函館市/函館市地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第4編 産業 第2章 漁業 第1節 江戸時代の漁業
4、江戸時代の昆布漁
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
生産地であることが明記されているので、これを抜粋する。一、トヱト申地、佐藤加茂左
衛門殿御預り、出物「赤昆布」「ウンカ昆布」と申す大名物(だいめいぶつ)、「黒昆布
」「シノリ昆布」、フノリ、秋の猟ハ鮫・鰤……小...
第八章 産業 第一節 水産業 一、昆布漁
[昆布漁]
函館市/函館市地域史料アーカイブ    戸井町史
のが、特別品質がよいので、そこから取るとのことである。一、収納は、亀田村は十三駄
のうち、半駄は献上の赤昆布である。一駄というのは、長さ三尺の昆布五十枚を一把とし
て四把である。昆布の数にして二百枚である。亀田...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第2章 松前藩政下の箱館 第6節 箱館の産物及び人口
昆布税
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
し候。尤も献上昆布は志野利浜宇加と申す所の海取分能(よき)ゆへ取申し候由収納亀田村
十三駄内半駄献上の赤昆布也。但し一駄と申すは長さ三尺の昆布五十杖抱四把なり、昆布
数四百枚なり。古は二十五駄宛納め申し候得ども...
第六編 漁業 第一章 郷土の漁業 第一節 昆布漁業 史書と昆布
松前昆布
函館市/函館市地域史料アーカイブ    南茅部町史 上
と呼ばれ、若狭の小浜へ積み送られていた。享保二年(一七一七)の松前蝦夷記には、昔か
ら昆布は大別して、赤昆布・本赤昆布・青昆布・切昆布・細昆布などにわけられていた。
赤昆布は品質は今では荒昆布・塩昆布と呼んで下...
第五編 産業 第一章 水産業 第一節 昆布漁業 一 前松前藩時代の昆布漁業 (一) 昆布の採集と種類
享保二年ころの昆布の種類
函館市/函館市地域史料アーカイブ    椴法華村史
享保二年(一七一七)ごろの昆布の種類について『松前蝦夷記』は次のように記している。
赤昆布は生の内より色違、紅うこんの如くにて、両脇みゝ笹葉色の如く青く、赤と青との
間、本より末まで黄色なる細...
第二章 戸井町の沿革 第三節 戸井への和人移住
一、十八世紀後半の戸井の状態
函館市/函館市地域史料アーカイブ    戸井町史
。三月より八月まで、境役人護る。領主より仰せつけられ、罪科の者を流人す。この地ウ
ガという所、昆布名代赤昆布という。シオクビ、鰤場所なり。汐地甚だ荒し。運上金、宝
暦年中、二十七両二分。その節は領主支配、其の後...
第四編 行政 第二章 江戸時代の行政 第一節 前松前藩時代 四 知行主と場所請負人
場所請負人
函館市/函館市地域史料アーカイブ    椴法華村史
館図書館蔵)により、知行主と場所請負について記すことにする。一トヱト申地佐藤加茂
左衛門殿御預リ、出物赤昆布、ウンカ昆布ト申大名物、黒昆布、シノリ同前、フノリ、秋
ノ猟ハ鮫、鰤、箱館ト申所え人間共運上ニ申請支配...
第五編 産業 第一章 水産業 第一節 昆布漁業 一 前松前藩時代の昆布漁業 (一) 昆布の採集と種類
享保年間の昆布採取
函館市/函館市地域史料アーカイブ    椴法華村史
夷商賣聞書』により、当時の昆布漁業について記すことにする。一、トヱト申地佐藤加茂
左衛門殿御預リ、出物赤昆布、ウンカ昆布ト申大名物、黒昆布、シノリ同前、フノリ、秋
ノ猟ハ鮫、鰤・箱館ト申所之人間共運上ニ申請支配...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第2章 松前藩政下の箱館 第3節 商品流通の発達と藩政改革 1 場所請負制度の発生
箱館六箇場所
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
れる『蝦夷商賈聞書』によれば、次の通りである。 一トヱト申地、佐藤加茂左衛門
殿御預り、出物赤昆布ウンカ昆布卜申大名物、黒昆布シノリ同前、フノリ、秋ノ猟ハ鮫、
鰤、箱館ト申所之人間共、運上ニ申請支配仕...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第4章 松前家復領と箱館 第5節 当時代の箱館事情
箱館の地場産物
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
アブライワシ」ともいわれている。昆布は全道的には産額を増したが、しかし箱館地方は
、むかし上品とされた赤昆布は次第に減少して、この時代にはほとんど産出がなくなった
。『松前方言考』(嘉永年間淡斎如水すなわち蛯子...
第4編 産業 第2章 漁業 第1節 江戸時代の漁業
2、箱館六ケ場所の成立
函館市/函館市地域史料アーカイブ    恵山町史
地)より通江地(蝦夷地)迄書記申候是よりカヤベと申迄昆布出所一、トエ申地佐藤加茂
左エ門殿御預り・出物赤昆布ウンカ昆布と申大名物黒昆布シノリ同前(所)フノリ秋の猟
は鮫鰤箱館と申す所の人間共運上に請支配仕*運上...
第二章 戸井町の沿革 第四節 戸井と近隣の変遷
[戸井と近隣の変遷]
函館市/函館市地域史料アーカイブ    戸井町史
六月になり土用入には、元揃昆布又は折昆布などといいて五尋(ひろ)、七尋(ひろ)く
らいまでなり。その外赤昆布取るなりいずれも上々の昆布なり。シオトマリ、フルカワシ
リ昆布、秋味(あきあじ)(鮭)イシサキ昆布、秋...
第五編 産業 第一章 水産業 第一節 昆布漁業 二 前幕領時代以後の昆布漁業 (二) 昆布の価格と輸出
昆布製品と値段
函館市/函館市地域史料アーカイブ    椴法華村史
物買込ニ御座候。下ケ札是者御料中ニ追々唐方向ニ相成候ニ付其後ヨリ当時共ニ長崎御用
買上ケ無御座候。一、赤昆布、直段、壱把ニ付銭百五十文位是ハ五拾枚結、長サ弐尺位ニ
折弐所結ニ而壱把ニ御座候。一、若和布(ワカメ)...
第三編 郷土への渡海 第一章 蝦夷地 第二節 史書に記された郷土(その一) 蝦夷商賈聞書
東蝦夷地六箇場所
函館市/函館市地域史料アーカイブ    南茅部町史 上
運上所出物之品人間境ゟ通江地迄書記申候是ゟカヤベト申迄昆布出所一トヱト申地佐藤加茂
左衛門殿御預リ出物赤昆布ウンカ昆布ト申大名物黒昆布シノリ同前(所)フノリ秋ノ猟ハ鮫
鰤箱館ト申所之人間共運上ニ申請支配仕運上金...
第三編 郷土への渡海 第一章 蝦夷地 第二節 史書に記された郷土(その一) 松前国中記
[松前国中記]
函館市/函館市地域史料アーカイブ    南茅部町史 上
若昆布取也是ハ三四五月迄六月ニ成土用入本ト(もと)揃昆布又ハ折昆布杯といふて五尋七
尋位迄也昆布其外本赤昆布取なり何れも上々の昆布な里蠣崎左士殿ヨリ上リ地シヲトマリ
産物昆布秋味川有フルカワシリ産物右同断井シサ...