窮民対策
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編2(近世1)
飢饉の犠牲となったともいわれる(菊池前掲書)。図104.弘前市専修寺の餓死供養題目塔九
月中ころ、瓦(かわらけ)町・猫右衛門(ねこえもん)町・石渡(いしわたり)村にそれぞれ一
ヵ所ずつ非人小屋が設置され、一人につ...