函館市/函館市地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第4章 松前家復領と箱館 第5節 当時代の箱館事情
箱館の町勢
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
三十番神堂などがあって、毎月縁日には群集で賑わった。松前法華寺の末寺で、一般市民
は法華寺といった。「裏町」ここから地獄坂の下までをいい、小商人、小宿、煮売商、茶
屋および私娼妓屋などがある。ここに3つの坂が...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第2章 松前藩政下の箱館 第6節 箱館の産物及び人口
戸口の増加
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
主白鳥九右衛門、年寄井口兵右衛門、村岡清九郎、逸見小右衛門、茅野忠兵衛地蔵町、内
澗町、大町、弁天町、裏町、中町、山ノ上町、神明町右は船問屋、木綿、古手、荒物、小
間物の店、裏町、山ノ上町は借屋住居の者、手間...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第4章 松前家復領と箱館 第7節 宗教・教育・文化 2 教育
馬場正道の学舎
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
時代になると庶民の教育に対する関心も高まり、淡斎如水の『箱館夜話草』(安政4年著)
にも、 裏町大黒町という。これはむかし此辺まで海にして、鯡の漁場なりし時、荒
木何某というもの漁をいのりの為に大黒...
通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世 第2章 松前藩政下の箱館 第7節 宗教・文化・生活 1 宗教
寺院
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編1
1714)年京都本満寺から寺号を許可され、その時富岡町の地に移ったとわれているが、『
箱館夜話草』には裏町(「大町、弁天町、本町通りの裏なれば、かく呼びしとなり」)にあ
ったように述べられており、そこは檀頭荒...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第2章 開拓使の設置と函館の町政 第3節 町政の展開 1 大年寄・中年寄制
町と町に準ずるもの
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
は鰪澗町、仲町、神明町を総称したもので、箱館の表通りの町(弁天町、大町、内澗町)の
裏手(函館山側)に裏町として発展したこれらの町は、古くから三町と総称されてきた町で
あった。また、文化11(1821)年から...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第2章 開拓使の設置と函館の町政 第3節 町政の展開 2 三大区制
3区の設定
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
時の函館市街を3区に分け、函館山の裾を巡る地区を第1区(27町)、弁天町から内澗町まで
の海岸線とその裏町(大黒町ほか)の地区を第2区(13町)、地蔵町から北東へ拡がる新興地
区を第3区(13町)と設定した。...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第4章 都市形成とその構造 第1節 幕末・明治初期の都市形成 1 箱館開港と都市化
開港以前の様相
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
。その他、八幡宮の祭礼銭においても「不足高ハ見聞割ヲ以テ町内ヘ割賦徴収スルナリ。
但表通ノ商家ニ限リ、裏町ニ及ボサズ」(前掲「維新前町村制度考」)とあるように表と裏
通りの差がかなりあった。さらに表4-1の当...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第4章 都市形成とその構造 第2節 市街地の機能構成 1 地価と土地生産性
市街地位等級調査と等級表
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
ニ方リ僅々ノ差ヲ論シ区別セントスレハ、却テ煩雑ニ渉リ適当ヲ失スルモノナレハ、壱町
限リ図面ニ就キ(本町裏町捨返リ小路等)大観シ適度ノ平準ヲ視認シ第三節ヲ参酌シテ階級
ヲ立ツヘシ第五節其町ノ景況ニ因リ順次ノ階級...
第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 第13章 社会・文化諸相の光と影 第1節 公娼制度と函館の遊里 3 蓬莱町・台町遊里の女性たち
蓬莱町・台町遊里の指定
函館市/函館市地域史料アーカイブ    函館市史 通説編2
き、集娼制度も再現されたのである。指定を受けた3か所のうち、豊川町は指定を受けた
矢先の6年3月、同町裏町から出火した″屋根屋火事″で町の大半を焼失した。豊川町は前
述のとおり幕末に指定された地域だったが、本...