函館市/函館市地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第4編 産業 第2章 漁業 第1節 江戸時代の漁業
4、江戸時代の昆布漁
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
、壱駄と申ハ小把四把ニ而め方七〇匁位。東西に出産一、雑昆布、直段壱丸め弐貫弐百匁
位ニ而銭ハ拾文位是ハ長崎俵物買込ニ御座候。・下げ札是者御料中ニ追々唐方向ニ相成候
ニ付其後ヨリ当時共に長崎御用買上ケ無御座候。一、...
第五編 産業 第一章 水産業 第一節 昆布漁業 一 前松前藩時代の昆布漁業 (三) 輸出の増加と昆布の粗製
長崎俵物の買入れ
函館市/函館市地域史料アーカイブ    椴法華村史
長崎俵物の買入れは、天保九年(一八三九)から普請役が会所役人に替わって行ったが、成
績不良のため、天保十二年(...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第5章 箱館開港 第6節 開港と流通構造の変化 1 貿易開始とその経過
輸出品及びその金額の推移
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
の万延元年の輸出品で注目されることは、単に品目の増加ばかりではなく、これまで直輸
出が禁止されていた、長崎俵物である煎海鼠、干鮑(あわび)、鱶鰭(ふかひれ)等が登場し
てきたことである。  表41860...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第5章 箱館開港 第6節 開港と流通構造の変化 2 貿易商人の成長と沖ノ口の対応
長崎俵物の直貿易
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
長崎俵物については、開港前には幕府の長崎俵物役所によって、独占的に集荷され、長崎
会所を通じて長崎港から一手に...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第5章 箱館開港 第6節 開港と流通構造の変化 2 貿易商人の成長と沖ノ口の対応
生産者の動向
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
表13長崎俵物1か年請負高 地名煎海鼠干鮑 鱶鰭仙台20,000斤5,000斤-斤津軽15,0003,0
00-南部...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第2章 松前藩政下の箱館 第4節 宝暦・天明期の流通構造 2 長崎俵物
銅代物替
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
易決済をすることにしたが、この銅も払底し、元禄11(1698)年その代物替品として採択し
たのが、この長崎俵物で、すなわち、俵物とは煎海鼠(いりこ)・干鮑・鱶鰭(ふかひれ)の
3品と昆布・鯣(するめ)・鶏冠草(ふ...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第2章 松前藩政下の箱館 第4節 宝暦・天明期の流通構造 2 長崎俵物
俵物指定問屋
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
へ売渡していた(小川国治『江戸幕府輸出海産物の研究』)。こうした実情から宝暦4(1754
)年に至り、長崎俵物一手請方問屋から、松前藩に対し一手買入れ願が出された。すなわ
ち、俵物一手請方問屋のうち住吉屋新右衛門...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第3章 幕府直轄下の箱館 第7節 場所請負制の再開と箱館経済 4 当代の諸税及び問屋口銭
商工業者諸税
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
1か年金25両風呂屋冥加1か年金5両2分髪結冥加1か年銭15貫文山上町掘井冥加1か年銭16貫
200文長崎俵物運上代り金これは箱館の煎海鼠・昆布を長崎俵物方で買収する高に課した
もので、運上代り金として煎海鼠1斤...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第4章 松前家復領と箱館 第5節 当時代の箱館事情
箱館の町勢
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
る。「大町」御役所の坂から沖ノ口門までをいい、問屋、小宿、諸商人などの家作が美々
しく、長崎屋といって長崎俵物会所ならびに俵物蔵があり、毎年江戸から普請役1人、
崎俵物方1人が出役して、東部産物を皆ここで改めて...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第6章 内外貿易港としての成長と展開 第3節 外国貿易の展開 1 明治前期の外国貿易の概観
主要輸出品の構成
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
少している。刻昆布は横浜、神戸、大阪でも製造されたが函館産は品質が良好であり清国
市場では歓迎された。長崎俵物左から、煎海鼠、、鱶鰭、干鮑中華会館提供昆布類に次い
で多い品目は干鮑、煎海鼠、干鯣の3品で、これらは...
第3編 行政 第2章 明治・大正時代の行政 第1節 箱館裁判所から開拓使まで 2、箱館裁判所(箱館府)と箱館戦争
榎本政権の統治
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
凌雲の実兄である)当嶋出産之煎海鼠干鮑之義者全国より違ひ品位宜敷別而外国ニ而懇望
者素より之事ニ而先忘長崎俵物を唱へ外売買御差出ニ候へと近年外国人の入込当所ニ而売
買候得共自然土地繁栄可相成義と格別之御宥免を以勝...
第4編 産業 第2章 漁業 第1節 江戸時代の漁業
[江戸時代の漁業]
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
とは想像に難くない。それでも、なお、彼等を蝦夷地に駆り立てたのはいったい何であっ
たのだろう。それは『長崎俵物三品』と呼ばれていた煎海鼠(いりこ)(なまこの乾物)
・乾鮑(あわび)・鱶鰭(ふかひれ)(鮫のひれ)と...
第八章 産業 第一節 水産業 一、昆布漁
[昆布漁]
函館市/函館市地域史料アーカイブ    戸井町史
た昆布の割当は、一ケ年三千石(七十五万斤)であった。支那への輸出品の一つに指定さ
れた元文元年以降は、長崎俵物会所の直買になり、箱館にも会所が設けられ、毎年会所役
人が二人出張して、昆布を買い入れた。松前藩は、幕...
第五編 産業 第一章 水産業 第一節 昆布漁業 一 前松前藩時代の昆布漁業 (二) 乱獲の防止と徴税
茅部漁民の強訴
函館市/函館市地域史料アーカイブ    椴法華村史
は昆布漁民にとってはかなりの負担であったようである。時代は少し下るが安永八年(一
七七九)茅部漁民が、長崎俵物昆布の一手買の不許可・昆布取船の役金の免除を求め強訴
していることからでも察せられる。茅部地方は当時蝦...
第五編 産業 第一章 水産業 第一節 昆布漁業 一 前松前藩時代の昆布漁業 (三) 輸出の増加と昆布の粗製
昆布の清国輸出
函館市/函館市地域史料アーカイブ    椴法華村史
その後徐々に輸出は増加しつつあった。天文五年(一七四〇)に至り松前藩は幕府の命令に
より、松前蝦夷地の長崎俵物すなわち煎海鼠(いりこ)・身欠鰊・寒心(ところ)天草・干鮑
・昆布・シュリ貝の六品目を長崎に移出するこ...
第五編 産業 第一章 水産業 第一節 昆布漁業 一 前松前藩時代の昆布漁業 (三) 輸出の増加と昆布の粗製
元揃昆布の高値と粗製
函館市/函館市地域史料アーカイブ    椴法華村史
その後長崎俵物の昆布・煎海鼠(いりこ)・干鮑(ほしあわび)は天明五年(一七八五)から
崎俵物会所の直売となり、箱館...
目次
[目次]
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
政改革と問屋株仲間の結成三問屋・小宿の機能第四節宝暦・天明期の流通構造一江戸系商
人の進出と経済変化二長崎俵物第五節北方情勢とロシア使節の来航第六節箱館の産物及び
人口第七節宗教・文化・生活一宗教二文化三生活第三...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第2章 松前藩政下の箱館 第4節 宝暦・天明期の流通構造 1 江戸系商人の進出と経済変化
北前船
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
品流通が、新たな段階を迎えていたばかりでなく、ことにこの期の箱館の経済的動向に大
きな影響を与えたのが長崎俵物である。
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第2章 松前藩政下の箱館 第4節 宝暦・天明期の流通構造 2 長崎俵物
茅部漁民の訴え
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
一手に買い取られると一同困難するので、不許可にされたいと訴え出ている。これは茅部
地方の漁民にとって、長崎俵物としての昆布生産が、いかに重要になってきていたかとい
うことを示すものであり、こうした行動にもかかわら...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第2章 松前藩政下の箱館 第4節 宝暦・天明期の流通構造 2 長崎俵物
幕府の蝦夷地調査
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
、出精いたし候様、俵物問屋共へも申開かさるべく候。 とあって、文中「長崎会所
直買入」とは、長崎俵物の直買のことで、幕府はこの調査派遣を契機に、俵物を全国画一
に直買制とするとともに、箱館に会所を開設し...