弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (37 件)

[目録] 文学館 (2 件)

[目録] 成田文庫 (52 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (20 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (80 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (53 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (60 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (55 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (96 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (30 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (31 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (4 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (5 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (1 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (4 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (21 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (22 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (12 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (8 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (21 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (10 件)

[年表] 年表・索引編 (61 件)

ソート機能:
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第2章 明治後期の弘前 第五節 教育の発展と充実 三 幼稚園教育
幼稚園の設立
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
鍛冶町の民家を借り受けて創設、のち桶屋町に移り、民家を改築して幼稚園とした(現レ
ストラン要敷地)。愛幼稚園の特徴は地域の労働者の幼児を収容して、保育しようとし
たことであった。当時桶屋町、鍛冶町、新鍛冶町一...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第3章 大正期の弘前 第一節 大正デモクラシーと弘前市 四 弘前の普選運動 [[弘前の普選運動]]
青森県における衆議院議員選挙
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
者は四九七二人、その比率は〇・九%にすぎなかった。そして、選出された議員は、第一
回自由党四人(奈須川宝、工藤行幹、榊喜洋芽、菊池九郎)、第二回自由党三人・改進党
一人(工藤卓爾(改進)、工藤行幹、榊喜洋芽、...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第2章 明治後期の弘前 第一節 弘前市の誕生 三 無神経事件
鍋島知事の対応
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
鍋島知事は弘化元年(一八四四)佐賀に生まれた。鍋島家の門閥のため、明治二年二十二歳
の若さで日県権知事となり、のち日県知事、栃木兼宇都宮県令となったが、一部の人
に小児県令と言われた。その後元老院議...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第2章 明治後期の弘前 第三節 市制施行後の弘前市経済 三 市制施行前後の商工業
市制施行直前の工業
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
郡富田村に所在する盛蚕社、弘前本町の興業社、同所の漆器樹産会社、弘前和徳町の発誠
社、弘前上瓦ヶ町の改社がある。このうち興業社は織物会社、発誠社は漆器製造会社、
社はマッチ製造会社である。...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第3章 大正期の弘前 第一節 大正デモクラシーと弘前市 二 義民藤田民次郎碑のこと [[義民藤田民次郎碑のこと]]
民次郎百年忌
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
四郎仝上貝沢村五人組仝戸〆十五日専右衛門木造新田山田村庄屋庄屋取放ノ上十日戸〆太
右衛門当年凶作ニ付大寺組尾崎組猿賀組其他ノ百姓徒党致セシニ付処罰セラレシ人名猿
賀組新山村吉兵衛鞭刑二十四鞭五里四方追放仝拾五...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第3章 大正期の弘前 第三節 商工業の近代化 七 交通・運輸の進展
鉄道事業の伸展
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
れ、大正十五年十二月八日には鉄道省から工事認可が下りた。弘南鉄道期成同盟会趣意書
には「本県南津軽郡大寺村及ヒ尾上村ヲ中心トセル一帯ノ平野ハ、本県中最モ豪腴(ゆ)
ノ地ニシテ、米穀藁工品、林檎等ノ生産物ニ富ミ...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 序 新編 弘前市史 通史編4(近・現代1) 目次
[[新編 弘前市史 通史編4(近・現代1) 目次]]
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
計画と市民生活基盤の整備第一節開発計画の出発第二節弘前市の総合開発計画第三節弘前
市の都市計画第四節観都市をめざして第五節災害との闘い第六節医学都市の衛生対策第
八章近現代弘前市の文化活動第一節文学活動第二節...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第1章 明治前期の弘前 第一節 近代自治制度と弘前 二 明治初期の制度改正と弘前 (一)戸籍区・大区小区制と弘前
戸籍法と戸籍区
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
五日に弘前支庁が決定した弘前の戸籍区は次のとおりである。津軽郡第二〇区内小一区上
銀丁新屋敷茂森町宇庭海及耕春院并元門前長勝寺々中一円同元門前古堀丁同新割町元裏
門前茂森派立新寺町報恩寺元門前万能寺元門前山辺...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第1章 明治前期の弘前 第一節 近代自治制度と弘前 二 明治初期の制度改正と弘前 (一)戸籍区・大区小区制と弘前
大区小区制の成立
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
前は茂森新町、貞昌寺門前・報恩寺門前・万能寺門前は北新寺町、大矢場は新寺町新割町
、足軽町は富田町、普寺跡門前は住吉町、和徳足軽町・薬王院・薬王院門前町は和徳町
、座頭町は小人町、神明宮社家は若党町、元穢多町...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第1章 明治前期の弘前 第一節 近代自治制度と弘前 二 明治初期の制度改正と弘前 (三)戸長役場時代の村
節倹規約証
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
鹿鳴館(ろくめいかん)時代に警告を発したものである。この本には農商務大輔品川弥二郎
や元老院議長柳原前が序を書いている。かくて、青森県の多くの村でも明治二十年、二
十一年に節倹規約証が作成された。南津軽郡八幡...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第1章 明治前期の弘前 第二節 士族の動向と自由民権運動 一 弘前不平士族
不平の源流
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
説き、主流派との和解を策したが、効果なかった。彼らは頻繁に大久保利通や大隈重信な
ど政府当事者や島津久、佐々木高行、山県有朋らに建白書・上申書を送りつけた。写真
7山田登建白「島津左大臣上言ニ付テノ議」(明治...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第1章 明治前期の弘前 第二節 士族の動向と自由民権運動 三 反自由民権グループ
陸羯南の手紙
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
館の物産会社や七重の試験場を見学して農牧社の構想を練り、その後、単身紋別の伊達藩
入植地へ赴いて田村顕と会い、感奮して帰県した。そのとき、建設中の製糖所も見てき
たことであろう。笹森は、十二年から十四年にかけ...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第1章 明治前期の弘前 第四節 文明開化と東奥義塾 一 明治天皇の巡幸
行在所金木屋
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
弘前における行在所たる栄に浴した本町の武田家は、屋号を金木屋と称し、藩政時代の
豪商で、文政年間の「津軽長者鑑」という番付には前...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第1章 明治前期の弘前 第四節 文明開化と東奥義塾 一 明治天皇の巡幸
巡幸の日誌と弘前
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
及び棚車燈をかかげ、邪許推輓(やこすいばん)(かけ声とともに車を押したり、引いたり
の意、ねぷた運行の景をさす)。閙(どう)熱湧くが如し(喧騒をきわめたの意)。十日朝
。車駕裁判所に臨す。所長判事中御門経明賀...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第1章 明治前期の弘前 第四節 文明開化と東奥義塾 二 旧慣廃止と新風俗
ランプと写真
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
種油をとぼしたり、魚油をとぼしたりして暗い夜を過ごしてきた人々には、洋灯(ランプ)
の輝きは文明開化のであった。ランプは幕末の開港とともに外国から輸入されていたが
、この地方では明治三年八月に青森に設けられた...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第1章 明治前期の弘前 第四節 文明開化と東奥義塾 三 東奥義塾とキリスト教
草創期の外国人教師たち
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
、小雪がちらつく寒風の中で目に涙を浮かべて、彼の姿が見えなくなるまで、身じろぎも
せずに見送った。その景は、若いマックレーの脳裏に焼きつき、決して忘れえないもの
になったという。こうして彼の弘前での体験は終わ...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第1章 明治前期の弘前 第四節 文明開化と東奥義塾 四 学制の実施
鬼沢小学開校と「村落小学」
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
三八二二同後に隆親小学校現堀越小学校清水森小学同清水森村同九月八日同同一二〇一同
現千年小学校の前身磨小学同松木平村同九月九日同同一五〇同現千年小学校の前身大和
沢小学同大和沢村同九月四日同同一三二同現大和沢...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第1章 明治前期の弘前 第四節 文明開化と東奥義塾 四 学制の実施
試験法と地方集合試験
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
二五一七八一、二五一、七〇六八・〇〇千年小前身知新三四二三一一一、七〇二、三〇六
七・六四福村小前身磨三二一三一九一、六〇一、三〇四〇・六二千年小前身外崎四八三
六一二二、四〇三、六〇七五・〇〇豊田小前身為善...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第2章 明治後期の弘前 第一節 弘前市の誕生 二 大同団結運動と議会政治
後藤象二郎の青森県遊説
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
リア鉄道とパナマ運河の開通は目前で、欧州列強の侵略の危機が強まっている。それなの
に「嗚呼鹿鳴夜会の燭は天に冲するも重税の為に餓鬼道に陥りたる蒼生を照すことは出
来ない」とし、青森県民も小異を捨てて大同に就き...
新編弘前市史 通史編4(近・現代1) 第2章 明治後期の弘前 第一節 弘前市の誕生 四 弘前における名望人政治
明治二十年度予算審議
弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍    通史編4(近・現代1)
高クアリ就テハ本年ヲ以テ改良ヲ加フルハ至当ノ見込ナリ壱番笹森要蔵元案ヲ可トス該茂
森坂改良スルトキハ日ノ当リモ能ク是迄ト違ヒ雪モ早ク解ケ為メニ破損モナキニ至ルベ
シ且該坂改良ノトキハ往来ノ便言ヲ俟タズ岩木山ノ...